シロナガス/星景写真と科学本のブログ

受信者としてのサイエンスブログ。高知県内の星景写真、スタータイムラプスと、ポピュラーサイエンス/サイエンスノンフィクション(一般向け科学書)の書評。PENTAXで撮影しています。

レンズを見比べて星像の基準を知る

さて。梅雨になる前に撮らないといけないと思いつつ、今は、月が大きい。

ホタルと星を今年も狙わないといけない。昨日、(軽くのつもりだったのに全然軽くない)偵察に行ってきたところホタル飛び始めていますね。f:id:shironagassu:20190521210453j:plain

 うーむ。まあ、とりあえず、一枚、さそり座と木星の出をのせておきましょうか。

 

良い星像の条件

さて、さっそく表題の件ですが、星空撮影における良い星像の基準となどんなものだろうかとずっと気になりながら、手元にあるレンズで撮り続けているわけですが…。

前から読みたかった一冊「星空撮影&夜景撮影のための写真レンズ・星空実写カタログ」をようやく見ることができまして、その感想がてらレンズへの雑感を書いておきたい。私も限られたレンズでしか星空を撮っていないので、こういう本で、良い星像の基準が見られるのはありがたい。というか、ほとんどの人が自分の持っている限られたレンズでしか撮りませんよね。無限にレンズが持てるわけではないし。だから、こういう企画の本は面白いです。

残念ながら、2月に発売したばかりの11-18mmは、この本には載っていなかった。こわごわですが、評価を見て見たかったような、…なくて、まあ無駄に緊張しなくてよかったような…。

 

うむ。では、私が、いくつか気になったレンズを、(PENTAX・Kマウント版がないのが多いけど、)ピックアップして、残しておきたいと思います。

大体、どのレンズも真ん中の星像は比較的良いわけです。そうなると、周辺部の星像がどうなるか、というのが、星撮影に向いているかどうかのひとつの基準になります。

スターテストは、レンズの光学系に実に厳しい試練となりますね。逆に言えば、端まで星像が良いレンズというのは、収差が抑えられているわけで、やはり日常的に使っても良い結果を出せそうですね。

 

そして、ひとつ安心したのは、広角レンズで、開放からコマ収差がないというレンズは(この本を見る限りは)ないということ。安心した。世の中そんな甘くない。

ただ、F2.8に「絞った」時に、ほぼコマ収差を消してくる広角レンズはあるんだなということ。うーむ。

 

レンズ・ピックアップ 

105のレンズが居並ぶ中、まずは、一番、こいつはやばいなと思ったレンズ。

カールツァイス Otus 1.4/28 ZE。やばい。

F1.4開放のレンズ、28mmなので「超広角」とは言えませんが、それでもフルサイズ用なので充分広角の範疇でしょう。

これがF1.4だとさすがにコマ収差があるんですが、F2.8に絞った時に、中心から端っこまで、完全に星像が丸くなる。丸いというか、本の中でも書かれていますが、針でついたような鋭い星像が中心から端まで続くという恐ろしいレンズ。当然、色収差なんてものは皆無。

そして、値段も50万円をゆうにこえてきて、げに恐ろしい。こうなると、Kマウント版がなくて助かった(笑)いや、いくつかKマウント版のツァイスはあるにはありますが、もうディスコンですね。デッドストックはどこかにありそうですが。

しかし、何にせよ、ここが、最高峰ですね。なるほど、これは覚えておこう。

ツァイス…最高峰…。

 

そして、現実的に、Kマウント版が欲しいなあ、と思わされたレンズは、これ。

シグマ  14mm F1.8 DG HSM Art

これも開放F1.8では、コマ収差がありますが、やはりF2.8に絞った時には、端まで星像が安定して、素晴らしい画質になる。

これは、欲しいなあ。値段もさっきのツァイスほど無茶なことはいわない。

しかし、シグマももう長いことKマウント版のレンズは出してくれてない。無念。

良いレンズだ。

 

あと、D FA15-30mmがなかなか良い。ズームレンズとしては、トップクラスの出来ですね。画角を調整できるというのは三脚に据える風景撮影では、アドバンテージになりえます。

