シロナガス/星景と科学本のブログ

受信者としてのサイエンスブログ。星景写真、スタータイムラプスと、ポピュラーサイエンス/サイエンスノンフィクション(一般向け科学書)の書評。

【書評】日本の星名事典

星に名前をつけるという行為は、古今東西人類の文化の中に深く根を張っている。この地球にまったく星が見えないという土地はない。

星の名には人が、自然と、そして人と関わり合いながら紡いできた暮らしのありようが刻まれている。星の名を知るということは、その連綿と続いてきた人々の営みを受け継ぐということでもある。

本書は、日本に伝わる約900の星名を、文献調査と、聞き取り調査をもって、拾い上げ光を当てた労作である。

 

 

星の名は時を超えて

私たちは、星を見上げて、あの星はシリウスだ、あれはベテルギウスだというように、星の名を認識している。それは、古代メソポタミアから西洋の文化へと伝わった星の名であり、世界的に通じるものでもある。

しかし、一方で、ここ日本にも、星を名付ける文化が、当然ながら存在していた。

当然というのは、そのことが、人類のいる所には必ず存在する文化だと考えられるからだ。例えば、メソポタミアギリシアは言うに及ばず、古代エジプト黄河文明、中米のマヤ族、ポリネシアの島々など、世界のどこを見ても星にまつわる物語や伝説が伝わっている。それは、その土地の文化を色濃く反映するものにもなっている。

本書は、日本の星の名を、先行する文献からの拾い出しと、綿密な聞き取り調査から、幅広くまとめ上げている。

そこから、見えてくるのは、星が、人々の日々の暮らしの目安として、深く暮らしに根付き、人生や農漁業などの生業とともにあったということである。機織りなどの手仕事や農機具、漁具などの名前のついた星からうかがい知れるのは、庶民の暮らしの中にごく自然に星を見上げる文化が根付いていたということでもある。

 

人類の文化を受け継ぐ

表題通り事典として、この一冊を手元において、折に触れて活用していくことが、この類まれな労作に報いることにもなるだろう。

しかしながら、星の名の伝承は、現在までどれほど残っているのだろうか。私も、子どもの頃、明治生まれの祖母と共に暮らしていたが、星の名を教えられたという記憶はない。残念ながら、もしかすると、各地の星の名は、時の流れの中ですでに失われてしまっているのかもしれない。

そんな中で、この本が、900もの星の名を記録していることの意義は限りなく大きい。筆者があとがきで呼びかけるように、この研究を基礎にして、さらに受け継いで発展させる仕事が後世に続くなら、こんなに素晴らしいことはないだろう。

 

星の名を知ることは、そこにかつての人々が込めた思いを知ることでもある。それにはたしてどんな意味があるのだろうか。

私たちは、人類が誕生して以来の歴史的文脈を離れては、けして生きられない。私たち一人一人は、否が応にも、人類の歴史の端の片隅で、日々を紡ぎながら生きているのだ。星の名を受け継いでいくことは、人類が育んできた文化を、もっといえばその一人一人の思いを未来へつないでいくことであるともいえるのではないだろうか。

本書を手に取って、星に思いをはせ、できれば実際の夜空を見上げてもらいたい。その経験は、少しだけ、だがしかし確実に、私たちの人生を豊かにしてくれることだろう。

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


書評・レビューランキング

星景サルベージその49 秋風に舞う

さて。

ウッディグリップエディションのネジですが。前回記事の最後で紹介した奴でばっちり適合しました。とりあえず、試作型としてはひとまずの完成ということで。

 

shironagassu.hatenablog.com

 

私の場合は、長さも15mmでちょうど。ただしかし、無念なことにネジ穴の向きがわずかに斜めってる感じで、微妙にグリップがまっすぐつかない。じっくり眺めると気になるという程度ではありますが…。まあ。

これは教訓にして、今度ブラッシュアップ版を作る時の参考にしようと思います。

 

ちなみに、先日、海岸に撮影にいって、流木落ちてないかなと探してみたら、大量に落ちてたので、いくつか使えそうなのを拾ってきました。

無骨なゴツゴツ感をいかしたグリップというのもつくってみたい…。できるかはともかくも。

 

