シロナガス/星景写真と科学本のブログ

受信者としてのサイエンスブログ。「暮らしの中の星空」をテーマにした高知県内の星景写真、スタータイムラプスと、ポピュラーサイエンス/サイエンスノンフィクション(一般向け科学書)の書評。PENTAXで撮影しています。

星景サルベージその67 音もなく

うむ。

全然撮りにいけません。

まず、晴れてない。

そして、月齢感覚がなくなってきていますが、今、月が大きいようですね。

これは、ダメだ。

もう、本当に、MPが尽きて、マイナス局面に入りつつある。

完全にやばい。今、自分のステータス画面が見れたら、何かしらのデバフ(弱体化する状態異常)がかかっているはず。継続ダメージとか、気力半減とか。そういうのが…。 

 

と、愚痴っていても始まらないので、サルベージをして場をつないでおきます。

 

音もなく

f:id:shironagassu:20190716202602j:plain

PENTAX KP レンズ   HD DA☆11-18mm アストロズーム 焦点距離11mm

ISO4000 SS30秒 F2.8  約30分を比較明合成

2019.5.8 高知県大豊町にて

 

田作りがされた棚田に、星が影を投げかけて、音もなく自転していく地球の姿を、鏡のように映しだします。

暮らしの中の星空ということでいえば、まさに、やまあいに人々の暮らしがあって、この棚田という景観が維持されているわけで、その上に星が瞬く様子は、テーマに合致するモチーフでもあります。

 

実は、田と星空というモチーフは、以前も、一度撮っていました。

shironagassu.hatenablog.com

この時も、選外でしたが、今回のこれも選外。

うむ。

致し方ない。

 

致し方ないのだが、実のところ、それなりに自信があった一作でもあったんですよね。

うーん。

何が足りなかっただろうか。

反省をしなければ。

 

ひとつは、北極星が入らなかったという点は、それが選考に何かしら影響したかどうかはともかく、後から考えれば、入れるべきではあったなと。

これは11mmの広角いっぱいで撮っていますが、右側を少しトリミングしています。でもその時点でもすでに北極星は入っていませんでした。

実はこれ以上右にカメラをふると、電柱があって、電線ががっつり入ってきてしまうんですよね。なので、この構図がベターだと判断した…のですが、うーん。

この写真ではなるべく電線が目立たないようにしてますが、すでに少し入り込んでいますね。そういう制約があっての構図決めで、その時の判断に悔いはないけれど、本当なら北極星が入ればもっと印象的にはなったでしょうね。

その可能性を、もう少し歩くなりして、探すべきだったかもしれません。

 

あとは、以前も何かの時に言ったかもしれませんが、この時、1時間のインターバルをかけたんですが、ヒーターを巻くのを怠って、30分を経過したあたりで、レンズ前面が曇り、以降のショットは使えなくなったという。

これは痛恨のミスでした。

だから、星の軌跡が30分分しかなく少し短いんですよね。

そういう意味で、確かに、県展用ストックにまで残らなかったわけで、私の中に、若干の納得してなさは残ってはいました。

 

ただ、残った県展用ストックとも、そん色はないと判断して自信をもって送り出したのだったが…。無念。そういう撮る側の色々な事情は差し置いていも、最終的に画像になった一枚としては、なかなか好きな作品にはなったのでよしとしましょうか。

 

評価される/されないは、言ってもしょうがないことではあります。

私の側で、テーマに沿うように仕上げることはできたという意味では,自信をもって推せた一枚ではあった。しかし、そこに技術的な面でも、構図的な面でも、本当はまだもう一段先があったのではないかとも、後知恵では思います。

 

うーむ。

そろそろ県展用も決めないといけません。複数点出すこともできますが、あえて、一枚で勝負をかけるスタイルでいきます。一年に一度くらい、ベストを提案したい。

これは、県展への私の一貫したこだわり。

(注 去年に続き今年がまだ二度目の挑戦です(笑))

 

しかし、もう、全然撮れないので、県展に出す写真は、これまで撮ってきた中から、一枚をほぼ選び込みました。

それが、果たして、何かしら、誰かの心に届きうるものなのかどうか、まあ、あまり気負わず、たおやかに世に問うとしましょう。

 

