シロナガス/星景写真と科学本のブログ

受信者としてのサイエンスブログ。高知県内の星景写真、スタータイムラプスと、ポピュラーサイエンス/サイエンスノンフィクション(一般向け科学書)の書評。PENTAXで撮影しています。

Lightroom「ディテールの強化」試験運用の件

うーむ。 一日千秋の思いで、待っております。しかし、千秋とはいったものの、千秋どころか日々があっという間に過ぎていく。もうすぐです。 と、それはそれとして。 先日、Lightroomに気になる機能が実装されたんですよね。 「ディテールの強化」。 公式の…

宙に散る花(兼【書評】ファースト・マン 上/下)

うーむ。 よしよし。 一日、一日と2/22が近づいてくる。 静かにカウントダウンだな。 というわけで、通常更新です。今回は書評も兼ねています。 宙に散る花 PENTAX KP レンズ smc DA 35mm 焦点距離35mm ISO2500 SS20秒 F2.4 アストロトレーサー使用 2019.2.1…

早春のベガに出会う

うむ。 寒暖差が激しい。 昨日は、完全に春の陽気だったのですが、今日は、どうにも寒い。 今日は、西の空に細い月がきれいでしたが、どうもこれから雲が出るような予報。 うむ。しょうがない。 しかし、梅はもうチラホラ咲いています。撮りにいかねば…なら…

もう天の川(中心部)が昇ってきた件

さて、というわけで、11-18予約開始されました。大変にめでたい。 www.ricoh-imaging.co.jp 【保護フィルターセット】 PENTAX/ペンタックス HD PENTAX-DA★11-18mmF2.8ED DC AW&レンズプロテクターセット【pentaxlenssale】ジャンル: カメラ用交換レンズショ…

DA☆11-18mm正式発表前夜に

いやはや。 衝撃のリークから(といってもさすがにそろそろ出るはずだとは思ってはいましたが)、一夜が過ぎました。 HD PENTAX-DA ☆11-18mmF2.8ED DC AWについての情報がようやく。 リーク情報によると、1月31日(つまり明日)に正式発表して、2月22日に…

春、香るオリオン

さて。 私事ですが、これまでどれをサルベージにして、どれをサルベージにしないのか、基準があいまいだったんですが、何らかの試練をくぐりぬけた奴(つまり選外)をサルベージにして、それ以外はサルベージにしないという方向で整理してみようかと。 そも…

星景サルベージその58 立ち昇る

うーむ。 今年は、暖冬の影響なのか、とにかく、色々な花が咲く季節が早く、室戸で早咲きの桜がすでに咲いてしまったり、四万十市では、菜の花がすでに咲きつつあるとのこと…。 早すぎる。 足摺の椿もチラホラ咲いているという話はありますが、近年の傾向と…

星景サルベージその57 帯夜町―OBIYAMACHI(人工流星についての意見表明も兼ね)

うーむ。 今日は良く晴れている。良く晴れているのだが、満月に近い月がすでに昇っているので、撮影はやめておきましょうか。月を撮るのもいいんですけどね。最近撮ってないな…月。 ただ、このところ、金星と木星が近く、明け方の南東の空で輝いているはずで…

オリオンを見上げて

なんだかんだで、今年も、昨年来の若干のハイペースを保ちつつ撮影に行っている気がしますが、今年は絶対忙しくなるので、ソフトランディングさせていかないとまずいな、と思いつつ。しかし、逆に、行けるときに行っておかないといけないなとも思いつつ。 先…

星景サルベージその56 「真珠星」

うーむ。 ひとつ、ふたつ、撮りたい案件があるのだが、天気がよろしくない。 こういう時は、サルベージするに限る。 ということで。 さっそく、今年初のサルベージ。 「真珠星」 PENTAX KP レンズ DA 35mm 焦点距離35mm ISO3200 SS20秒 F2.4 アストロトレー…

星撮影用としてのsmc PENTAX-DA 35mmF2.4AL

はい。 というわけで、星景撮影に使うレンズを星撮影用としてレビューしていくコーナー。今回4レンズ目ですね。第4弾。 今回は、特にこの記事を書こうと思って年末年始、DA35での撮影を意識的に増やしてみました。まだ若干データが足りない気がしますが、…

2019年星景的展望

年末にクロスフィルターでとった室戸岬の灯台と星空を。 2019年が多くの人に光が届く年になりますように。 さて。 あけましておめでとうございます。 えー。しぶんぎ座流星群の極大日(1/4)がさっそく終わったわけですが…。 うむ、明け方起きたら撮りに行こ…

2018年の星撮影を振り返る

はい。いよいよ、年の瀬も押し迫ってきました。皆さんにとって2018年はどんな年だったでしょう。 今晩、年内最後の星撮影を終えてきて、そのままの勢いでこれを書いています。いやはや、お疲れ様でございました。というわけで、今年最後のブログ記事として、…

【書評】世界を変えた50人の女性科学者たち

ホモ・サピエンスとしての人類の歴史は、科学の歴史であるといっても過言ではない。この世界をよりよく理解しようという渇望にもにた欲求が、歴史を前へ前へと進めてきた。 その科学の世界から、女性が排除されていた時代というのは、それほど昔のことではな…

