シロナガス/星景写真と科学本のブログ

受信者としてのサイエンスブログ。高知県内の星景写真、スタータイムラプスと、ポピュラーサイエンス/サイエンスノンフィクション(一般向け科学書)の書評。PENTAXで撮影しています。

Lightroom「ディテールの強化」試験運用の件

うーむ。

一日千秋の思いで、待っております。しかし、千秋とはいったものの、千秋どころか日々があっという間に過ぎていく。もうすぐです。

 

と、それはそれとして。

先日、Lightroomに気になる機能が実装されたんですよね。

「ディテールの強化」

公式の説明によると…

Camera Raw、Lightroom Classic、Lightroom CCに搭載された新機能「ディテールの強化」は、デモザイク処理に新しいアプローチを採用することで、微細なディテールの処理を改善し、偽色やジッパーノイズのような問題を解決するものです。ディテールの強化は、膨大なデータを学習させた畳み込みニューラルネットワーク(CNN)を用いた機械学習により、重要な画像に最先端技術を活用したクオリティを付与します。

 とのこと。ディープラーニング技術ですね。良いね。

 

blogs.adobe.com

 

うーむ。星景写真は、低照度でのノイズと、常にたたかいを強いられる分野でもある。この機能が効果的なら、選択肢が増えてがぜん助かるのだが…。

 

そこで、実験には、どの写真が良いか、色々考えてたんですが、前に、熱帯夜でISO6400という全力を出した所、センサーの温度上昇により、輝度ノイズがもりもり出て、回復できなかった思い出の一枚を「ディテールの強化」してみることにしました。

 

shironagassu.hatenablog.com

ちなみに、真夏のノイズに関することの顛末はこの記事に詳しい。これを機に真夏のISO6400はヤバいということに気づいた奴。

 

漂流者【Rebooted】

f:id:shironagassu:20190220213738j:plain

f:id:shironagassu:20190220213625j:plain

上が、通常、下が強化。

手順としては、Lightroomで、RAWファイルに対して、右クリックするとメニューの中に「ディテールの強化」が出てきます。

Windows10の何かしらの機能を使うようで、Windowsを最新にしとかないといけなかった。

あと、強化の際の読み込みにネット通信をしている感じで、YouTube見ながら作業してたら、うちのナロー的光回線では、読み込みから先に進まなかった。

外部に計算を依存している??

 

うーむ。まあ、ともかく、効果はどうでしょう。

んー……、これは…いや…うむ、悪くない気がしますよ。

 

拡大してみてみましょう。

f:id:shironagassu:20190220214023j:plain

f:id:shironagassu:20190220213952j:plain

等倍切り出し。

同じく上が通常、下が強化。

 

こう見ると、明らかに輝度ノイズ(黒いギザギザしたノイズ)が減っていますね。

うーむ…。

悪くないぞ。いや、行けるぞ。

この状態で、プリントかけたら、かなり違うかもしれない。

 

上のAdobe公式のページでは、

ディテールの強化は、以下のタイプの画像においてその効力を最大に発揮します:
大きく印刷または表示したい写真
ノイズが多く含まれる画像
微細なディテールを多く含む画像

ということらしい。

どういう仕組みで、強化しているのかも詳しく書いてくれているので、一読してみると良いかもしれません。それはそれで、技術的読み物として面白い。

 

特に、私の環境(星景メイン)ではこのノイズ対策として、使えそうな感触ですね…。

ただ、いくつか他の画像でも試してみたんですが、目に見えて効果がある奴と、ない奴がある。たまに妙な線が入ってダメなのもある。あと全部、青みが増すという副作用もある。なぜだ??ま、まあ、いいか。なぜかはわからないが。まあ、万能ではないということ。(今後色々試してみます)

ぶっちゃけ、青くなっても、星景写真ならそれほど問題はない。青くても良い(笑)

 

いざという時の選択肢の一手として、この「ディテールの強化」、使わせてもらおう。

しかし、ますますAdobe帝国から離れられなくなるな。

…うーむ。

いやー、しょうがない。

あるものは使うとしましょう。

良い機能を実装してくれましたね。選択肢が増えた。素直に喜んでおこう(笑)

 

よし…ではまた!

 

そして、…次の更新はおそらく、もう、あいつが来る….。

STAY TUNED...!!!

