シロナガス/星景写真と科学本のブログ

「暮らしの中の星空」=星景写真+サイエンスノンフィクション書評。PENTAX使い。

真実に向かおうとする意志とK-3 MarkⅢの話

ふーむ。

今日は、別のことを書こうと思っていたんですが、…ちょっと、PENTAX K-3 MarkⅢのことについて、書いておこうかと思い立ちまして。

 

f:id:shironagassu:20210301190005j:plain

とりあえず、サムネイル用に、星の写真を貼っておきます。

 

K-3 MarkⅢ

昨日まで、CP+2021が開かれておりまして、去年は全面中止になってしまったんですけど、今年は、オンライン開催ということで、いくつか、動画を見ることが出来ました。

 

PENTAXは、FA LimitedのHDコーティング化や、K-1ⅡのJ limited化=J limited 01など割と話題があった気はしますね。

www.yaotomi.co.jp

J limited 01については、もう準公式と化した、八百富写真機店さんのブログが詳しい。むしろ、公式より詳しい。

今回は、4色展開するらしく、トップカバーが2枚付属し、1枚は真鍮からの削りだしというこだわりよう…。

KP J limitedは好評のうちに、生産終了していまして、こちらのK-1Ⅱベースの01も刺さる人には刺さるでしょう。

会社としては、製品寿命を伸ばすマーケティング的なこともあるんでしょうが、それはそれとして、製作チームが、全力で遊んでいる感じは、やはり素晴らしい。本当に、面白がってやっているなというのが伝わってきます。

CP+2021でも配信があったんですが、私見れてないんですけど、このJ limitedチームのものはアーカイブされないらしい。なるほど、アーカイブに残せるようなおとなしいものではなかったんでしょう(笑)いつものことではある。

 

とそれは、それとして、今日はやはりK-3 MarKⅢのことを話しておきたい。


K-3 Mark IIIのご紹介

 

こちらは、すでに、公開されています。企画担当の若代さんによる、K-3 MarkⅢの紹介動画。

うむうむ。私、実のところ、結構このK-3 MarkⅢについては、スルーしようかと思っていたんですけどね…色々見ていると興味がわいてきてしまった…。

 

K-3 MarkⅢは、本当は、このCP+の時期には発売している予定でしたが、詳しくは分かりませんが、諸事情で発売が延期されています。

news.ricoh-imaging.co.jp

K-3Ⅱから待ち続けている勢に対しては、あまりに酷な仕打ち。早く出してあげてもらいたい。私は、今回は、発売日ゲットしようとは考えてないので、あれなんですけど、いやー、本当に11-18mmの時は、待たされた待たされた。あれは、いやー、待ったなと。あれを体験しているので、気持ちはよくわかる。早く出して差し上げて…ほんと…もう…。

 

で、話を戻すと、私、K-3 MarkⅢに俄然興味がわいてきておりまして、今、心境的には、これに向けて貯金していこうということになってしまっています。

ジョジョの奇妙な冒険第5部に「今にも落ちてきそうな空の下で」という名エピソードがあるんですけど、そこに出てくるセリフがまさに今の私の心境にぴったり。

「そうだな・・・ わたしは『結果』だけを求めてはいない。
 『結果』だけを求めていると、人は近道をしたがるものだ・・・
 近道した時『真実』を見失うかもしれない。やる気もしだいに失せていく。
 大切なのは『真実に向かおうとする意志』だと思っている。
 向かおうとする意志さえあれば、たとえ今回は犯人が逃げたとしても、
 いつかはたどり着くだろう?向かっているわけだからな・・・違うかい?」

向かおうとする意志さえあれば、いつかはたどり着く…。

 

というのも、このK-3 MarkⅢ、以前、動画で社長が表明した限りでは、20万円台後半の価格になるとのことらしく、高い。

普通に、フルサイズ一眼レフのK-1Ⅱよりも高い。何なんだ一体。

「それなら、フルサイズ買った方がいいじゃない。」

確かに、そう思っていました。

だから、次のボディ更新はK-1Ⅱなのかなと漠然と思ってきたのですが…。

 