いや、もしかして、まだ締め切りまでに、今年最高の奴が撮れて、出す写真が入れ替わる可能性もないとは言えない。虎視眈々と狙おう。

でも、もう月も大きいし、ほぼ、可能性はない。あわー。もう、状態異常もついているし、現実的には最高がどうこう以前にリハビリから始めないといけない。

 

ということで、サルベージでした。

ではまた。


 
ブログランキングに参加しています。

クリックいただくと、…特に何もありませんけど、管理人が喜びます。

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村


星景写真ランキング

 

Nik Collection2を導入した話

うむうむ。

雨が降り続きますね。

こういう時は、機材の話をするに限る。

 

と、HDコーティングにリニューアルされた DA10-17mmが本当に出るようです。

予約が開始されています。お値段はやはり6万円弱ほど。

www.ricoh-imaging.co.jp

作例を見るに逆光耐性はかなり向上しているようです。

smc版の最大の弱点であるパープルフリンジについては、拡大してみたところ、やはり端の方の星には出ているように思いますが、魚眼ズームだとしょうがないですかね。とにかく実際のレビューを見てみたい。

また、ひとつ、いずれ欲しいレンズができましたね。

どこかで予算が生まれたら、今持っているsmcコーティング版と買い換えたいが…。しばらくチャンスなさそうな気配ではあります。

 

と、閑話休題

今日は、10-17mmのお話ではなくて、Lr用のプラグインソフトNik Collection2のお話を。

 

Nik Collection2の導入

というわけで、この間、撮りにいけないので、過去作を課金したNik Collection2を使って、現像し直しています。

 

取りあえず見てみてください。

f:id:shironagassu:20190709235802j:plain

これは背後に月があるシチュエーションで、ベガを撮影しています。

疑似C-PL効果のフィルターなどで、空の青さを増しつつ、山並みを明るくして鮮やかに。

 

f:id:shironagassu:20190709235811j:plain

フィルム調の調色。全体に退色したような色合いに現像しています。

 

f:id:shironagassu:20190709235816j:plain

これはブリーチバイパス的に。足摺岬ですね。岬の切り立った壁面を陰影をつけて描写。

 

f:id:shironagassu:20190709235824j:plain

これも月のあるシチュエーションですね。私は、月のある晩もかなり撮りに行くので、Nik Collection2のカラーエフェクトの中に、月明かりというレシピをつくりました。空の青さを増しつつ、地上の明るさを調整しています。

 

f:id:shironagassu:20190709235834j:plain

これはブリーチバイパス的に。月のある夜の風景。

 

f:id:shironagassu:20190709235842j:plain

こちらも背後には月。一番明るい星は木星ですね。さそり座とともに昇る様子を。

 

f:id:shironagassu:20190709235849j:plain

海辺で昇る天の川をフィッシュアイズームで。

 

f:id:shironagassu:20190709235857j:plain

モノクロで。モノクロの星景も今後開拓していきたい分野。

 

f:id:shironagassu:20190709235905j:plain

桜とスピカを主題に。桜のほのかなピンク色を、カラーエフェクトで引き出しています。

 

と、色々な現像を試してみました。

Nik Collection2を導入した最大の理由は、Dfineという独自のノイズ除去アルゴリズムを使いたかったからなんですが、これがなかなか良い。ノイズを消しつつデティールを残すギリギリの塩梅を自動で判読してくれます。強すぎる場合はもちろん手動で弱めることも可能です。

 

そして、Dfine後レタッチ機能を起動して、調色する感じです。

ワークフロー的には、SHARPENERでディテールを出しておいてから、Dfineの順番がよさそうです。

 

柔軟な調色を可能にするカラーエフェクト、モノクロ用のシルバーエフェクト、フィルム調のアナログエフェクトなど、その後の編集も多彩。

非常に多機能なプラグインソフト群です。

 

