シロナガス/星景写真と科学本のブログ

「暮らしの中の星空」=星景写真+サイエンスノンフィクション書評。PENTAX使い。

写真論

フェラーリス「新実在論」と写真

ふむ、梅雨ですね。 雨が降らなくても、雲がちな夜が多く(というか、ほぼそうで)撮りにいけておりません。なので、とうとう、写真論を書いておかないといけないかなと、…。 そもそもからいうと、私は、私が、どういう形で写真を撮っているのか、あるいは、…

星景サルベージその86 知の箱舟(against Covid-19 ver.)

うむ。 曇りがちな日が続きますね。 梅雨入りしたけど、雨はあまり降らない。しかし、曇るので結局撮りにいけませんね。 今日も星空指数はいいのですが、GPVを見ると雲が厚そうだけども…行くべきか。 しかし、今日を逃すと10日間単位で、ノーチャンスぽい。…

星景サルベージその70 星々の航路〈RE-EDITION〉

というわけで。 前回の記事で、お話した通り、とりあえずもう一度サルベージです。 一年間、準備してきた県展が選外でしてね。 うん。 まあ、それ自体はしょうがないのですが、なかなか、やはり受け止めるにはある程度の時間が必要でした。やはり、このため…

銀河の外れの町で

うむ。 平日、天気がよさそうだったの撮影に行ってきた一枚をアップ。この日は、平日ということを…忘れたわけでもないのに、実にナチュラルに全力で夜中まで、撮り切ってしまった、という。 しかし、また、台風が来て、天気が長期で崩れそうですね。平日行っ…

星景サルベージその65 来訪者

何でしょうかね。 梅雨に入りませんね。四国。遅い。 どうなるんだろう。空梅雨になって降らないのか、それとも、後に伸びて長梅雨になってしまうのか。…。 と、いうことで、微妙に撮影に行ったりはしているのですが、とりあえずはサルベージです。 来訪者 P…