でも、ずっとひっかかっていたのは、11-18mmというレンズを軸に星景写真をとっていきたいということなんですよね。

shironagassu.hatenablog.com

星景用としては、PENTAX光学系の一つの到達点だろうな、と。やはり、このレンズがAPS-C用である以上、できることならPENTAXAPS-Cシステムで行きたいという気持ちが、くすぶっていました。

今回、改めてそれが、また静かに燃え始めたという形…。

 

本当は、このK-3 MarkⅢはファインダーに注力していて、星景のようにモニターメインで撮るカメラではない…のかもしれない。

しかも、モニターは可動しないので、星へのピント合わせという意味では、少し億劫にもなる…。

加えて、GPSを内蔵しないので、単体ではアストロトレーサーはできない。KPと同じようにO-GPS-1が必要(K-3Ⅱは単体でアストロトレーサーできる)。

と、そういう諸々の条件は、星景メインの私には、ジャストフィットというわけではないんですよね。

 

さらに、先日、「アストロトレーサーに対応しない」というヤバい情報が流れて、かなり憂慮していました。

結果からいうと、誤情報だったようで、中の人に、しっかり対応している旨を教えてもらいました。

この点は、ヨシ。

 

K-3 MarkⅢが、アストロトレーサーに対応してなかったら、アイデンティティを失うところでした(笑)

危ない。

 

ここで、ちょっと話を、横にそらして、回り道しましょう。なぜ私が星を撮るのか。

 

星景写真を撮り続ける意味

私が星を撮るのは、なぜだろう、というのを、昨年、コロナ渦の中でよく考えた一年になりました。

ひとつは、人の暮らしと自然との関わりを、強く内包したテーマだから、ということ。

そして、もうひとつは、より実際的な理由ですが、実のところ、私のライフサイクルの中で、今、自由になるのは、子守りしなくて良い夜中くらいしかない、ということ。

この2点ですね。

 

後者の方が、超えられない壁になっていまして、昼間写真を撮る時間はほとんどないんですね。なので、夜中から明け方にかけて撮るしかない。

これは私のライフサイクルを考えると、もうしばらくは、このままだろうなと。少なくとも10年くらいは、こういうスタイルが続くでしょう。

なので、どうしても、星景写真がメインにならざるをえない。で、テーマとしても、暮らしと自然との関わりという私の関心が強い部分に重なってもいて、物理的に規定されてもいるし、テーマとしてもしっくりきているということなのです。

なので、メインは、星景でいく、と。

 

で、そうなると、PENTAXアストロトレーサーが、非常に重要な比重を帯びてきます。

カメラと小さなGPSユニットさえあれば星を追尾するという機能。もっと広まればいいのにと思いながら、使っていますが、大変便利です。

なので、カメラはPENTAXが良い。

 

そして、11-18mmというレンズ

このレンズ、2019年の2月に発売されて、丸2年使ってきました。ようやく、使いこなせるようになってきたかなと思い始めていますが、使えば使うほど、星景写真用として、最適な機能性と光学系が詰め込まれているなと感じています。

いやー、このレンズを100%フルスペックで使い星景を撮りたい

この思いが、どうしてもぬぐえない。

ならば、カメラはAPS-Cが良い…と。

 

普通に考えれば、APS-Cの方がフルサイズより安くて、矛盾をきたさないはずなんです。なのですが、今回のK-3 MarkⅢは、まだ正式な値段が出てないとはいえ、おそらくK-1Ⅱの新品価格より高くなりそうなのは間違いない。

ここで、頭を抱えるわけです。明らかな矛盾。

フルサイズの方が、星景という必ず三脚に据えて撮るシステムには向いている。

 