正式には、HD PENTAX-D FA 15-30mmF2.8ED SDM WR。か。

値段も改めて見るとやはりそこそこしますが、これとK-1(無印なら)という選択肢は私の中にもありえたかもしれないという意味で、ずっと大変気になってきたレンズでもありました。今回、じっくり星像が見れたのは良かった。

タムロンの15-30mmと基本設計は同じだといわれていますが、この本だと、なぜかPENTAX版の方が性能が良い。レンズの個体差かもしれませんね。

逆に、タムロンと同設計といわれるもう一つのレンズD FA24-70mmの方はタムロン版の方が良かったので。

 

APS-C用でいくとFIJIFILMの、XF16-55mm F2.8 R LM WR、がなかなか良い。

F2.8開放のレンズですが、開放からなかなか端までシャープな星像をたたき出してきます。35mm換算で24mmの広角で、かつズームで、この星像ならなかなか良いですね。お値段もまあ安くはないですが、高すぎるということもない。

 

TOKINA AT-X 14-20 F2 PRO DXというのも良いですね。

値段もちょっと、お手頃感が出てきました。このレンズもF2.8まで絞った時に、真価を発揮してくるタイプ。というか、世のレンズはどうもF2.8より明るいのは星を撮るという条件下ではベストの結果にはなりづらいようです。どうしても端の星像が崩れる。あのツァイスですら。

 

あとマイクロフォーサーズのレンズでもいくつか、面白そうなのがあったので、ぜひ、この本、見てみてください。なかなか、詳しく分析してくれていて星撮影をするなら勉強になる一冊です。

 

で、意外な評価をもらっていたのが、私も愛用するHD PENTAX-DA 15mmF4ED AL Limited。星空風景撮影旅行などに好適とあります。なるほどそうか。そう来たか、なるほど。一本取られた。というのが正直な気持ち。

確かに、F4と暗めで、コマ収差も出るんですが、何より代えがたいのは35mm換算23mmの広角でありながら、ありえないほどのコンパクトさ。実に200gを切る。

この前、関西に行ったときに、星撮り用装備は重いので、置いて行ったんですよね。しかし、確かにこのレンズは持って行った。ならば、ミニ三脚も忍ばせておいて、何かしら星を撮ってしまえばよかったなと。

KPならカメラ内比較明もできるので、関西の明るい空でも星を撮ろうと思えば撮れた。

これは盲点を突かれた。

今度から、適材適所で、でもやっぱり旅先で星空を撮る一手を講じるようにしましょう。せっかくこのレンズ手元に残したので。

11-18mmばかりにこだわるのもそれはそれで面白くない。

 

うん。で、全体を見て、11-18mmを本の基準に照らして評価してみると。うーん。まあ、4スミのコマ収差はあるんですよね。あるんですけど、よく集光していて、星像の甘さはないので、まあいい線いってるんじゃないのかなという感触…。特に12mmは。11mmは闇の力なので、まあ、気合を入れて使いこなさないといけません。トップクラスのレンズたちと比べても、18mm側はなかなかのものとも思います。

shironagassu.hatenablog.com

 

と、とりあえず、機材のお話をして場をつなぐ。

撮りにいかねば。

しかし、また忙しくなってきております。がんばろう。

どうせ撮るのは夜だし、特に夜中なら関係ない。次の日が…まあ…ねえ。

アジサイがもう少しで咲くかなぁ。いかねば。

 

ではまた。


ブログランキングに参加しています。

クリックいただくと、…特に何もありませんけど、管理人が喜びます。

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村


星景写真ランキング

 

Lightroomテクスチャと星景写真の日常性

さて。

Adobe Lightroomで、先日、新しい機能が実装されました。

テクスチャ。

このスライダーを上げ下げすることで、明瞭度とはまた違った形で、肌理を強調できます。星景用途としては、微光星の持ち上げや、天の川の強調処理などに効果を発揮しそうです。

結構幅広くレビューされておりまして、改めて機能面で書き足すことはなさそうですが、私なりの使い方を考えてみたいと思います。

 