 

※もう一枚追加

今度はK-50で真夏に撮影したもの。

f:id:shironagassu:20190221214208j:plain

入り江に眠る船を。

うーん。これも元はかなり輝度ノイズが乗っていたのだが、だいぶ回復した。

つまり、一枚高感度で攻めたの撮っといて、ディテール強化するというのは、選択肢にしてもいいかもしれない。

まあ、しかし、無駄にISO上げなくていいならそれがベストではあるけれど。

ただ、副作用で、もれなく青みがかる

それはなぜかわからない。うん。

 

ブログランキングに参加しています。

クリックいただくと、…特に何もありませんけど、管理人が喜びます。

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村


星景写真ランキング

 

宙に散る花(兼【書評】ファースト・マン 上/下)

うーむ。

よしよし。

一日、一日と2/22が近づいてくる。

 

静かにカウントダウンだな。

 

というわけで、通常更新です。今回は書評も兼ねています。

 

宙に散る花

f:id:shironagassu:20190213215202j:plain

PENTAX KP レンズ   smc DA 35mm 焦点距離35mm

ISO2500 SS20秒 F2.4 アストロトレーサー使用 

2019.2.1 高知県室戸市にて

 

今年は、非常に早く県内の河津桜が咲いていまして、これは2月1日の撮影、なので開花自体は1月だったようです。先日佐川の牧野公園に行った時もすでに咲いていました。

これは桜にフォーカスをあわせ、星をアウトフォーカスにすることで、花びらが夜空に舞うような雰囲気にしてみました。中央右下の白っぽい星がおそらくカペラではないだろうかと思います。

 

ファースト・マン

いや、映画が公開になったのを期に「ファースト・マン」を読んだのですが…。

人類で最初に、月に降り立ったニール・アームストロングの伝記ですね。アポロ11号の打ち上げは1969年7月。うーむ、今年で50年なんですね。

 

この本は、「ファースト・マン」という神話的なタイトル(おそらくはキリスト教的な最初の人類アダムが念頭にある)をあえて採用しているのですが、中身は、等身大の一人の人間としてのニール・アームストロングを描くことに徹しているという印象。ファースト・マンと世間から称された裏側で、人間アームストロングがどういう生き方をしたのか、に焦点を当てていきます。そこに、いい意味での読者への裏切りがある。著者は、歴史学の教授で、あくまで歴史を記録するというスタンスを崩していない。その地に足をつけたスタイルが本書の大きな魅力になっています。

2012年に亡くなったアームストロングの晩年の姿も、丁寧に取材されています。「ファースト・マン」として世界中からの称賛の中で人生を過ごしたアームストロングですが、個人としては、あくまでおごらず、生涯を一人の工学人・メカニックとして歩んだ、といえるのだろうと思います。

 

本書の終わりのちょっとしたエピソードの描写が、非常に深い読後感を与えていて、とても素晴らしいので、上・下2冊の厚い本ですが、そこを読むために、通してぜひ読んでもらいたい…。グッとくると思います。

映画もみておきたいな。

 

アポロ11号のクルーが月に残してきた碑文には、「われら全人類のために平和裡に来たり」、と記されているそうです。

月を目指すプロジェクトは、アメリカとソ連の競争という側面は多分にあったと思うのですが、それでも、人類が文明を築いて以来の一つの到達点として、未踏の地であった月というもう一つの天体へ同胞を送ったということが非常に重要だろうと思います。

大きな予算がいる宇宙探査などの科学的なビッグプロジェクトにどのように予算をつけていくのか、というのは今も、これからも大きな課題だろう(プロジェクトの難易度が上がるほど、課題としての比重を増していくだろう)と思います。

本書の最後の方でも触れられていますが、科学の振興は、民間に任せる(ビジネス的スキーム)だけで進むものでもないですし、公が関わるとなるとそれは税金の使い道ということになります。その時に、いくら意を尽くしてその意義を啓蒙しようとも、経済格差と分断が広がる社会では、民意の合意をとりつけることは困難になるでしょう。どこに予算を使うかという時に、宇宙探査より、明日の暮らしを何とかしてほしいといわれれば、それはその通りとしか言いようがない。

人類が、今以上に科学の発展に進んでいくことは、まずは前提として、より格差の少ない社会を追求していくことなくしては、見通せない。そして、また格差のない社会、いいかえれば、次世代に等しく教育を受ける権利が保障され、その後も一人の人間としての可能性が最大限に汲みつくされるような社会をつくることで、科学の水準が全体として上がっていくのだろうと思います。

そういう意味では、現在の世界は、まだ随分、人類の可能性を持て余していますね。

人類が月に到達した後の50年で、科学の地平は少しずつ広がってきたと思いますが、人類にはもっと可能性があるのではないかというのが率直な思いです。

 

