シロナガス/星景写真と科学本のブログ

受信者としてのサイエンスブログ。「暮らしの中の星空」をテーマにした高知県内の星景写真、スタータイムラプスと、ポピュラーサイエンス/サイエンスノンフィクション(一般向け科学書)の書評。PENTAXで撮影しています。

比較明合成の継ぎ目を埋める(未完)

うむ。

今年は、比較明合成を研究してみようかと思い立ち、色々と試しているのですが…。

先に結論から申し上げますと、あまり成果は得られていません。

が、とりあえず、途中経過を書いておこうかなということで筆を執った次第。

 

比較明合成。

星景写真における比較明合成とは、連続撮影した写真の明るい部分を重ねていく(つまり比較明合成していく)ことで、星の軌跡を描くという手法です。

これまでも勿論やったことはあるのですが、まだ、私自身、撮影法として完全にはマスターしきっていない感じもしています。

実は先日のペンタックスリコーファミリークラブの会報誌で、比較明使いとして素晴らしい山岳星景を撮られている村田一朗先生の特集があったので、触発されたというのもあるのです。(リンクは一枚撮りの作品ですね)

pentaxofficial.com

そして、知らなかったのですが、比較明合成は、どんなにシャッター間のインターバル間隔を短くしても、原理上、星の継ぎ目が生じるのだそうですね。先日、インターバル間隔のほぼないような状態で、連写モードで撮影してみたのですが、やはり、比較明合成すると途切れていました。

 

なぜか?…は、ちょっとよくわかっていないのです。ははは。

おそらく、星は点光源とはいえ、さすがに1ピクセルにおさまるわけではないので、その輝きの広がりが濃淡をつくりだし、比較明した時に比較的暗い部分が、途切れになるの…でしょう。すがすがしいほどに憶測。(私は今年は定量的な人間になりたいと思っているのですが、やはり定性的です。)

 

ソフトフィルターを使うと、星像が肥大するので、この継ぎ目(途切れ)は1、2等星などに関しては見えなくなります。しかし3等星以下は途切れが出てしまいます。

 

この途切れをなんとかしたい、というのが、今回の記事の趣旨です。達成できてないけどな!

とりあえず、この数日色々と試したので、実験結果を載せておきたい。

 

 

色々な合成方法を試してみる

まずは通常比較明合成

f:id:shironagassu:20200117231707j:plain

f:id:shironagassu:20200117231723j:plain

まずは、これが、基本の何の手も加えていないPhotoshopでレイヤーで開いて比較明合成したものです。実験用に20枚だけの比較明合成をしたもの。

スピカとからす座が写っていますね。

下はトリミングしたもの。明るい星はこの時点でもつながっていますが、暗い星(4等、5等、6等くらいでしょうか)には途切れが見てとれます。
 

ガウスぼかし法

f:id:shironagassu:20200117232120j:plain

f:id:shironagassu:20200117232139j:plain

次は、こちら。 先ほどの通常のものに、ガウスぼかしをかけたうえで、アンシャープマスクをしています。

一度ぼかして、シャープ感を上げるという処理ですね。

うん。

継ぎ目消えましたね。

これだけ見ると良い感じなのですが、要は、意図的にピンボケ(ピントが甘い)状態を作り出しているわけですね。

それをどう評価するか。

それと、この上の写真は、境界線が簡単なので、マスク作るのが簡単だったんですが、星にだけガウスぼかしを適用しないといけないので、複雑な…例えば、木の枝とかになると、処理がめんどくさい。できなくはないか…めんどくさいな…という(笑)。

とりあえず、この方法が、1パターンということです。

 

覆い焼きリニア加算法

f:id:shironagassu:20200117232559j:plain

f:id:shironagassu:20200117232612j:plain

奇数と偶数を別々に比較明した後に、最後に、加算して合成すると、途切れが消えるという情報を教えてもらったので、やってみた図。

うーむ。細かい星には途切れがありますね。

3等くらいの星には効果が少し出てるようにも見えます。

これ、何が起こって、結果が生じているのか、さっぱりです。何の理屈もわかっていない(笑)

