シロナガス/星景写真と科学本のブログ

「暮らしの中の星空」=星景写真+サイエンスノンフィクション書評。PENTAX使い。

春の天の川チャレンジ2023

さあ。

明日から大寒が来るようです。

うーむ。この前みたいな大雪にならないと良いのですが。

shironagassu.hatenablog.com

皆さんも、お気を付けください。

 

というわけで。

いやー。とうとう、星の撮影に行ってきました!

正月をゆうに超えて、旧正月になろうかという頃合い。

そして、今年初の星撮影は、なぜか、一番きつい時間帯、明け方をチョイスしてしまいました。

 

何故明け方か…。

このタイミングなら、もしかして、ギリギリ、春の天の川が写るのではないかと思ったからなのです。

(そして、寝過ごしたからです)

 

結論からいうと、まあ、何とか、ギリッギリ写りました。

天の川は、全て出きらずに、上半分だけ出てきたところまでで限界でした。

 

春の天の川2023

PENTAX K-3 MarkⅢ レンズ HD DA11-18mm アストロズーム 焦点距離 11mm

ISO6400 SS30秒 F2.8 アストロトレーサーType2使用 

2023.01.21 高知県にて

 

いやー、何とか、写っていますね。

さそり座も尻尾まで登り切らず、天の川も上半分ですが、一応天の川と分かります。

目視では、良く確認できず、あー、これはダメかなと思いながら、写したのですが、何とか、センサーは捉えてくれていました。

 

撮影時間は、5時34分

この日の日の出時刻は7時8分。

なので、天文薄明はその1時間半前から始まるということで、だいたい5時38分から。

うーむ。

まさにギリギリ。

 

私の撮影記録を振り返ってみると、春の天の川をシーズン初撮影した日付は、

2018年は2月10日

2019年は2月1日

2020年は2月23日

2021年は2月20日

2022年2月8日

と、それ以前は、春の天の川の出を撮っていないようなので、記録があるものは、全て2月に入ってからの撮影でした。

今回は、それを大幅に上回る1月21日

新月期でないと、天の川を捉えられないので、月の巡りと天気が合わないといけません。今回は、晴れにもめぐり逢い、幸運に恵まれました。

 

2020年と2021年あたりも、1月に捉えるチャンスはあったかもしれませんね。

ただ、今回は、寝過ごしたのが功を奏したので。多分寝過ごさなければ、春の大曲線あたりを撮影して満足して帰ってきてましたね。

今回は、宵のうちに出ようとしたら、少し雲が多く、疲れてもいるので仮眠してから夜半過ぎ頃出ようとしたのですが、普通に2時半頃まで寝てしまった、という怪我の功名。

 

よしよし。

とにかくにも、ようやく、星撮影ができて、年が明けた気分です。

今年も、じわじわと、星を撮影していきたいと思います。

 

ではまた。

 

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ

にほんブログ村


星景写真ランキング

冬の京都でまた本を買ってきちゃった話

うん。

いや、若干、体調を崩していまして、結局、まだ星を撮りにいけていません。

流石にこのご時世、とうとうコロナかなと思って、PCR検査を受けたんですが、陰性でしてね。ただの風邪のようでした。

この風邪が、全く熱は出ないのに、とてもダルイ。

確かに、このごろは、どこでも体温を測られるので、熱が出るタイプの風邪は淘汰されたのかもしれませんね。その結果、熱は出ないのに、のどが痛く、鼻水が出続けて、最終的には、身体が重い…でも熱がないので、下手に動けるため治りが悪いという、長引く風邪でした。

だいぶ良くなってきたので、今週末あたりには、星を撮りに行こうと思っているんですが…。頑張らねば。

 

ということで、更新をするネタがない。

ただ、なぜ、風邪をひいたかというと、冬の京都に行っていたんですね。

雪が降ったりはしなかったんですが、想定よりも寒く、体力を消費したのだと思います。

 

京都で何をしていたかというと、まあ、いつも通り本を買ってました(笑)

 

冬の京都スナップ

本屋をうろうろしながら、街中でスナップも撮っていました。

 

(多分)鴨川。

 

少し曇りがちではあった。

 

 

入手した本

「シャッター以前 岡村昭彦写真展目録」

中古本で、ゲット。

ヴェトナムやラオス、ナイジェリアなどの戦場を取材した報道写真家・岡村昭彦の写真展目録。

豊富な写真が掲載されていて、お得な一冊でした。

 

以前、この本を読んで気になっていた写真家でした。

良い出会い。

 

「写真分離派宣言」

鈴木理策鷹野隆大、松江泰治、倉石信乃、清水穣の各氏が参加した写真分離派宣言。

何からの分離なのかは、明確に示せるものはないということらしいのですが、ゆるやかなまとまりのもと、写真とは何かをそれぞれの視点で考える一冊。

2012年の刊行。

動画からの切り出しで、必要な写真が手に入るようになっている2023年の現時点から振り返ると、スチールとしての写真の持つ特異性を問題にしていた…のかもしません。

スチールだからこそ紙にも焼けるというような記述も出てきますし、写真を撮り損ねる意味(逆に言えば、動画は一部始終を撮るので、そういう意味で撮り損ねない)の考察なども、なるほど写真らしさを捉えているなと思いました。

 

「物語」

金サジ氏の写真集「物語」。

いや、これが、今回最大の衝撃的出会い。

昨年末に刊行されたできたての写真集ですね。

金氏の「物語」というシリーズを一冊にまとめたものになります。

言葉が、日本語と英語とハングルで書かれていて、それが渦巻くように、順番を変えながら物語を進めていきます。

そうやって言葉として示された物語も魅力的なのですが、しかし、その物語が写真として構成され創出されることで、その存在感は鋭く研がれていきます。

写真として、ビジュアライズされたことで、物語が肉体を得たといっても良いのかもしれません。いや、こちらが主で、その肉体こそが、言葉を語っているという主体性を感じます。

写真集の形でプリントされることで、その刺さるような存在感が物質的に担保されていますね。

これ、機会があるのなら、オリジナルプリントでも、見てみたいですね。

写真集でこの存在感なら、オリジナルプリントで見ると、もはや息遣いを感じるのではないかなと期待してしまいます。

 

www.akaaka.com

 

ということでした。

このように、冬の京都を自転車で駆け抜けた結果、最終的に風邪をひいたということですね。

いやはや、早く万全の体調に戻して、星を撮らねば。

頑張ります。

 

ではまた。