しかし、この本を読んでいると、月に行くということは、それこそ人類にとって「大きな跳躍」だったと思うんですが、それにしても、同僚の宇宙飛行士が亡くなる確率が非常に高い。本当に命がけの仕事ですね。地上の作業中や、航空機での訓練中に、打ち上げや着陸時の不意のアクシデントで亡くなってしまう。過酷。

そんな宇宙飛行士の魂への安息の祈りも、写真の題名に込めて。

 

冬のさなかに咲き散りゆく桜も、冷たい宇宙の中でひと時生まれ出でた人類も、同じように儚いし、同じくらいに強い、というふうに思います。

 

ではまた。

 

追記

そうそう。なぜかここにきて、PENTAXが、KPのカスタムパーツを世に送り出す計画が検討段階に入っているぽい。

一年前に、社内デザイナーさんがカスタマイズしたのを公開したのがきっかけですね。

あれを見て、カスタムグリップをつくったのでした。

カメラを持った時に楽しいのかどうかというのは、非常に大切な価値だと思います。あえて、こういう部分に突っ込むところは、素晴らしい。

 

shironagassu.hatenablog.com

shironagassu.hatenablog.com

shironagassu.hatenablog.com

 

ブログランキングに参加しています。

クリックいただくと、…特に何もありませんけど、管理人が喜びます。

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村


星景写真ランキング

 

早春のベガに出会う

うむ。

寒暖差が激しい。

昨日は、完全に春の陽気だったのですが、今日は、どうにも寒い。

今日は、西の空に細い月がきれいでしたが、どうもこれから雲が出るような予報。

うむ。しょうがない。

しかし、梅はもうチラホラ咲いています。撮りにいかねば…ならない…。

明日明後日あたりで晴れるだろうか、どうだろうか…。

待つしかない。

 

というわけで、先日とってきたものの中から、ベガを一枚。

【目次】

 

早春のベガに出会う

f:id:shironagassu:20190208192810j:plain

PENTAX KP レンズ  HD DA 15mm Limited  焦点距離15mm

ISO4000 SS30秒 F4 アストロトレーサー使用 

2019.2.2 高知県室戸市にて

 

この時期は明け方になるともう夏の星座であること座のベガが、昇ってきます。

2時くらいには出てくるようですが、これは、だいたい4時前ごろの空。

北東を向いています。

ポツンとひときわ明るく光る青白い星には、凛とした存在感があります。

夏にみるベガとはまた趣が違う。この春先のベガはかなりお気に入りの星ですね。

 

f:id:shironagassu:20190208193327j:plain

星座線をひいたものも。

こと座は、小さい星座ではありますが、平行四辺形の4つの星が並んでいて、端正ですね。

この4つの星を、どうやらマナイタに見立てた星名がいくつか伝わっているようです。ウリキリマナイタ(瓜切り俎・香川県丸亀市本島に伝わる)という名も。

瓜というからには、やはり夏の星座ということでしょうね。俳句で、瓜は夏の季語になるそうですから。

 

先日の室戸岬は朝まで撮ったのでいろいろとあります。また機会をみて出していこうと思います。

 

デモクラティック写真論序説

と、こっからは余談です。アクが強いので、癖になる味(婉曲表現)が好きな方にお勧めです。

 

このところ、「写真の民主主義とは何か」を少し深く考えています。もともとは、本来の文脈の政治における民主主義について、深く考えなければならない事情もありいろいろ考えていたのが、写真論にも派生しました。ちょっとフィードバックをして、序説として今の問題意識をまとめておこうと思います。

 

いや、佐々木基一にしても、スーザン・ソンタグにしても、写真のデモクラシー(民主主義)という文脈に言及をするときに、主に撮る側の民主主義、つまり、誰でも特殊な訓練なしで撮れること=訓練を重ねたプロと未訓練の素人の写真に本質的差異がない、という点に、写真の民主主義的な性格を見ているように思います。

 

しかし、写真がデジタル化し、特に柔軟な編集が誰にも可能になる中で、逆に撮ったあとの写真に、デジタル的な装飾を施すことがかなり増えてきているのではないでしょうか(ポストプロセッシング)。となると、そこには、やはりなんらかの技術の習得(フォトショップなどの技能)が必要になる。

そして、本当にあまねく多くの人に写真(映像)を生み出す機会が浸透した結果、逆に、誰もが撮れるものに価値が見いだされなくなってしまった(しかし、私はだからこそある人が自らの日常を撮るということに意味があると思うのですが、それはまた別の話)、何かその写真に特別なものがなければ、価値が見いだされない傾向も強くなっているように思います。