というわけで、サルベージ。

 

秋風に舞う

f:id:shironagassu:20181015105407j:plain

PENTAX KP レンズ DA 10-17mm FISH-EYE 焦点距離10mm

ISO2500 SS70秒 F6.3 アストロトレーサー使用

2018.10.8 高知県越知町にて

 

ここ数日で、一気に寒くなりまして、夜間の撮影は、そろそろダウンジャケット着用しなければならない感じです。この前まで汗だくで撮っていたのに早いものです。

 

これは、コスモス祭りで有名な越知町にて。実は毎年通っているのだが、満足に撮れたことがない。風に吹かれて揺れるコスモスと星をなかなか撮れないという。

 

が、今回は、新導入したフラッシュがあるということで、おそらく、これを使えば、ある程度コスモスの動きは止まるだろうという算段でいってきました。

 

結果的に、やはり、そこそこ止まりました。

パンフォーカス星景の作品なんですが、絞りはF6.3で過焦点距離80cmでピントを出すというスタイルで一応、ひとつの到達点に至っています。

これ以上絞ると、星が写りづらすぎる反面、これ以上開けると被写界深度が十分稼げない、という部分の折衷案です。

 

ただ、コスモスは比較的小さな花なので、大きくしようと寄りすぎると一番手前の華には、なかなかピントがでませんでした。

なので、全体の出来としては65点くらいでしょうか。もう1/3絞りくらい絞っても良かったかもしれませんね。

ISOも下げてたのでここを上げるともっと絞れた気はします。

 

が、とにかく、どうせ星景ではあんまり使わないだろうと思って、購入を先延ばしにしてきたフラッシュが意外に活躍する。

早めに買っておくべきだったかもしれませんね。

 

パンフォーカス星景は、どうしてもパンフォーカスゆえに全てが写り「構図は引き算」になりづらいんですが、フラッシュの光を収束させるハニカムグリッドなるアイテムが欲しい…気がする。これがあればある程度余分なものを引き算できる…かもしれない。

なかなか自由に咲く花を構図に落とし込むには技術が足りません。

全部足し算でくみ上げれればそれはそれで良いような気もするんですが、そううまくもいかず…。

 

うーむ。

まあ、色々、撮って経験値を増しておこう。

ではでは、サルベージでした。

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村


星景写真ランキング

PENTAX KP ウッディグリップエディション(試作型)の件

というわけで、雨が降り続けるので、またKPのカスタムグリップをつくりたくなって、今回は極まって、木材を削っていました。

いや。

そしてグリップ作ってる間に晴れるというね。

謎の執着心を発揮して、グリップ職人化し、お昼ぐらいから夜寝るまでひたすら木を削ったりニスを塗ったりしていたら、晴れているのに気づかなかった。本末転倒である。

で、昨日、雲がちの中撮影にいったら、0時ごろから晴れて帰るに帰れず困ったのはまた別の話。

 

しかし。まあ。グリップ作成。せっかくなので、ほぼ役に立たない作成録を残しておきます。

適当過ぎて、参考にならない可能性が大!でも逆に言えば、適当でも、やってみれば、まあ何とかなるということではある。満足がいくかはともかく。

 

KPウッディグリップエディション(試作型)

f:id:shironagassu:20181009110514j:plain

うむ。こんなになりました。

頭に張り付けたAOCOマークもあいまってなんともレトロな風合いに。

 

材料

木材(材質についてはよくわからないので、おそらく針葉樹=杉的なものじゃないかと思います)ちょうどいい端材が売ってなかったので、長い棒状で500円くらい。良い端材があれば50円くらいであると思います。

ネジ。太さはM4というので良いと思う。しかし、ピッチ0.7というのしか売ってなかった。これは、本当はピッチ0.5というのが合う気がする。試せてないから憶測だけど。0.7だときれいにねじ込めない2~3mmネジが入ったところで止まります。ホームセンター3軒はしごしたけど0.7しかなかった…。0.5はどうもレアものぽい。都会ならあるだろうか。長さは、最初15mmを買ったが少し長く最終的に12mmに。(ここはグリップの形状によると思う)。どれが合うかわからず数種類買ったので、いま手元にえらい数のネジが…。