しかし、今回公開された動画では、K-3 MarkⅢの高感度性能の一端が示されているんですが、K-1Ⅱを凌駕してきているんですよね。それも、明らかに。

いや、APS-Cなのに?という。

実際、センサーも新しい方が、ノイズにも強いんでしょうけど、新開発したというアクセラレータユニットⅡも効果を発揮するのでしょう。いや、K-3 MarkⅢの高感度160万は伊達じゃない。

 

これが、天秤をぐらりと傾けてしまいました。

いや、APS-Cで行けるのならば、APS-Cでいくべきじゃあないのか?と。

あえて、APS-Cを選び、あえて、星景写真を撮る。

そこに、PENTAX DA★11-18mmというレンズがあるというわずかながらの優位性。

私が何かしらを賭けて写真を撮らないといけないとすれば、こここそが賭け所ではないのか、と。

ここで、11-18mmに拘ることで、見えてくるものがあり、撮れるものがあるのではないかと。

それは、被写界深度の深さや、11-18mmの持つ星景向きの機能性など実際的なこともあるんですが、それよりも、より深い部分で、気に入ったレンズで撮り続けるんだという、そういう意志が重要なのかもしれない。

真実に向かおうとする意志。

未だ撮れていない可能態としての一枚の写真を追い求める意志の向う側に、進むべき道があるのではないか。それは、簡単には、たどり着かないかもしれないけれど、向かおうとする意志があれば、いつかはたどり着くのかもしれない。少なくともその可能性を常にはらみ続けて写真行為が続いていく。

そういう意志。

 

写真…別に義務ではないのだから、撮らなくてもいいはずなのに、時間がとれない中、夜中、起きだして撮りに行く。義務ではないし、仕事でもないからこそ、そこに自らの意志が必要になる。

だからこそ、自分に正直に、自分のやりたいことを良く見つめて、それに従って進むしかない。

 

K-3 MarkⅢ。

PENTAXの放つAPS-Cフラッグシップに向けて、進んでみようか。

というのが、今の偽らざる私の意志…。

 

怒らないから、早く値段を出してほしい。

 

発売日ゲットは、絶対にできないと思います。いつかはたどり着く、そういう気持ちで行こうと思います。

 

という、謎の決意。超長期の貯金によってこの気持ちがなえるのか、あるいは逆に強化されるのか…。

まあ、ゆっくりと進んで見ようと思います。

 

ではまた。

天の川の"呼び声"

うむ。

今日は、暖かい。とても、暖かい。むしろ暑い。んですが、先日、2~3日だけグッと冷え込みました。この寒暖の差を繰り返しながら、少しずつ春に向かっていきますね。

そして、その冷え込んだ分、水蒸気的に条件に良い朝に、春に昇る天の川を撮ることができましたので、更新しておきます。

 

うーん。なかなか条件が良かった。

 

呼び声

f:id:shironagassu:20210222200958j:plain

 f:id:shironagassu:20210222201021j:plain

PENTAX KP レンズ HD DA★11-18mm アストロズーム 焦点距離12mm

ISO6400 SS40秒 F2.8 アストロトレーサー、プロソフトンクリア、ほぼ固定撮影

2021.2.20 高知県土佐市にて

 

「呼び声」

それは、いて座の方角からの。

引かれ合うような重力の中。

二重螺旋の連環の果てで。

あの呼び声を聞く。

 

天の川銀河の中心部には、太陽質量の400万倍といわれる大質量ブラックホール「いて座A*」があると言われています。

この銀河で生まれたものが、地球の生命以外にもあるとすれば、それは、この銀河系中心部にいやがおうにも引かれているはず。

この昇る銀河の中心部を見るたびに、けして出会うことのない、同胞の声を聞いたような気になります。

 