こういう状況を勘案すると、撮ることをもとにした民主主義の意味は薄まりつつあるのではないか。言い換えるならば、誰もが撮影者として同権である状態、つまり撮る者としてプロもアマチュアも高度な技術習得者も素人も等価であるという状況は、薄れつつあるのではないか。

そこにデモクラシーの根拠を見るのは難しくなっているのではないか、と。

 

であるならば、どこに写真のデモクラシーを見るべきか。

今、ソーシャルメディアにおいて、写真を見ない日はありません。本当に無数の写真が撮られ、展示されて、消えていく。

ソーシャルメディアというのは、個人を単位とした双方向的な結びつきです。そこでは、写真を撮る者でありながら、同時に写真を見る者(鑑賞者)としての側面も立ち現れざるを得ません。

この鑑賞者としての側面から、写真の民主主義を考えてみるべきなのではないか。というのが今日の問題提起です。

 

写真がコミュニケーションの手段である以上、つまり、何かを伝えるために撮られ、何かを伝えていくものとして写真を捉えるならば、そこには必ず撮影者と同時に鑑賞者がいるということになります。その写真を他の誰にも見せないという場合も、自分が鑑賞者の立場となってその写真に向き合うということになる。そういう意味で写真には、撮影者ー鑑賞者の関係が必ず発生するのではないか。

そして、そうであるならば、「この写真は美しい」といったときに、この鑑賞者が、鑑賞することによって、美しさを生み出した、といえるのではないか。撮影者が、撮ったことによって美しさ(芸術的価値)をつくったのではなく、鑑賞者が見たというその行為によって美しさが生まれた、と、ラディカルに主張しても良いのではないか。

 

そして、何を美しい(あるいはマイナス座標の芸術的価値として醜い)と感じるかは、鑑賞者によって多種多様ですが、そう考えると、まさに写真(映像)を見るという行為においては、鑑賞者は互いに同権であるといってよいでしょう。

そこに、撮影者側の視点からは見えなかった、もう一段深いデモクラティックな写真の本質が見える、のではないか。

 

鑑賞者は、写真を見ることによって、美しさをつくりだす。そのことを敷衍すれば、撮影者ー鑑賞者のコミュニケーション関係において、撮影者が何をどう撮影するかということを、撮影者の独立した主観ではなく、鑑賞者との相互作用としてとらえることも可能であるようにも思えます。鑑賞が撮影に、メタ的な影響を及ぼし、むしろ規定していく。

 

つまり、観賞こそが、写真の民主主義の力の本質であり、撮影はそこに付随する上部構造ではないのか。

本来の民主主義の文脈に引き戻して政治として例えるならば、鑑賞者こそが市民であり、撮影者は政治家(議員)のような存在であるといえなくはないだろうか。この時、市民も政治家になれるという意味で、鑑賞者は撮影者にもなれるといえてしまう。

そして、その時にどちらがより本質的な力(権力としてのパワー)の根源かといえば、政治家ではなく市民であるのは自明です。ということは、写真にもう一度話を戻せば、写真の価値を作り出したのは、撮影者ではなく鑑賞者ということになる。

そのようなものとして、鑑賞者ー撮影者の関係を捉えなおすことで、写真のデモクラティックな側面をこれまでとは反対側から見通すことができるのではないか。となればあまりにラディカルですが、鑑賞することこそが写真を生み出す、とまで言ってしまっても良いのではないか。

 

これが、今、私が考えている写真のデモクラシーです。

まだ、荒いデッサンで、細部は、もっと詰めなくてはなりません。が、言いたいことが伝われば幸いです。

鑑賞者から写真の意味を考察するという試みは、ベンヤミンが提示した、複製され展示されることによって生み出される写真芸術の価値=展示的価値という文脈にも通じるのではないかと思えます。この展示的価値の文脈が、このソーシャルメディアの時代に、非常にアクチュアルな意味をもって立ち現れてきている。(と、言い切っていいのかはわからないのですが)。

少しこれから、集中してベンヤミンも深めてみたいと思います。

 

と。今日は、がっつりと写真論を語っておきました。

いやあ。やばいぞ。

 

早く私に11-18mmを渡さないとこの調子でわけのわからないことを、発信し続けることになる。あと2週間ほど。耐えねば。

今日あたりから、公式で買ったレンズは一部先行出荷されてモニターされるらしい。うーむ。良いなあ。何か追加情報が出てくるだろうか。楽しみです。

 

では、また。

写真論の無茶振りにもまたお付き合いください。いやだといってもまた語ります(良い笑顔)。

 

ブログランキングに参加しています。

クリックいただくと、…特に何もありませんけど、管理人が喜びます。

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村


星景写真ランキング

 