ニスと刷毛。水性ニスが安かったのでチョイスしてしまったが、ウレタンニスという奴の方が、日常的に触るアイテムには良いポイ。私は最後、トップコート塗装(クリアラッカー)を吹くことで何とかしました。

木材用ヤスリ。スポンジ状のをゲット。これで最後磨き上げて丸みを出す。

百均の彫刻刀。そのままだと切れ味は最悪。しかし、砥石で研ぐことで切れ味を増すというライフハック

これで締めて1500円くらい。

 

で、最終的に前にゴールデンカスタムグリップを作った時に残っていたパテも使いました。

 

そして、寸法。適当に測ったところ、正面からみて縦55mm、横38mm。という感じだが、そんなに高精度に木材切り出せないので、大体です。

大体でスタートして、職人の勘で、クリエイティブに彫り上げるという。皆さんの想像以上に、何の参考にもなりません。長年の勘です(嘘です)。いつものライブ感でいきました。

手の形に添うように彫刻刀で大体の形を削り出す感じで。最後はヤスリがけで仕上げです。半日というか正味8時間ぐらいの仕事でしたね。働いた。

ネジ穴を開ける位置が難しかった(0.5mmほどずれた気がする…家の道具箱に眠っていた手動のドリルみたいなので開けました)

 

で、困ったのが裏面。

KPのグリップを外すと、機体側は非常に凸凹していて、これを木材を削ってアライメントを出すことは私の技術では不可能でした。なので、裏は全面的に削って、最大のでっぱりであるネジ留め具のところにあわせて窪みがくるように、裏面にパテを盛ることでなんとか固定力を高めました。

このパテも目分量で適当にもって翌朝乾いてから彫刻刀で削って調整しました。

始めから最後まで恐ろしいほど適当です。

 

で、ニスを三度塗りぐらいして、ふつうの木材の色から赤っぽい写真の色に着色しました。雰囲気はいい感じですね。最終的に、オールドレンズの大文字SMC50mmをつけて、木製グリップと合わすと非常にシックな仕上がりに。

 

ただ、上の写真は一番格好良く見える角度で撮っておりまして、3割ぐらいはフィクションです。

試作型ということですが、とりあえずくっついたというレベルで、今後のブラッシュアップが待たれます。

しかし、作成はかなり疲れたので、しばらく試作型のままですね。グリップ職人は大変体力を使う…(笑)

 

木材の強度がどれだけ持つのか裏にパテを持ったことでちょっと補強された気はしますが、そのうち割れるんじゃないかと漠然とした不安を持ちつつ。

 

うーむ。

まあ、でも木材削り出しグリップはロマンですね。

できるなら、作成キットが出るならばなおよいのだが。可能性は低いか…。

ということで、どんどんカスタムしちゃうと良いと思います。

案ずるより産むがやすし。と、適当さを正当化するスタイル。

 

ツイッターで教えてもらったところによると、やはり適合するのはピッチ0.5の「M4 細目」ネジらしい。楽天にありました。

 

↓以下、以前のグリップ作成を。

shironagassu.hatenablog.com

 

 

shironagassu.hatenablog.com

 

 

星景写真用ユーザーモード3選(PENTAX KP編)

うーむ。

雨がち。

台風がどうなるか。今回は、高知からは離れていますが、この週末やはり天気は崩れる。

まあ、ぼちぼちとチャンスを狙いながら、行くしかない。県展も始まるので、見に行ったりとか、本を読んだりとかしながら。

 

f:id:shironagassu:20181004233943j:plain

とりあえず、こないだ唯一のチャンスに、斜面を上り下りしたことで筋肉痛になりながら撮ってきた奴を一枚はっておきましょう。インドア体質が極まっている!