加算ということで、最後合成した時に全体の明るさが倍になります。2枚を加算するので。それを後の現像処理で1段減光しています。

覆い焼きリニアって何なんですかね。

いや、説明も読んだんですよ。わからん(笑)

ハハハ。(笑ってごまかす)

 

StarStaxのギャップフィリング

f:id:shironagassu:20200117233129j:plain

f:id:shironagassu:20200117233151j:plain

ここでフリーソフトStarStaxを導入。

markus-enzweiler.de

こちらで、ダウンロードできます。

 

このStarStaxには、ギャップフィリングという機能があり、比較明時の途切れを埋めるということが想定されています。

効果のほどはどうか。

星を滲ますような効果でギャップを埋めているように見えますね。

しかし、細かな5等星クラスはやはりまだ途切れる。

うーん。

 

StarStax&覆い焼きリニア加算法

f:id:shironagassu:20200117233523j:plain

f:id:shironagassu:20200117233532j:plain

まず、StarStaxのギャップフィリングを使って、奇数、偶数それぞれ2枚の比較明画像を作ったうえで、Photoshopに移して、覆い焼きリニア加算しています。

 

お?少し、埋まったかな。

この方法が、もう一つの回答かもしれない…。

最も暗い星(6等クラスか?)には途切れがまだ見えますが、その上くらいまでは、かなり効果が出ているように見えますね。

 

うーん。ガウスぼかし法の前景マスクをつくるのが、めんどくさいけれども、良いのか。このStarStax覆い焼きリニア加算法(長いな名前が…!)が良いのか…。

ケースバイケース。

 

ただ、この方法で、他の奴も合成してみたんですが、副次的な効果で、何か彩度があがります。星の色は良く出るかもしれません。それは良いかも。

 

結論は出ず

ということで、確たる結論は出ないという何とも煮え切らない記事。

 

そして、これ、WEBで出す分には、ほとんど意味のない処理です。等倍でじっくり見れば途切れてますが、スマホやパソコンモニターで見る分には、さほど気になりません。

また、おそらくですが、経験則的に、A4程度の引き伸ばし印刷でも、印刷の過程でギャップが埋まってしまいます。

だから、意味があるとすればそれ以上の大物の印刷…。

つまり…、私でいうと、県展ですよね。

まあ、前回、比較明合成出して、落ちてますのでね。今年は、比較明での勝負は避けたいという明らかなトラウマを抱えていますが(笑)

今年は県展、3枚は出そう。お金かかるけど。その中の一枚になら、比較明をいれるのもやぶさかではない。

 

そして、20分長秒露光なら星は途切れない。

ので、そっちも活用しつつ。

shironagassu.hatenablog.com

 

というわけで、何か、実りのない記事を書いてしまった。

労力だけはかかっているのですが。徒労。

 

今年、比較明を探究していくという決意だけはあるということで。

比較明用にK-50を稼働させて、なるべく二台体制で撮影しようかなとも思っています。

KPはアストロトレーサーを使って撮って、その脇で、K-50が比較明用の撮影をしているという感じで。運搬が重いですけどね。

 

比較明を携えて建築星景というジャンルに踏み込んでいきたい…。

街中で撮る星景。かっこいいと思うんですけどね。

 

というわけで。

ではまた。

 

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村


星景写真ランキング

 

しぶんぎ座流星群2020を反省する

ふむ。

年はじめの天文イベントにして、冬の流星群シーズンの最後(?)を飾るしぶんぎ座流星群極大日も終わりました。

今年は、ちゃんと、撮影に行ってきましたよ。

 

このブログを振り返ると、去年はどうも寝てたみたいですね。正月休みを挟むとハングリーさがなくなる。

一昨年は行って、月明りの中、細かいのを2つだけ写していたようです。

あの日の方が、今年より寒かったな。霜が降りた。確か。

shironagassu.hatenablog.com

 