数えきれない星の中で

f:id:shironagassu:20190516205910j:plain

PENTAX KP レンズ   HD DA 15mm Limited 焦点距離15mm

ISO4000 SS30秒 F4 アストロトレーサー、ソフトフィルター使用

2019.02.02 高知県室戸市にて

 

以前、HD DA15mm Limitedで撮影していた星空をテクスチャ機能を利用して再現像しました。 

室戸市の空は暗く、F4でも細かな星まで良く写っていましたが、そこをさらに持ち上げて強調しています。

 

これは、レンズプロファイルをあて、周辺光量落ちを補正した上で、空部分にフィルターをかけて、明瞭度をいったん下げ、テクスチャを上げることで微光星を持ち上げています。

今まで、微光星の持ち上げは、明瞭度を中心に処理していたんですが、明瞭度は、明暗も強調してしまうため、周辺光量落ちも強調され周りが暗くなりがちでした。明瞭度をいったん下げることで、この明暗を均すことができます。

いや、周辺光量落ち=ビネット効果は、もちろん、それはそれで使い用はあるんですが(視線の誘導効果とか)、あえてフラットな画面構成にすることで、日常性を加味していくスタイルをとりたい。

 

私がずっとテーマにしているのは、「暮らしの中の星」ということでして、日々の暮らしの傍らにあるものとして星を写したい、と思っています。日々星を見上げるという文化を。だから、ドラマティックになるよりは、むしろ、日常的ななんでもない、いつもそこにあるような景色として仕上げたい。

 

なので、このレンズプロファイルによる周辺光量補正、明瞭度下げ、テクスチャ上げというスタイルは、この日常的な写真という現像方針に合致して非常に良い。かもしれません。

 

11-18mmのレンズプロファイルも

そして、もうひとつ、重要なことに、とうとう、PENTAX DA☆11-18mmにLrのレンズプロファイルが提供されました。

かなり周辺光量が補正される。

それと、広角端がこれまで糸巻き型の収差があるのではないかと思ってきたんですが、プロファイルをあててみるに、中心部はほぼ補正されない。ふーむ。本当に糸巻き型の収差があったのか、ちょっと自信がない。今後、要調査です。

ちなみに、テレ端18mmは間違いなく糸巻き。あれは糸巻き。

 

以下、いくつかこの間11-18mmで撮影したものをレンズプロファイルをあてて現像しなおしてみました。

f:id:shironagassu:20190516205921j:plain

PENTAX KP レンズ   HD DA☆11-18mm アストロズーム 焦点距離12mm

ISO6400 SS30秒 F2.8 アストロトレーサー使用

2019.4.6 高知県香美市にて

 

天の川をテクスチャで強調しつつも、空部分は、明瞭度を下げて明暗をならしつつ、微光星を持ち上げています。

また周辺光量が戻ることで、全体として減感処理(露光量を下げること)できることになります。減感処理すると、ノイズについても、実質的に低減していく効果も得られます。特に私のような一枚撮りスタイルには、恩恵が大きい。

レンズプロファイルがなかなか効果的ですね。

 

f:id:shironagassu:20190516205916j:plain

PENTAX KP レンズ   HD DA☆11-18mm アストロズーム 焦点距離12mm

ISO5000 SS40秒 F2.8 アストロトレーサー、ソフトフィルター使用

2019.3.14 高知県土佐市にて

 

レンズプロファイル。

真ん中は本当に、ほぼ動きません。そういう意味で、あまり歪曲がかかってないのか。ただ、端は結構動きます。

でも、ここに出したのは、だいたい12mmですね。私が、12mmで撮り始めるスタイルを定着している証拠ですね。

ただ、とうとうパーティカルソフトフィルターも完成したので、11mmの作品も増やしていかねばなりません。

 

f:id:shironagassu:20190516210015j:plain

PENTAX KP レンズ   HD DA☆11-18mm アストロズーム 焦点距離18mm

ISO6400 SS20秒 F2.8 アストロトレーサー、ソフトフィルター使用

2019.5.7 高知県大豊町にて

 

