シロナガス/星景写真と科学本のブログ

「暮らしの中の星空」=星景写真+サイエンスノンフィクション書評。PENTAX使い。

オリオンの昇る季節

さて。

せわしないというか、忙しいというか、少なくとも、星を撮りに行く時間はなさそうではある。

というわけで、この前、最後に撮りに行ったときの、オリオンの昇り際の写真で更新しておきたいと思います。

 

オリオンの昇る季節

f:id:shironagassu:20211018185012j:plain

PENTAX KP レンズ HD DA★11-18mm アストロズーム 焦点距離 11mm

ISO4000 SS20秒 F2.8 約30分程度をPsで比較明合成

2021.10.02 高知県にて

 

ああ、10月ではあったのか、隔世の感。

10月に入ってから急激に忙しくなりましてね。今月末まではこれが、続く見込みです。ぜひ、皆さん、選挙にはお出かけください。

 

東の空から昇りゆくオリオン。

星の色も良く出てくれて良きかな。

 

実は、カメラ内合成したものもあるんですが、途中で自動車が入ってきましてね。比較明合成のあるあるではある。

f:id:shironagassu:20211018185419j:plain

こんな感じで、割と救いようがない感じになっています。

もう少しライトの光量が少なければ、地上部だけ別の落ち着いたのを持ってくるという手もあるのですが。

↓この記事で書いていますね。

shironagassu.hatenablog.com

 

 

今回は、あまりに真正面から、ハイビームを受け過ぎた。

しかし、自動車がライトをつけるのは当たり前のこと、まったく、恨むようなことではない。

 

実は、K-3markⅢには、こういう時に便利な機能が搭載されていまして、インターバル撮影時に、カメラ内比較明合成をしながら、それとは別に、撮影一枚ごとの写真も残すことが出来ます。

今までも、途中経過保存ということで、比較明合成したものを一枚一枚保存することはできたんですが、K-3markⅢから「比較明合成したもの」か、「比較明合成していないもの」か、を選べるようになりました。

私は、とりあえず、新機能の具合を試したいということで、後者で、インターバル撮影を試していました。

 

と、こういう時に、案の定、予想通りにというか、何というか、走ってくる自動車。

実は、2回走ってきたんですが、まだ1回目はこれほど真正面からは光を受けておらず、比較的救えそうでした。が、この2回目のは、ハイビームだったんでしょう。完全に、やられました。致命傷

これが、1時間のインターバル撮影の真ん中ぐらいで来るという、一番、ダメな時間帯で来ました。

うまくいかない時は、えてして、そういうもの。

なので、1枚ずつ保存にしておいた写真を使い、後半部を比較明合成して、最初の写真に仕上げております。

 

うーむ。

この機能…なかなか、便利だな。

カメラ内比較明合成が成功した時でも、カメラでのストレートの合成とは別に、もう一枚、別の手動合成の可能性を担保できるというのも、表現手法の可能性を広げるという意味でも大きい。これも、実際に、光跡にグラデーションをつけるタイプの比較明にしております。

よしよし。

 

少しずつ把握していっている、K-3markⅢの機能。

「星撮影用としてのPENTAX K-3markⅢ」…当然、書かないといけないと思っているんですが、中途半端な把握で書いては申し訳ないと、まだデータを貯めております。

それが、まあ、夏の長雨→モデルナ副反応→仕事繁忙期とスーパー3連コンボが発動していまして、何とも、な感じです。

 

いやー。

今年中には何とか書きたいと思います。

というわけで。

今日のところは。

 

ではまた。

 

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村


星景写真ランキング

DA55-300mm PLMのファーストインプレッション

というわけで、DA55-300mm PLMを少し使ってみたので、それについて書いておきます。

まだ、星には使っていません。もしかすると、あまり星に対しては使わないのではないだろうかとも思っています。何せ、300mm側のF値は6.3と暗く、星を撮るにはネックになりそうです。

 

まあ、しかし、昼間使うレンズとしては、非常に満足できるレンズのように思います。

以下、写真をいくつか、出しながら、ファーストインプレッションを書いておきたいと思います。

 