今回は、夜半過ぎは月もなく、流星が良く流れていたのですが…結果から言ってしまうと写真では1つしかとらえられませんでした。

うーむ…。4日未明の撮影です。

なぜだろう。

ただ、たしかに、目視で見ると、ふたご座流星群ペルセウス座流星群につぐ、第三の流星群として三大流星群に数えてよいかもしれない、と、月のない条件の良い観測をして思ったり。

この日見えた流星は、1時から5時半ごろまでで30を数えました。(予報としては、翌5日未明の方が流星の数は多い予報でしたが…この日に全エネルギーを使い果たして行けず)。

見る分には良かった。しかし、流星が暗かったのか…写らない。

 

赤い流星

f:id:shironagassu:20200109231308j:plain

PENTAX KP レンズ HD DA☆11-18mm アストロズーム 焦点距離12mm

ISO3200 SS20秒 F2.8  ほぼ固定撮影 パーシャルソフトフィルター使用

2020.01.04 高知県須崎市にて

 

写ったのはこれ一つ。他にもレンズの画角内を飛んだのはいくつもあったように思うのですが、ことごとく写らず。

あまりISOを上げなかったのも敗因だったのでしょうか…、しかし…。この前のふたご座流星群の時は、もっとしっかり写ったのだが。そして途中から6400に上げたのだが。

 

この流星が、しぶんぎ座流星群に属するものなのかは、微妙に不明です。

ただ、北(北東)の北斗七星とうしかい座の間あたりに放射点があるしぶんぎ座流星群としては、この写真南南西のあたりに流星が流れたとしたらこのくらいの角度かもしれません。不明。

 

色は、赤く印象的。途中で小規模にはじけているように見えます。

これは流星で間違いない。

 

問題は、薄明まで粘ったら、明け方に写った流星のようなものは、すべて人工衛星だったという。…。というわけで、少し見分け方メモを残しておこうと思います。

 

流星と思ったら人工衛星でぬか喜びさせられる件

まず飛行機パターン

f:id:shironagassu:20200109231907j:plain

まずは分かりやすいのから。

これは、人工衛星ですらない、飛行機です。明け方なのに、西へ向けて飛行機が飛びまくっていました。

f:id:shironagassu:20200109232000j:plain

拡大するとこういう、点滅状のパターンを示すものになります。これは飛行機ですね。

 

人工衛星パターン1

f:id:shironagassu:20200109232105j:plain

これとか、一見、ほぼ流星に見えますね。

細くはじまって、ピークがあって、また細くなっている…流星の要件を満たしているように見えます。

が…!

f:id:shironagassu:20200109232224j:plain

次のコマを見てみると同じ角度でさらに延長されて、線が

うむ。20秒の露光をまたいで、次のコマにも写る流星などというのは、(ほぼ)ありえないですね。流星は(ほとんどのものが)一瞬で流れるので。

つまり、まごうことなき(99.99%くらいで)人工衛星

 

人工衛星パターン2

f:id:shironagassu:20200109232501j:plain

これも、一見ほぼ流星に見えます。

もう、流星でいいだろうという気分になるのですが…。拡大をしてみると…。

 

f:id:shironagassu:20200109232442j:plain

分かるでしょうか、うっすらと右側に薄く同じような線が…。つまり、何かしらの人工物が少なくとも2つ並走しているわけですね。

これほど同じ角度で、同じタイミングで、流星が2つ流れるということはまあ、ない。

ほぼほぼ流星に見えるけど、人工衛星。無念。

そして、それを裏付けるように、この後のコマにうっすらと同じ角度の線が写り込んでました。

 

人工衛星パターン3

f:id:shironagassu:20200109232824j:plain

これはもう流星。流星ということにしておこう…。

と、しかし、一応…確認をしたら…。

 

f:id:shironagassu:20200109232905j:plain

次のコマの、先ほどの流星状被写体の延長線上の拡大画像です。

見えますかね。目を凝らすとごくうっすら線が。中央よりやや右です。

うっすら過ぎる。もう見えなかったということにしたい!