ISOを6400まであげ、露光も40秒まで伸ばすことで、手前の岩場を浮かび上がらせて描写しています。プロソフトンクリアを使用。本当にこのフィルターは使いやすい。

いや、しかし、大変、条件の良い夜(夜というよりほぼ朝ですが)に撮れましたね。

良かった良かった。

もう少し夜明けが近づいた時間のものは、まだじわじわ現像を重ねていまして、とりあえずストックしておきたいと思います。

しかし、春の天の川とこの場所というモチーフは、前回、県展に出したものと同じなので、県展用ストックにはならないかな。

何かに使おうと思います。

 

ということで。

ではまた。

 

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村


星景写真ランキング

 

冬と春のはざまで

さて。

少しずつ春が近づきつつあるように思います。

今年は、1月に大寒波が来ましたが、そのあとは、例年より暖かいくらいで、冬の醍醐味のようなものを感じずに春になりそうな気配。

いや、まあ、しかし、大寒波はここ数年で一番の冷え込みで、-5℃よりも大きく下がった(高知市中部では珍しい)ので、その夜に朝まで撮ったということで勘弁願いたい。まあ、確かに、1日だけでしたが、冬を体感したのはしましたかね。

 

ということで、冬と春のはざまに昇る星座たちを撮ったので、更新しておきたいと思います。

 

The boundary between winter and spring―冬と春のはざまで

f:id:shironagassu:20210215183532j:plain

f:id:shironagassu:20210215183625j:plain

PENTAX KP レンズ smc DA10-17mm フィッシュアイズーム 焦点距離10mm

ISO6400 SS50秒 F5.6 アストロトレーサー、Lee No.3使用、ほぼ固定撮影

2021.2.11 高知県須崎市にて


日が変わったころ、1枚目は東を、2枚目は西を向いて撮影をしています。

東から昇るのは、北斗七星からアークトゥルス、スピカを経てからす座に至る、春の大曲線

西へ沈もうとしているのは、冬の一等星6つ(シリウス、リゲル、アルデバラン、カペラ、ポルックスプロキオン)を結んだ冬のダイヤモンド

星空の中でも、とりわけ大きなアステリズム二つが同じ時刻に並存しています。

フィッシュアイズームの広い画角を生かして、写しましたが、さすがに、東と西の対面で同時に撮ることは難しい。

全天球カメラがあれば、一度に撮れるでしょうけども。

↓これが…あれば…。

 

ソフトフィルターのLeeNo.3を後玉付近に張り付けて出目金レンズながらソフト効果を出しています。なので一等星クラスがよく強調されていますね。

f:id:shironagassu:20210215184650j:plain

f:id:shironagassu:20210215184654j:plain

ラインを引いたものも、掲載。

春の大曲線はとにかく広いので、フィッシュアイズーム向きの被写体です。

冬のダイヤモンドはそれよりは少し小さいでしょうか。しかし、おそらく全天のアステリズムの内でもっともラグジュアリーな領域がこの冬のダイヤモンドでしょう。

 

Lightroomのカラーグレーディングを半分寝ながら適用したら、何か、見たことない色味になったんですが、そこから、3割程度戻して、ある程度落ち着かせました。

最初はもっと、真紫のようなえらい濃い色味になっていました(笑)

 

冬の星座は、これから少しずつ早い時間に沈むように。春の星座は、早い時間に昇るようになって、季節が廻っていきますね。

 

ということで、冬と春のはざまでの撮影でした。

ではまた。

 

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村


星景写真ランキング

 

PENTAX KP生産終了に寄せて

ふむふむ。

さて、今日は、いや、今日も、星のことではなく別の話を…。

というのも、表題の通り、私の現在のメインカメラである、PENTAX KPが、生産終了となったようでして、そのことについて、一言触れておきたいなと思いまして…。

 

ricohimagingstore.com

 

メーカーの公式ページを見ますと、在庫切れということになっています。

そして、ツイッターでも公式アカウントで、

という、ツイートが。

発売から約4年、J limitedも含めたKPがすべて、生産終了となったようです。

 

残念ではありますが、いずれは、避けられないこと。

非常に、面白いプロダクトだったな、ということと、やはり、思い入れを持った機種だったので、少しだけ、これを機会にKPについて、書いておきたいと思います。

 