ファーストインプレッション

f:id:shironagassu:20211011182316j:plain

f:id:shironagassu:20211011182332j:plain

f:id:shironagassu:20211011182337j:plain

f:id:shironagassu:20211011182342j:plain

K-3markⅢに55-300mmPLMをつけて、短時間ですが、スナップ撮影をしてみました。

 

まず、このレンズ、非常によく写る。

寄ってもいいし、もちろん、遠くを撮っても良い。良く解像してくれています。

優等生ですね。

 

K-3markⅢに搭載されている、ハイライト重点測光を使っています。

これによって、一番ハイライトの部分を基準に、そこが白飛びしない範囲で、露光が調整されます。

なので、暗めの写真になりがちなんですが、暗部にもよく情報が記録されています。

4枚目などは、ビルの左上が、明るく、撮った写真そのままでは、街の部分はかなり暗く写っていたのですが、JPEGでも十分持ち上げることが出来ましたね。

これは、レンズのインプレッションというより、K-3markⅢのか…。

 

レンズとしては、撮っている時は歪曲収差を感じていたんですが、撮った写真を見てみるとそういうこともなく、割と直線は直線に写っています。

これまであまり意識したことはなかったんですが、眼鏡によって、自分の視界自体がゆがんでいるようで、これが歪曲収差を感じさせているようです。

これは、やられた。

なので、レンズとしては、歪曲収差、良く補正されていると思われます。

 

AFは、もちろん、このスナップ撮影でも、不満はなかったですが、ちょうど、子どもの運動会があったので試してみました。やはり、早いですね。

動いている被写体にもスッと合う。まあ、腕の問題はあり、なかなか、うまく撮れないところ(特に、子どもが斜めに走ったりすると)もありましたが、おおむねピントはあってました。

AFも非常に軽快

 

とても優等生なレンズですね。

中古も含めて検討すれば、この値段で、この写りが実現できるというのは、非常にコストパフォーマンスは高い。中望遠から、超望遠までカバーするということで、使い道も多く、一本あって損はないレンズと言えると思います。

 

いつか、チャンスがあれば星にも使ってみようとは思うのですが…。

どちらかというと、には、一度早い目に使ってみなければなりませんね。今まで持っていたサードパーティー製の70-300mmは、月を撮っても、画質面で全く満足できるものではなかったので…。少し楽しみです。

 

よし…。こんなところで。

ではまた。

念願のDA55-300mm PLMを手に入れたぞ

はい。

というわけで、だいぶ天候も安定してきまして、先日は撮影にも行ってきました。が、今日は、その話ではなく、機材の話を。

 

先週、やたらと生き急いだ結果、K-3markⅢの完成形に向けたロードマップを、見境もなく進めてしまったという。

もう、いい大人の口座残額ではない(笑)

 

shironagassu.hatenablog.com

ここに上げてた奴を、一気に二ついってしまいました。

そんなに急ぐ必要があったのかはなんとも言えません。

当初の予定では、そもそもK-3 Mark IIIからして、もっとじわじわと進む予定だったのだが、謎に生き急ぐ…なぜだ…。

 

まずは、予備電池

f:id:shironagassu:20211004192405j:plain

ロードマップ通り、まずは、予備電池、D-Li90Pからと思いまして、おもむろに、ポチってしまったわけです。PENTAX一眼レフ用の純正バッテリー。小さい方と大きい方があって、これは、通称・大きい方です。(そんな通称はないかもしれない)

 

電池は、実は、貯まっていたリコーイメージングストアの公式ポイントを全ぶっぱしたので、あまり追加出費がいらず、買えてしまった。

 

f:id:shironagassu:20211004192412j:plain

上が新品で、下がK-3markⅢについてきたもの。

製造時期も2020年7月ということで、同時期のもののようです。一年前。

…もっと新しいのが良かったと言えば良かったんですが、このロットが最新なのかもしれない。

まあ、しかし、問題ないでしょう。

 

社外品は、やたら安く供給されているのですが、以前、カメラ内現像をしたときに、妙に現像が安定しなかったりした経験が(電池のせいなのかは、はっきりしていないけど、私はそれを疑っている)あったので、今回は、安心の純正でいかせてもらいました。

で、これで、ロードマップが一つ進んで、ブログのネタも困らないなと思ってはいたのですが、何を思ったか、そこから、事態は急転直下で推移し、望遠レンズDA55-300mm PLMも、勢い余ってポチってしまった…。