これとかも、レンズプロファイル+明瞭度下げ(空のみ)+テクスチャ上げ(空のみ)という処理をすることで、むしろ、遠くに見える右手の町明かりに照らされた白い霞が、強調された仕上がりにできました。

西から北西方向を向いて、あまり目立つ星がないのも含めて、ある春の日の山あいの一風景の日常性を引き出せ…ていればいいなあ。

 

テクスチャと11-18mmレンズプロファイル。

なかなか、良い機能が実装されました。

「暮らしの中の星」というテーマに沿った現像へと生かしたいと思います。

うーむ。

 


ブログランキングに参加しています。

クリックいただくと、…特に何もありませんけど、管理人が喜びます。

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村


星景写真ランキング

 

さあパーシャルソフトフィルターも自作しようか

というわけで、この一か月ほど試行錯誤を繰り返してきたパーシャルソフトフィルターがようやく完成しましたので、製作記録をのこしておきましょうか。

 

まずは作例から。

 

水辺のベガ

f:id:shironagassu:20190512223041j:plain

PENTAX KP レンズ  HD DA★ 11-18mm アストロズーム 焦点距離12mm

ISO4000 SS30秒 F2.8 アストロトレーサー、パーシャルソフトフィルター使用

2019.5.11 高知県安芸市にて

 

中心に目立つ星がベガ。全天に21個ある一等星の中でも上位の明るさの星ですね。確か5位のはず。

つまり、一等星には十分に効果が出る。ということはこれより明るい惑星などではもっと効果が出るということです。ひとまずよかった。

 

なぜ、パーシャルにしたのか。

今回は、中心部だけソフト効果を出し周辺はソフト効果を出さないことで、11-18mmの広角側で撮った時に、端の方の星が斜めに光が入ることでソフト効果が効いた星像が伸びるのを防げるのでは、ということでした。

 

ちなみに以下、比較用に。

上からプロソフトンA、ソフト効果なし(保護フィルター)、クロスフィルターです。

ただ、今回の月が背後にある条件だとプロソフトンAでも周辺の星の伸びはあまりきになりませんね。端までびっしりと星があるということでもないので。(なぜか11mmで撮らず)12mmにした(無意識にしていた)のもあると思いますが。

でもプロソフトンは上や端の星がやはり若干楕円ですかね。

f:id:shironagassu:20190512223037j:plain

f:id:shironagassu:20190512223044j:plain

f:id:shironagassu:20190512223053j:plain

こう見るとプロソフトンAが一番効果が強いですが、地上部も大きくディティールが低下するわけでもなく、実に絶妙に作られているのがわかります。

自作フィルターの強さならパーシャルでなく全面フィルターでも良いかもしれませんが、逆に、82mmの広さを均一の薄さに吹き付けるのは至難の業かもしれません。

 

材料

というわけで、材料から。

これで、ソフト効果を出します。自作グリップの仕上げ塗装から、ソフトフィルターづくりまで幅広く活躍する一本。一本というかとうとう1本使い切って、2本目に入りました。

そして、今回、素材となった保護フィルターはこちら。

あとは、100均で(主にマニキュア落としとしてコスメコーナーあたりにある)除光液を買っておきます。あと、マスキングテープですね。

 

これで、材料はそろいました。

 

作成過程

f:id:shironagassu:20190512223020j:plain

材料が揃ったら、作成にかかります。今回は内側の面にクリアラッカーを吹き付けました。

以前つくったハーフソフトフィルターも見本に見ながら…。

 

パーシャル(部分的)フィルターということで、どの程度周囲をマスクすれば良いのかというのが問題になります。

f:id:shironagassu:20190512223024j:plain

最初はこの程度の大きさのマスクで行ったんですが、これだと、全面ソフト効果が出ます。(そして写真くらい濃いと完全に濃すぎです)

どうも、フィルター径に対してというよりも、前玉の大きさに対して、それより小さくしないと意味がないようです。

 