素晴らしき夜 ふたご座流星群2018

さて。 ふたご座流星群の極大日が終わりました。 私は西の方に陣取っていたんですが、高知県西部は、前半部こそ少し雲が多かったですが、特に夜半過ぎには良く晴れて、たくさんの流星を見ることができました。 今回、流星群の記事なのに、タイトルが「なぜか…

ウィルタネン彗星をとらえる

極大日を待ちきれず、ウィルタネン彗星撮影を兼ねて、ふたご座流星群のリハーサルをしてきました。 結構流れていて、3時間で27を数えて、目視しましたが、これが困ったことに、ほとんど写りませんでした。…なんでだ(頭を抱える。 本番に若干の不安を残しつ…

星景サルベージその55 対峙する

うーむ。 かなり暖かかった最高気温20℃超の気温から、ここ数日は、ぐっと気温が下がった感じがします。 先週末は、曇り空だったこともあり、プラネタリウムだけ行って撮影はお休み。 いや無理をすれば、晴れ間もないこともなかったかもしれませんが、ちょっ…

星景サルベージその54 水の惑星

うーむ。 ふたご座流星群極大日の天気をひたすら気にする日々。 長期予測が少し良くなっている気がする。 さて。…ねえ。特に準備することもないので、待つしかないし、予報を見てもまだ確度が高くないので、あまり意味もないのだが、そうは思いつつも、気に…

明けの明星、最大光度 2018

うーむ。 お天気が崩れて、今週は、ずっと雨の予報です。困った。 まあ、週末が晴れてくれれば良いんですけど。 一番気になるのは流星群冬シーズン・最大の花形=ふたご座流星群のお天気。 12月14日(金)の晩から翌朝にかけて…が極大日。長期予測で見ていま…

星景サルベージその53 深まりゆく秋の夜に

さて。 とうとう11月も終わろうとしています。 今年も最終コーナー入ってきましたね。 しかし、今年はまだ条件のよいふたご座流星群が待っている。撮らねば。 あー。そして、カノープスも撮らねば。 昨年のこの時期には、カノープス撮ってますね。 shironaga…

【書評】太陽系外惑星に生命を探せ

先日、オーテピアに入っている高知みらい科学館にて、理論物理学者の観山正見さん(元国立天文台台長)を招いて「宇宙に生命をさがす」と題したサイエンスカフェが開かれました。 このエントリーの表題の本は、観山さんが、2002年に書いたもので、その時点で…

案の定しし座流星群を反省する2018

というわけで、しし座流星群が11月18日未明に極大を迎えました。 2001年には、流星雨を起こしたこの流星群ですが、このところは、それほど流星数が増加するわけでもなく…。 と、さっそく言い訳をしつつ。 結論からいうと、目視できた流星が1。 西に傾く明け…

星景サルベージその52 渓谷の秋

今週のお題「紅葉」 (今週のお題が紅葉なので、ついでに) うーむ。 紅葉が、来ています。 来ているのか、すでに終わり始めているところもあるのか。 今週が勝負どころのような気がしています。 しかしこの週末が天気がくずれそうで…。 何かを削りながら平…

おうし座流星群をはやくも反省する

うむ。 秋も深まりましたね。 紅葉がここ数日で一気に進み、すでに平地まで一部下りてきていて、すごく焦るんですが…。 ただ、この週末は月がなく、紅葉星景は、ライティングするしか撮りようがないということで、いったん、胸にしまって、とりあえず、チラ…

星景サルベージその51 レイトブルーマー

さて。11月に入り、かなり気温が下がってきましたね。 ここからは一気に冬になる気がします…。寒くなるなあ。 この11月は、紅葉を撮りたいのですが、先日、偵察に行ってみたところ、まだもう少し先な感じでした。うーむ。 というわけで、ちょっとサルベージ…

今年も残すところ二ヶ月らしい

いやはや。 朝晩がかなり冷え込むようになってきました。といっても、高知なんでね、まあ、それほどでもないといえばそれほどでもないんですが、問題は、今年も残すところ二ヶ月しかないという事実。 どういうことなんでしょう。 時がたつのが何かあまりに早…

星撮影用としてのHD PENTAX-DA 15mmF4ED AL Limited

うむ。 星ばかり撮り続ける私が、レンズを無理やり星用としてレビューするコーナー。 今回は、第3弾ということで。 HD PENTAX-DA 15mmF4ED AL Limitedについて。 目次 公式ページ 星撮影用としてのHD15リミテッド 長所 ①無類のコンパクトネス ②周辺減光 ③フ…

星景サルベージその50 春に去りゆく

はい。 このところ、気候が安定してきましたね。 こうなってくると無暗にペースアップしがちなので、ちゃんと計画を練って撮りに行きたいと思います。といいながら、そんなにうまくはいかないですけど。 何を撮るかなぁ…。うーん。 それにしても。サルベージ…

【書評】日本の星名事典

星に名前をつけるという行為は、古今東西、人類の文化の中に深く根を張っている。この地球にまったく星が見えないという土地はない。 星の名には人が、自然と、そして人と関わり合いながら紡いできた暮らしのありようが刻まれている。星の名を知るということ…

星景サルベージその49 秋風に舞う

さて。 ウッディグリップエディションのネジですが。前回記事の最後で紹介した奴でばっちり適合しました。とりあえず、試作型としてはひとまずの完成ということで。 shironagassu.hatenablog.com 六角穴付きボルト細目ピッチM4-0.5x15【ステンレス(SUS304相…