もう天の川(中心部)が昇ってきた件

さて、というわけで、11-18予約開始されました。大変にめでたい。

www.ricoh-imaging.co.jp

 

 

【目次】

 

後は心緩やかに待つのみでございます。

予約した後みると、フィルター付きとか3年保証とか特典ついてるのがちょこちょこあって困るな。

今回は、KPを買ったときにお世話になった大阪のY店にお願いしておきました。

www.yaotomi.co.jp

予約してしまって、心も緩やかですが、財布の紐が最高に緩やかになったことによって、現在、社会人としてあるまじき所持金と化しております。久々に水しか飲めない状況に追い込まれました。保護フィルターを買えなかったのでしばらくソフトフィルターが保護フィルター替わりです。

まあ、いいってことよ。

 

室戸へ 

それはそれで、来るまでは通常業務で、星を撮り続けています。

この前は、ちょっと東の方に足を延ばしまして、室戸で撮影をしていました。

私、山側の方にあまり、行かないのですが、撮影に行った範囲では室戸の暗さは、高知県内でもトップレベルですね、さらにその東、東洋町もすごかったですが…。空の明るさ調査も室戸も入れたかったんですが、21時までに現場に着けずうまくいかず。

2/8まで調査期間。下のサイトで、現在の状況が見えますが、高知は中心部にいくつかと西に一つ、東に一つ。ですね。もう少しチャンスがあれば加えたいと思います…。私を含め何人か参加しているようですね。

加えるならどこが良いかなぁ…?

hoshizora-kansatsu.astroarts.co.jp

 

と。

室戸は、私の感覚としても遠いので、せっかく行ったら撮り切ってしまいたいということになりまして、夜が明けるまで撮ってしまいました。

6時間ほどガムを噛み続けたことで、眠くはなりませんでしたが、顎がやばい。こめかみの辺りが筋肉痛というよくわからない状況になっています。

 

しかも、偶然というか、なんというか、実は、細い月の出を待っていたんですが、この時期、銀河中心部、いわゆる夏の天の川が昇ってくるんですね。想定してなかったのだが、そういえばそうだった。

 

これは、昨年の記事。

shironagassu.hatenablog.com

 この時は新月期が2月中旬付近だったようですね。

 

ああ、というわけで、今年も初物の天の川銀河を撮ることができましたので、更新をしておきましょう。

 

天の川銀河

f:id:shironagassu:20190203191605j:plain

PENTAX KP レンズ  HD DA 15mm Limited  焦点距離15mm

ISO6400 SS40秒 F4 アストロトレーサー使用 

2019.2.2 高知県室戸市にて

 

4時頃、オリオンが西の空に沈み、さそり座が昇り始めてしばらくすると、ぼんやりとした淡い構造が、写真に写り始めます。

いや、最初、こちらも天の川だと思ってなくて、ちょっと何かもやもやした変なのが写るなくらいの認識で撮っていました。

が、そこは室戸岬、肉眼でもだんだん見えてきまして、途中から、おお、そうか、もう、そんな季節か、天の川かということを思い出して、ちゃんと撮っておきました(笑)

そういう意味では水平線上に少し雲がありましたが、総じて良く晴れていてよかった。

 

明るい星は、右からオレンジのさそり座・アンタレス木星、金星ですね。さそり座は頭を上にしてまさに這い出してきたように見えますね。

 

木星と金星は、磯の水たまりにリフレクションしています。

 

この銀河中心部、シーズンはまだちょっと先ですが、この銀河の星はすべて、地球も太陽系も含め、この中心部に引かれながら回っていると思うと不思議な気分になりますね。

 

11-18mmが来たらまた撮ってみたい。3月なら2時間早くなって2時ごろでしょうかね。

2時ごろというのは中途半端で逆にしんどいですが。

いや、今回みたいな徹夜もなかなかしんどい(笑)

本当は、ある程度で満足して帰るという判断をしないといけないのですが、極まって撮り切ってしまうからいけない。

まあ、無事に帰ってこれたので良しとしましょう。

 

そして1月の星撮影が記録によると6回。それに加えて星空の暗さ撮影にも出たので、なんだかんだで10回近く出ている。このペースはもたないのでスローダウンしないと…。

たぶん、4月と7月が仕事が最高に忙しくなりますので、ペースは必然的にスローになる…と思うとそれまでに撮っとかないという謎の義務感が出てくるので、程よく頑張りたいと思います。

 

前回も書きましたが、何事も、ちょうど良いというのが大事ですね。

 

ブログランキングに参加しています。

クリックいただくと、…特に何もありませんけど、管理人が喜びます。

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村


星景写真ランキング