 

ユーザーモード 3選

ということで、今日は、雨の合間の機材話。KPのユーザーモード登録について。

www.ricoh-imaging.co.jp

 

基本的には、このK-1スペシャルサイトの山岳写真家・村田一朗氏の設定にインスパイアされて設定したものです。

 

KPの場合は、5つのユーザーモードが登録できます。私は星景用としては3種類設定することにしました。

USER1 STARRYSCAPE 

ISO4000、F4.0、40秒、

カスタムイメージ・フラット、ホワイトバランス・蛍光灯W

2秒セルフタイマー

アストロトレーサーON

各種補正、ノイズリダクションはOFF

RAWファイル保存

 

星景用基本設定。ISOはまず4000で様子を見て、露光が足りそうなら下げたり、足りなさそうなら上げたりと柔軟に。

40秒というのは、15mmでアストロトレーサー使用時に前景があまりぶれないかなという時間の目安。

F4.0も15リミテッド用の設定。ここもレンズによって上げ下げ。

高知の空の暗さだと、4000、F4、40秒というのはまあ、適正露出かな、と。

空が明るすぎる場合は、後から空だけ現像時に露光を落とす場合もあり。

 

カスタムイメージは、RAWファイルで保存しておけば、あとから当てることができるので、とりあえずフラットを指定して、全面的にLightroomで色作りするときもあるし、カメラ内現像するときもあります。

 

USER2 LONG_EXPOSURE

ISO200、F4.0、20分、

カスタムイメージ・フラット、ホワイトバランス・蛍光灯W

2秒セルフタイマー

アストロトレーサーOFF

ローパスセレクター(TYPE1)ON

各種補正、ノイズリダクションはOFF

RAWファイル保存

 

長秒露光用。インターバル合成(比較明)もいいけども、一発撮りも良いということで、割と使います。星の色モアレを回避するため、ローパスセレクターON。大事。

アストロトレ―サーを切るのも忘れない。

ここぞという時用ではある。取り出すと時間かかるので。

ISO200なので、輝度ノイズはほぼない。状況によってはここを100にしたり、400にしたりして、露光時間を調整。

ただし、長時間シャッターを開きっぱなしにすると、どうしても赤や青のホットピクセルが現れるのは避けられないので、それは、現像時に丁寧に取り除きます。修行にも似た完全なる手作業。

20分の露光は、北に向けてもいいし、オリオン座なんかに合わすのも良い。というかオリオン座と長秒露光がとてつもなく相性が良い。

 

USER3 INTERVAL

SO4000、F4.0、40秒、

カスタムイメージ・フラット、ホワイトバランス・蛍光灯W

インターバルの動作は1撮影間隔で42秒、86回=約1時間分、2秒セルフタイマー

アストロトレーサーOFF

ローパスセレクター(TYPE1)ON

各種補正、ノイズリダクションはOFF

RAWファイル保存

 

インターバル撮影用。後で比較明合成するつもりで。

なので星モアレ対策に、ローパスセレクターON。

インターバルの動作は「撮影間隔」に設定して、露光時間の設定より2秒多くなるように設定しています。これが1秒だと、なぜか何枚か毎に詰まるんですけど2秒なら間違いなくOK。

KPはアストロトレーサーインターバルができるのだが、後で比較明するなら、アストロトレーサーOFFにしとかないと、星が途切れてしまうので、これを自動でOFFる設定にしとくのが大事。たまに切り忘れるんですよね。

 

という3つの星景用モードを登録しています。

これを設定して以来、すごく便利です。

特に日常撮影してから、JPEGになってるのを戻し忘れたり、各種補正を切り忘れたりしないのが助かります。

 

逆にUSER5には、各種補正ONのJPEG記録、ホワイトバランスオート、カスタムイメージもオート、シャッタースピード速め、連射設定になって、動き回る子どもの日常スナップ用設定に切り替わるようにしています。

まあ、時間があるときは、自分で設定しなおしてもいいしね。

 

とにかく柔軟なカスタマイズができるのが、KPの強みでもあるので、これを使わない手はないですね。自分用にカスタマイズしてみてください。

 

というわけで機材話で時間を稼ぐ。

晴れてくれぇ…。

 

shironagassu.hatenablog.com

 

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村


星景写真ランキング