PENTAX KP生産終了に寄せて

f:id:shironagassu:20210208182331j:plain

PENTAX KPは、APS-Cミドル機ということで、ある程度手ごろな値段ながら、高感度性能に極振りしたパラメーターで、私の星景撮影において、撮り方を広げてくれた革新的なデバイスとなりました。

 

shironagassu.hatenablog.com

ここに、星撮影についての使用感はまとめてあります。

 

高感度性能については、APS-Cとしては、やはり、驚異的でして、RAWから丁寧に現像することで、相当に細やかな表現のできるカメラでした。(でした、というか、まだしばらく使うんですが(笑))

ISO感度をどこまで上げるべきか、というのは、試行錯誤しながらでしたが、冬と夏で、気温の影響をかなり受けるということで、この把握に実質的に丸一年を要しました。

夏はやはり、ノイズが厳しくなりますが、それもまあ、8,9月の最も暑い時期に限られるでしょうか。

それ以外の10ヶ月はMAXでISO6400まで上げても行けるという感触で、本当に、撮影時の自由度が増しました。

KPに助けれられて、色々な表現に挑戦することもできました。

 

パンフォーカス星景

shironagassu.hatenablog.com

パンフォーカス星景もそのひとつ。10-17mmフィッシュアイズームと、KPの組み合わせで、一定の形にすることができました。今後とも、探求していきたい撮影方法です。

 

 20分長秒露光

shironagassu.hatenablog.com

20分長秒露光についても、KPの内部のタイマーで、20分までシャッターを伸ばせるということで、かなり、形にすることができました。

KPだけでできるというお手軽さに支えられて、今でも、ここぞという場面で繰り出す技となっております。

最近は、ISO800まで上げることで、暗闇の中から、ディテールを写し出すというかなりの力技にも発展しています。

 

11-18mmとの好相性

あとは、やはり11-18mmとの組み合わせがなかなか、最高でした。

shironagassu.hatenablog.com

これによって、PENTAXAPS-Cの対星景撮影用システムとしては、一つの到達点に達したと思っています。

なので、いや、本当に、もうしばらくは、メイン機で頑張ってもらわねば。お金が貯まるまで(笑)

 

グリップ交換式

そして、なんといっても、このKPの最大の?特徴は、グリップが交換式だったこと。

なので、冒頭に言及した、メーカーによるファクトリーカスタムモデルJ limitedがつくられることにもなりました。

shironagassu.hatenablog.com

なぜか、J limitedを携えて、チームが全国を巡るという全国ツアーも開かれました。

前代未聞。

お隣の県の、高松まで来たので、シレっと行ってきました。

今後もJ limitedとしての製品を出していくということなので、この点は期待しておきたい。

 

あと、メーカーによる公式なカスタムとは別に、いろんな方が自作グリップをつくり始めるという現象も観測。

私も、長雨のたびに、グリップをつくるという謎ムーブを繰り返しました。

 

その点でも、強く思い出に残る機種になったかと。

shironagassu.hatenablog.com

 

PENTAXとしては、この後、APS-C機のフラッグシップ、K-3Ⅲの発売が控えている…はずなのですが、なかなかアナウンスがない。

コロナの影響を受けて、生産段階で、遅れが出ているのかもしれませんが、まあ、そのうち出てくるでしょう。

 

私としては、その出来もみつつ、次のカメラをどうしようかということを少しずつ考えていかないといけません。

しかし、とりあえず、もうしばらくKPは現役で頑張ってもらわないといけません。

 

いったんは、この区切りに、KPへの心からのねぎらいと感謝を。

忘れがたい機種になったと思います。

 

ではまた。

 

追伸 いやいや、まだ市中在庫はあるようですし、J limitedに関しても、今ならまだ最後の受注生産に間に合うようですので、レフ機で行きたいという方はぜひ。