追記 こういうワークフローが最適らしい。試してみよう。

Nik Collection の推奨ワークフローは次の通りです。

必要に応じて、Sharpener Pro 3 の RAW Presharpener を適用します。
Dfine 2 を使用してノイズ低減を適用します。
Viveza 2 を使用して色や光を調整します。
Color Efex Pro 4 を使用して高度なフィルタ処理を適用します。
必要に応じて、Silver Efex Pro 2 を使用してモノクロに変換します。
Sharpener Pro 3 の Output Sharpener 使用して出力をシャープにします。
注: Define 2 以降の任意のポイントで、Analog Efex Pro 2 を利用できます。HDR Efex Pro 2 は、Dfine 2 の直後に使用するのが最適です。

 (下記より引用)

support.dxo.com

 

心境の変化

うむ。

この間、少し心境の変化があって、このデジタル現像の道を少し深めてみようかという気持ちになっているのです。

というのは、どこからどこまでが「写真」という行為なのか、というのが私の中で少し拡張されたんですね。

今までは、撮る→見せるというシンプルなフローが基本だったんですが、撮る→それを素材にしたポストプロセッシング→アウトプット→多様な環境で見せる→見た人の中で何かしらの文脈が見いだされるというフロー全体を含めて、「写真」なのかな、と思い始めています。

 

銀塩写真であっても、現像の仕方によって調色を変えたり、モノクロのトーンを調整したり色々あったと思うんですが、デジタルになって、そこが非常に手を入れやすくなったのも事実なのかなと。以前は暗室で専門技能がないとできなかったこともパソコンがあればいろいろとできてしまいます。

デジタル写真は、最終的にパソコンやスマホなどのデジタル・デバイスでみる場合も多くて、そうなると撮影から最後までデジタルで画像がつくられ展示されることになる。

もちろん、私はプリントもするので、本来なら、プリント環境まで含めて自前で用意して、完全に調色もコントロールできると良いんですが、いかんせんその環境を資金的になかなかつくれないのと、ほとんどの場合、最後がデジタル・デバイスで見られる以上は、実のところ、一人ひとりの手元では機器によるある程度の幅をもって、画像が届くのは避けられません。そうなると、理論上、完全に最終アウトプットをコントロールすることは難しい。

だからこそ、自由に、エディットしてしまうのも良いのではないかと思い始めたんですよね。写真を撮影からアウトプットまで一貫してコントロールすべきという一方の感情と、事実上コントロールできないという一方の現実との間に、写真編集の自由が許される精神的空間が生まれたというか。いや、色々やってしまっても構わないのではないか、と。

 

ポストプロセッシングのウェイトをしばらく高めてみようかと思います。

合成も忌避せず、そこに、テーマに沿い表現上必要な意味が見出せるなら、合成することもやぶさかではないなとも思い始めてもいます。が、ここはラディカルに合成するというよりは、非常に慎重に進みたいとも思います。

写真を素材とした画像の中に、グラデーションのように、リアルからフェイクに至る幅があって、合成を使うとしてもリアルであることを志向したいというのは、今のところ揺るがない感じです。

だから、時刻や方角の違う夜空と地上景を合成しようということはあまり考えていません。地上と空の別撮りについても、それが、表現上必要なシチュエーションであれば、合成も辞さないつもりですが、どうしても必要ではないのであれば、なるべく一枚撮りをベースに、ポストプロセッシングを進めたいと思います。地上と星の共時性というか、その時、その風景の前にカメラがあったというシンクロニシティ的な意味合いにも重きを置きたい。その時の星と地上の組み合わせは偶然なのですが、偶然だからこそ二度とないユニークな一瞬として意味を見出していきたい。

だから、現実としてそこになかった風景をつくってしまう、ということには、慎重でありたい。

 

柔軟性と芯を持ちつつ、デジタル画像に向き合おう。

そういう、決意を込めたNik Collection2課金。

 

もちろん、撮影時のバリエーションも少しずつ増やしたいので、この後は、角型フィルターの導入やフィルター類の拡充に向けて、少しずつお金を貯めるつもりです。

「写真」というものが、単に最終画像だけでないとして、撮ることからアウトプットへ、そして、その伝わった先に生まれる何かまでと幅広くとらえるならば、その写真全体を楽しみたい。