で、前玉の大きさを実測した結果、それよりも小さいということで直径2.8cm程度の大きさだけソフト効果をつけることに。

f:id:shironagassu:20190512223028j:plain

こんな感じです。

ちなみに、このマスク用台紙は、この後、フィルター効果が濃すぎるということで、幾度となく吹き直しをしないといけないので、とっておいて、大事に使いました。

 

フィルター効果が強すぎる問題は、なかなか難しく、解決に一ヶ月ほどかかりました。

良い吹き具合を模索しないといけないのですが、星で使ってみないと、濃いか弱いかよくわからないので、作ってはチャンスを見て試し、また、作り直しと、大きくは3回モデルチェンジしましたが、吹き直しは50回くらいに達していると思います。

思ったより高難度で心折れかけた…。

 

で、最終的に、スプレーの噴射が直接当たる近さだと濃すぎると。つまり、直接当たらない程度(フワッとかかる程度)に遠くから噴射し、さらに、上から下に高速で動かすことで吹きつけ具合をコントロールしています。

いやもう、言葉で言っても伝わらないと思いますし、私ももう一回やれといわれてもうまくいくかどうか。シュッ(吹きつつ素早く動かす)、(霧状の噴射が)フワッとガラス面につくという感じです(笑)

 

効果の目安としては、室内の蛍光灯で試して、わずかに効果が出るかどうかという強さです。

蛍光灯以外の壁などもボヤっとソフトがかかるくらいの強さだと、星景撮影に使うには強すぎます。

 

実は、このパーシャルソフトを思いついたのは、以前、街中で撮影をしていた時に、話しかけてこられた方がいて、その方が撮られた周辺部だけソフト効果が出ている作品を見せてくれたんですね。

そういうソフトフィルターがあるのを初めて知りましたが、なるほど、じゃあ逆バージョンをつくれば、11-18mmの広角端で使いやすいソフトフィルターができるのでは、と思ったわけですね。偶然の出会いに感謝、その節はありがとうございました。

 

しかし、実は今回は、なぜか肝心の11mmで撮ってないんですね。なぜだろう。

謎だ…。そのために作ったのに。(12mmの奴を11mmだと思っていた節があります。撮影時。基本11-18mmは12mmから撮り始めるという形で運用しているので無意識で12mmにしたらしい)

どこかで試してみないといけません。

まあ、ひとまず完成したので良かったということで。

 

以前のソフトフィルター製作記録はこちら

shironagassu.hatenablog.com

 

shironagassu.hatenablog.com

 

うむ。

ではまた。

 

82mm径のフィルターが色々揃ってきて、選択肢が増えてきました。

色々試行錯誤しながら撮影してみます。

C-PLがいるかどうか。迷うところ。

普通の風景撮るなら欲しいところですが、ほぼ昼間撮らないんですよね。…うーむ。


ブログランキングに参加しています。

クリックいただくと、…特に何もありませんけど、管理人が喜びます。

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村


星景写真ランキング

 

星降る春の棚田

ああ。

先日のゴールデンウィーク明け。

高知県は、GPVでも雲一つない予測の最高のコンディションだったので、ゴールデンウィーク明けのど平日という何ともしんどいタイミングでしたが、撮影に行ってきてしまいました。

翌日の昼間は大丈夫なんですが、夜はさすがにすぐに眠くなりました。

ゴールデンウィーク明けなのに、久々の撮影となり、夜が更けるのも忘れ、飛ばしすぎた。

無駄なスタートダッシュかましていくスタイル。

 

田植えに向け水が張られた棚田と星空を抑えてきました。

 

星降る春の棚田

f:id:shironagassu:20190509194255j:plain

PENTAX KP レンズ  HD DA★ 11-18mm アストロズーム 焦点距離11mm

ISO6400 SS30秒 F2.8 アストロトレーサー、クロスフィルター使用

2019.5.8 高知県大豊町にて

 

春の棚田はフォトジェニックですね。

高知県は県全体として北側が山に囲まれているので、色々なところに棚田があります。

張られた水に星が写り込み、静かに夜が更けていきます。

 

先日、大阪にて入手したクロスフィルターをさっそく使用しています。

安かったのでマルミの奴にしました。

 正式な名称はクロススクリーンか。

 