これ、発見しなければ私は上の写真は流星ということにしておいたのですが、そうもいかない。人工衛星

ほぼ見えないのに見つけてしまった…ああ…。

 

ということで、この日は、ひたすら人工衛星祭りでした。

明け方になると太陽が近づいてくる関係なんでしょうが、上空の人工衛星たちに太陽光があたりはじめ、反射しはじめます。ですので、明け方には人工衛星が写る確率が非常に高くなりますね。

 

つまり、インターバル撮影した場合は、前後のコマをよく観察することで人工衛星かどうかは大体確認できる。2のパターンのように、並走しているということでも、判別できますね。違和感を感じたらよく確認をしてみることが必要ですね。

 

うーむ。

しぶんぎ座流星群、トータルで見ると、新年から、流星が良く見えたので良しとします。

しかし、写らなかったなぁ…無念の反省。

 

ではまた。

 

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村


星景写真ランキング

 

星景サルベージその79 光を求める者

さて。

新年になって、さっそくしぶんぎ座流星群は撮りに行ってきたので、一筆書かないといけないのですが、とりあえず、昨年のサルベージが残っていましてね。

それからまずやっつけておきましょう。

 

ちなみに、初詣のおみくじは、「吉」でして、技芸の項目は、一から見直せ、でした。…なんとなく思ってはいたけど、身もふたもない。

今年は、写真もゼロベースで見直す年にしないといけないですね。

 

というわけで、新年一発目のサルベージです。

 

光を求める者

f:id:shironagassu:20200106231903j:plain

PENTAX KP レンズ HD DA☆11-18mm アストロズーム 焦点距離14mm

ISO4000 SS30秒 F2.8  ほぼ固定撮影

2019.9.2 高知県香南市にて

 

南西に傾きつつある夏の天の川。

天の川を挟むような明るい星は、下が木星、上が土星です。

流木の枝が、夏の天の川とその2つの星に向けて伸びるように、構図を決めました。

暗闇から光を求めるような、擬人化。

右側には、市街地の光があり、雲を照らしてくれているのも、写真にアクセントをのせてくれました。

 

残暑の中、センサーに対して、まだ厳しい暑さが残るころ。ノイズの状況を見て、ISOは4000でギリギリいっぱい。

さらに、Lrのディテール強化をかけて、まずノイズ状況を一段改善しておいて、そこにDfine2をかけて、ディテールを残しつつノイズを低減しています。

その上で、プリント出力時には、少しノイズを載せなおして、見た目の解像感を増しています。

 

実は、ほぼ同じシチュエーションを、一昨年にも撮っていたのですが、ノイズ処理がうまくできず、モノにできなかったという苦い思い出。

一年越しで、ノイズもコントロールして撮影できました。

 

その結果、前回の記事でも言及しましたが、地元紙のフォトコンで、佳作をいただいた一枚。ありがたい。一回り進んだのは間違いない。

の、だが、しかし、紙面掲載される金銀銅賞までには、一歩届かない。

金1、銀2、銅2の5作品+佳作10作というシステムですね、多分。

だから、5作品のうちに入らないと紙面に載らないのですが、そこまでいきつかない。今まで、このフォトコンは佳作が3作。

超えがたき壁。

うーん、作風が暗すぎるかなぁ…。暗いトーンの中で表現はしているとは思うのですが、まあ、客観的にみると暗い(笑)

 

今年は、なるべく、作品で何が言いたいのかが伝わるように、鑑賞者を意識した作製を心がけていこうと思います。

でも、私が言いたいことと、鑑賞者が鑑賞者の視点から見て何を感じるかは、違うんですよね。そこはコントロールできないし、すべきではない。意味の自由な読み込みを許す多義性こそ、写真というメディウムの特性だろうと思います。

自由の余地を残すことも必要かもしれません。

 