というちょっとした心境の変化なのです。

 

とはいえ、これ導入してから撮りにいけてませんのでね。何とか撮りに行きたいんですが、雨ばかりで何ともなりません。

まあ、多彩な機能を使いこなすには、時間がかかりそうなので、じっくりと行きたいと思います。

 

ではまた。

nikcollection.dxo.com


 
ブログランキングに参加しています。

クリックいただくと、…特に何もありませんけど、管理人が喜びます。

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村


星景写真ランキング

 

PENTAX KP ダーク&ゴールド・グリップ・チューンドの件

うむ。雨は降るは、仕事が忙しいわ、子守りも忙しいわで、何かもうMPはすでに枯渇しています。(皆さん21日は投票に行ってくださいね…もちろん期日前でも可)

こういう時は、あれですね。

 

そう!そこのあなた、その通り。察しがいい。

グリップ作るしかないですよね~!(錯乱)

 

というわけで、また新たなカラーを作ってしまった。

ただ、元は、前回のブルーグリップで、塗装をし直したという形です。

 

ブルーグリップも気に入ってたんですが、カジュアルに変えていくスタイル。

 

PENTAX KP Dark&Gold grip tuned

というわけで、見ていってください。

名付けて、ペンタックスKPダーク&ゴールド・グリップ・チューンド。

f:id:shironagassu:20190705015635j:plainf:id:shironagassu:20190705015630j:plain

f:id:shironagassu:20190705015640j:plain

f:id:shironagassu:20190705015644j:plain

いや。最初は、ブルーグリップをやすり掛けしてきれいにしようかなと思っただけなんです。それでグリップ職人化してたんですよね、それが、こんなことに…。

 

まず、黒だけ塗って完成ということにしかけたんですが、思いっきり魔が差しまして、差し色を入れてしまいました。金の。

魔が差して差し色。

 

ベースカラーとなる黒を塗って、しっかりと乾いた後に、マスキングテープで、金に塗りたいところだけ外してマスクをして、金色で塗装を重ねました。3日間くらいの工程になりました。

 

謎の…、なんだろうこれ…。

何なんだろうこれ…?何?何なの?

教えて…、おじいさん。

 

無線で飛ぶフラッシュを駆使しながら、K-50で撮影した後、Nik Collectionも使って、ブリーチバイパス的に現像。周辺光量などもかなり調整しています。

Nik Collection、星景用に買ったんですが、全然撮れないので、もうよくわからないことに使い始めています。これもレビューしなければ。

 

ただ、ですね。

リコイメ公式がKPカスタムJ limitedをひっさげて、全国ツアーするらしいので。そうね。そういうことか。この世界線の上では、私もまさに正気。完全に正気ですね(真顔。

news.ricoh-imaging.co.jp

カメラの会社がカスタムモデルで全国ツアー…。何言ってるのかわからないな。うん、正気か。(デザイナーのTKOさんとハイタッチできるらしい。ちょっとしたい。でもこの日程は、ダメだあああ。ああ…)

 

というわけで、何が正気なのか、ゲシュタルト崩壊したところで、この謎の記事を終わります。

 

次は、サルベージかNik Collectionの話の予定です。多分。

星が撮りにいけたらいいのですが、天気的にも社会情勢的にも展望がありません。

そろそろ県展応募作も決めに入らないといけません。

 

おお、そうそう、忘れてた。

10-17mmフィッシュアイズームが、HD化リニューアルされるらしい。噂。でも公式がなぜかフライング掲載していたみたいなので、多分本当(笑)

HD化されたレンズは総じてフリンジが抑えられてきているので、このHDフィッシュアイズームにもその効果が出るならば、かなり星景向きの一本になる気配…。なのですが。どうでしょうね。気になりますね!