クロスフィルターは光条の向きをコントロールするために回転枠がついているのが多いのですが、これは回転枠がついてないタイプ。だから安いのだろうか。

少し回転させたいくらいなら、微妙に取り付け具合を緩くしたりきつくしたりで何とかなるんじゃないかなと適当な判断で購入。

ただ、うちのアストロズーム11-18mmにあわすと普通に付けたらちょうどいい斜め具合になったので、万事問題なしでした。

 

これは、11mmで撮影をしています。

これを見ると周辺部の星の光が斜めに入ってきているのがわかりますね。

なるほど。

この関係で端の星が伸びるということが起こるのかな。どうも、そうですね。

f:id:shironagassu:20190509200415j:plain

これはもう少し、周辺部まで光条の出る明るめの星が写っているパターン。

ああ、そうか、斜めですね。なるほどねえ。

 

ただ、ソフトフィルターよりは、こちらのクロスフィルターの方が、広角端では使いやすいかもしれません。

広角端では、なんだかんだでフィルター無しが一番いい結果になるなあと、最近思い始めてはいますが、色々な選択肢を試すのも大事。なんだかんだ言いながら、82mm径のフィルターが順次増えていっています。

いずれ、ケンコーの光害低減用スターリーナイトフィルターも手に入れたいところ。

お値段が結構するのでまだ様子見です。

 

この広角端周辺部での星像の伸びを緩和するため、真ん中だけにソフト効果が出る、パーシャルソフトフィルターも自作しようとしているんですが、まだ、スプレーの吹き具合が強すぎて、実用にならないので、じわじわ試行錯誤しています。いつかモノになるだろうか。とりあえず、今、反省を生かした超弱いのをつくって、撮影にむけた待機状態です。効果はどうだろうか…。

 

ああ、そうそう。アップデートした雲台、良い感じに構図が止まります。良かった。

いや今までも別に撮影中にずれるわけではなかったんですが、縦位置での快適さがかなり上がった。縦位置を決めるのに、締め付け時にずれが起こるのを考慮して、うまいことやらないといけない状態でして、これがほんのちょっとのことなんですけど、毎回重なると地味にストレスでした。

いやまあ、アルカスイス互換風L型プレート+NEEWERの安い雲台で縦位置にすることで、ほぼ解決はしてもいたんですが、そうすると縦位置にしたときにカメラの位置が少し高くなるんですよね。縦位置にしたときには場合によって超ローアングルも狙いたい…。あと、アルカスイス風なんだけど、微妙に雲台とプレートが干渉し合うので、縦横の取り付け直しが、少しめんどくさく、これもまた、ちょっとしたストレスだった…。

と、まあ、求めればきりがない感じではあるんですが、何にせよ、ここまで、だましだましで何とかやってきたので、とりあえず更新してよかった。正解。QOS(Quality Of Shoot)が上がった。

となると、良い三脚も欲しくなるという欲深き人間の罪を一身に背負ったような状態になっているので、自制。終わりなき欲望。もう心を静めて写経でもしなければならない。

 

 

こういうセンターポールが、曲がって構図が自由になるのが良いな。

アストロトレーサーと相性がよさそうなのだが…。

 

いや、まあ、それはおいておいて、とにかく撮影が快適になったので良きかな。

4月の中・後半のツツジの季節を(体調不良と繁忙期で)逃した感じであれでしたが、また何か題材を探して撮りにいきましょうかね。

 

この日は、最後インターバル撮影をしたんですが、久々の撮影だったこともあり、あろうことかヒーターをまくのを怠りましてね。見事に後半半分が曇るという事態に。春先と秋口は曇ると自分でもことあるごとに言っているのに。やはり、億劫をせずにヒーターまかないといけません。ああ、油断した。

が、半分は使えて何とかなったのは良いのですがそれなら半分のインターバルにして早く帰って寝るべきだった…。反省案件ですね。ヒーター確認!覚えておきます。

 

ではまた。

 

ブログランキングに参加しています。

クリックいただくと、…特に何もありませんけど、管理人が喜びます。

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村


星景写真ランキング