というわけで、サルベージでした。

ではまた。

 

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村


星景写真ランキング

 

2020年の星景構想メモ

あけましておめでとうございます。

2020年も、色々と撮っていかないといけません。まずは一年、無事に撮れることを願っておきましょう。 

 

とりあえず、今年、星景を撮るのによさそうなタイミングを自分用にメモしておきます。

 

まだどうなるか、確たることは決めてないけど、少なくとも写真論関係のエントリーは別の媒体に移そうかな、と構想してみたり、書評も連れて行くかもしれない。

と、新年の抱負…でもないな、何かしらの未来予想。さて…。

f:id:shironagassu:20191230005730j:plain

 

2020年の星景トピックス

1/4(土)しぶんぎ座流星群

今年は夜半過ぎから月もなく良い条件です。極大時間は1/4の17:00とのことなので、1/3-4の夜中から明け方か、1/4月はあるけれども、宵のうちか。

 

2月、3月の明け方に惑星が集合

特に3/20(金)春分の日の明け方、木星、火星、土星が接近し、月も。

月は4:02の出、日の出は6:09です。

 

4/28(火)金星最大光度-4.5等

夕方の空に金星が明るく輝いて見えるはず。18:46日の入りですので、その後1時間くらいは楽しめるかと。

 

5/22(金)水星と木星が夕方に接近

日没がだいたい19時、そこから1時間ほどは西の空で、楽しめるはず。

 

6/21(日)部分日食

高知では、16:04に始まり、17:11が最大、18:11に終わり。写真に撮るのは太陽撮影用の減光フィルターがいるので、むずかしいかもしれませんが、見て楽しむ分には。

日曜なのも好都合ですね。

 

7/12(日)金星とヒアデスの接近

明け方3時ごろに、金星とヒアデス星団(おうし座が接近)。日の出はほぼ5時ごろ。

ヒアデスと金星の昇り際を捉えると、いい星景が撮れるかもしれない。要チェック。

 

8/12(水)ペルセウス座流星群

ペルセウス座流星群が12日の22時ごろ極大を迎える。極大の時間は最高。

月は、夜半頃から出てくる形ですね。さて…。ベストは12日の21時ごろから明け方にかけてか。平日なのがつらいが、…。夏の有休を取るかな(笑)

撮らねば。

 

9/25(金)月と惑星の集合

惑星の集合は、ある程度、日程的余裕をもって見えますが、とりかえず25日20時頃ということで、月と、土星木星、火星が南の空に揃います。

何と取るかなぁ…。ふーむ…。この時期は…。あの花が咲くころだな…??ん。

 

10/6(火)火星が準大接近

2018年7月31日に大接近をした火星が、2年2ヶ月を経て、また地球に接近。

内側から地球が火星に追い付く形ですね。

-2.6等の光度。ペガススの四辺形の東側に見えるはずです。

しばらく明るく見やすい状態が続きます。

 

11/30(月)半影月食

2020年は、半影月食が4回おこり、そのうち3回は、日本でも観測可能。残りの2回は、1/11と6/6です。11/30は、17-20時くらいに見てみると月がいつもより暗いはず。

写真だと撮れるかな肉眼だとどうでしょうね。望遠鏡や、双眼鏡がほしいかもしれませんね。

 

12/14(月)ふたご座流星群

14日(月)9時に極大を迎えるふたご座流星群。15日が新月のため、観測条件としては良いですね。晴れれば、良い天体ショーになるでしょう。楽しみです。

天気によって12-13、13-14、14-15の3晩のうちで出ることになるでしょう。12-13が土日の晩なので、楽ではありますがね。しかし、場合によっては、エクストリーム出勤も辞さない構え。

 

と。月ごとの天文トピックス・メモ。

 

この本を参考にしつつ、書きました。他にもいろいろな情報があるので、ぜひ、お手元に。

 

ではまた。

さて、少しずつ撮っていきますか。

今年もよろしくお願いします。

 

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村


星景写真ランキング