 

shironagassu.hatenablog.com

わたしもいずれ、買い替える可能性がないともいえない。しかし、まずはでも来年出るであろう、PENTAXAPS-C機用のお金を貯めてだな。また地道に貯めていこう。 

何か、このところ、PENTAX APS-Cが星景用にグッと寄ってきていて、良いのか悪いのか。良いということにしておこう。

追記 どうも、レンズヒーター用の溝があるタイプのようです。これは星景用。やばい。

 

ではまた。

 

関連記事

shironagassu.hatenablog.com

shironagassu.hatenablog.com

shironagassu.hatenablog.com

shironagassu.hatenablog.com

 

企画展「星を見る人」に行ってきた話

うむ。

とうとう四国地方も梅雨に入りましてね。

観測史上最も遅いとのこと。まさかここまで遅いとは思いませんでしたが、その後、見渡す限り予報が雨というヘビーな天気が続いています。

星を撮るどころではない。

 

実は、先日、とうとう心を決めて、Nik Collection2に課金したので、その話もしたいのと、選外だった奴をサルベージして供養しとかないといけないのですが、まあ、とりあえず、高知城歴史博物館始まった企画展「星を見る人」のことを書いておきましょうか。

久しぶりに、博物館カテゴリの記事更新です。

 

星を見る人

高知城歴史博物館。高知城のお堀のすぐ外に、2017年にオープンした博物館。行かねば、行かねばと思いつつ、実は2年間行ったことがなかったのですが。

「星を見る人」というテーマで企画展が開かれるとなれば、行かないわけにはいかない。

というわけで、いつも前を通るけれども入ったことがなかった「城博」に行ってきました。

 

企画展「星を見る人」。サブタイトルは、日本と土佐の近世天文暦学。

江戸時代の天文暦学を、土佐の天文学の歩みとともに、紹介しています。

なかなか、興味深かったです。

 

キーパーソンは、江戸の渋川春海と土佐の谷秦山渋川春海といえば、日本の天文学の祖ともいえる改暦に尽力した人物(貞享暦を作成)、そこに土佐から手紙を通じて入門し、天文学を修めたのが、土佐暦学の創始者といわれる谷秦山。

この二人の往復書簡がなかなか面白かったですね。

 

渋川春海が、谷秦山の手紙に対して、朱書きで返すという、赤ペン先生みたいな形で天文学を修めていったようです。

 

泰山

図を書いて考えているのですが、どうしても本の通りの計算結果になりません。

 

春海

天球(宇宙)を平面ではなく、立体的にイメージする必要があります。机の上で計算するだけでなく、機材を使ったり、星空を観測したりして、理論と実践の両方をバランスよく学んでください。

 

実践を重視しつつ、学問を探究する姿勢が今から見ても印象深いですね。

 

土佐山内家につたわる望遠鏡などの展示もあり、見ごたえもありました。

これが、また、材質は…真鍮なんでしょうか?金属の輝きが渋くて異常にかっこいい代物でした。それで、観測された木星土星のスケッチも合わせて。

うむ。何百年たとうが宇宙が変わらずそこにあるという当たり前のことを実感させてくれる。「人は、ずっと星を見上げてきた」、といつも私が繰り返すフレーズも、実感を持って受け止められる、貴重な体験でした。

 

望遠鏡はもう一種類展示されていて、日本初の国産望遠鏡・眼鏡職人=岩橋善兵衛の手によるシルレ型望遠鏡。これも、鏡筒が朱塗りで渋い。

 

なかなか、面白いスタンプラリーも行われていて、参加してきました。

城博とオーテピア&高知みらい科学館の2つの建物で完結するので、距離は短いのですが、下の写真のように、なかなか、スタンプが凝っていて面白い。

江戸時代の星図を再現する趣向。特典としてクリアファイルがもらえます。

f:id:shironagassu:20190630223739j:plain

江戸時代の星座をあしらったカードも配布されていました。裏には、写真でその星座も見られてお得です。

 

会期中に、展示の入れ替えもあるようなので、また行ってみなければいけません。

会期は、9月2日(月)まで。ぜひどうぞ。

 

通常展示室は、撮影可だったので、山内家に伝わる色々を一部撮影してきました。

f:id:shironagassu:20190630225213j:plain

f:id:shironagassu:20190630225221j:plain

 

あいにくの天気でしたが、3階から、高知城が良く見えます。

f:id:shironagassu:20190630225231j:plain

 

というわけで。

久々の博物館カテゴリ更新でした。

 

ではまた。