すぐに生き急ぐ。

 

DA55-300mm PLM

f:id:shironagassu:20211004192421j:plain

ついでにもらってきた、GRのカタログとともに。このGRカタログ、余談なんですが、とても、尖り切った仕様になっていまして、GRで撮ったプリント作品2枚とスペック表のみという、コンセプチュアルな代物

 

そして、念願のDA55-300mm PLM。上に乗っかっているレンズですね。

PLMというのは、パルスモーターの略ですね。

www.ricoh-imaging.co.jp

 

このレンズ、PENTAX純正望遠ズームとしては、非常に定評があるレンズでして、まず、AFが速い。(当社比)

フォーカスのために動かすレンズ群を軽量化したことで、AFを高速化しているらしい。

また、このパルスモーターはほとんど動作音がなく、静音化にも成功しています。

 

そして、写りも申し分ない(らしい)。まだあまり撮影できてないですが、室内でペットボトルなどを撮って試写した結果、なかなか解像してくれます。

 

私は、ずっと、星景に必要な広角側を優先してきたので、望遠側がやたら弱かったのですが、これで何とか形になったかな、と。

多分、K-3markⅢ+DA55-300mm PLMは、PENTAXの現行機で一番AFが速いはず。一応、広角から望遠まで、マクロもありの、システムとしてはそろったかな…と。後はまあ撮るだけですね…。

 

今回、このタイミングで、購入に動いたのは、子どもの運動会が(コロナ禍を乗り越えて)開催されるので、ここで、買っとかないと望遠レンズを使うイベントはないぞ、ということだったのです。(言い訳は、これに尽きる

 

今回は、キタムラさんにお世話になって、サードパーティー製の70-300mmズームを下取りに出させてもらいました。あまり値段は付かないかなと思ったのですが、まずまずの値段で、少し足しになり助かりました。

入手した55-300mmPLMは中古です。中古なら、何とか金額的にいけちゃうというのと、キタムラは中古の状態を、結構細かく書いてくれているので、金額と状態を天秤にかけて、コストパフォーマンスがなるべく高そうなのを選ばせてもらいました。

商品説明通りの「良品」で、満足しております。

 

いよーし。

というわけで、やたらと生き急いで、ロードマップを2コマも進めてしまった。

次は、しばらく貯金をして、バッテリーグリップかな、と!

がんばろう。

 

ではまた。

 

 

中秋の名月も撮れなかったので

うむ。

体力が戻り切らない。

前回の更新は、モデルナによる発熱中の状態で、お届けしたのですが、その後39.7℃まで熱が上がりましてね。

一応、今は、熱も引いて、すっかり回復はしたんですが、体力がごっそり持っていかれて、戻ってこない…ということを言い訳にして撮影に行っておりません。

いや、良い訳ではあるのですが、本当に疲れがとれない。

2021年の中秋の名月となった21日は、ちょうど39℃台を更新していたころだったので全く撮影できませんでした。

なので、以前撮った月暈の写真を載せておきたいと思います。

 

いやあ、今年は、彼岸花も撮り逃しましたね。いやはや。

 

月暈

f:id:shironagassu:20210927200513j:plain

PENTAX KP レンズ HD DA★11-18mm アストロズーム 焦点距離 11mm

ISO8000 SS10秒 F2.8 アストロトレーサーType2、ほぼ固定撮影

2021.07.31 高知県にて

 

この日は、もう撮影を終えて帰ろうと機材を片付け終わって、空を見上げてみたら、月の周りにこの月暈が出ていまして、慌てて、もう一度機材を展開して撮影をした一枚。

地上の暗さと月の明るさのバランスがなかなか取れなかったので、持っていたことを思い出してハーフNDフィルターを使い、空の部分を減光して、露光を何とか合わせています。

とかなんとか、色々としている間に、月暈がだいぶ薄くなってしまったような気もします。

いやはや、しょうがない。

 

ああ、いかん、今日も短い更新です。

ダメだ、体力が戻らん。

 

撮影に行かねばならないのですが、エネルギーを貯めないといけません。

頑張ろう。

 

ではまた。

 

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村


星景写真ランキング