シロナガス/星景写真と科学本のブログ

「暮らしの中の星空」=星景写真+サイエンスノンフィクション書評。PENTAX使い。

アストロトレーサーType2についての覚書

うむ。

そうですね。

とりあえず、PENTAX K-3 mark Ⅲを手に入れたからには、これだけは早めにレポートしておかないといけないという謎の使命感がありました。

早めに責任を果たしておきます。

 

ただ、アストロトレーサーに必要なGPSユニットO-GPS1ですが、現在、「調達部品の生産終了」ということで、ディスコンとなっているという…。

リコーイメージングはすでにO-GPS2の開発を発表しているので、少なくともアストロトレーサー機能は今後も存続させていくのだとは思うのですが、将来はともかく現時点が、大変、厳しい状況。

うーん、世界的な半導体不足のあおりでしょうかね。

news.ricoh-imaging.co.jp

 

という、アストロトレーサー史上最大の逆境ではありますが、とりあえず、K-3markⅢから新装された、アストロトレーサーType2をレポートしておきたいと思います。 

いや、私、去年、1台目のO-GPS1が不調に陥って、2台目を購入していたんですよね。ギリギリのタイミングでしたね…。O-GPS2まで待たねばならないところでした…。

 

アストロトレーサーType2

f:id:shironagassu:20210725232507j:plain

PENTAX K-3markⅢ レンズ HD DA★11-18mm アストロズーム 焦点距離 12mm

ISO1000 SS30秒  F2.8  ほぼ固定撮影

2020.07.19 高知県安田町にて

 

クリックをすると拡大表示できると思います。星の流れと地上のブレを見くらべてみてください。

 

なるほど、星の日周運動を半分の速度で追尾するというType2。確かに、Type1とアストロトレーサーなしの中間の効果が出ています。

 

Type1は見てもらうとわかるのですが、星がかっちり点像になっています。きれいに追尾できているわけですね。しかし、地上は、その分、ブレてしまっています。

逆に、アストロトレーサーなしでは、地上は、もちろんブレ無しですが、日周運動により星が流れてしまっています。

 

星を追尾しなくても星があまりブレずに写せる「固定撮影」。その固定撮影の大体の目安露光時間は500ルールで求めることが出来ます。

式としては

500÷焦点距離=X秒

となります。

 

この場合の焦点距離はフルフレーム換算なので、12mmを換算し(1.5倍し)18mmとなります。

つまり、

500÷18=27.7秒

という数字が出てきます。

なので、30秒の露光時間というのは、この固定撮影の時間にほぼ適合しているのですが、アストロトレーサーなしをみてもらうとわかるように、厳密には、その範囲でも星が日周運動で流れて写っています。

 

Type2と「ほぼ固定撮影」

なるほど。

ということで、Type2の効果は歴然としていますね。

完全な星追尾ほどは地上がブレず、しかし、星も完全な固定撮影ほどは流れない。

 

Type1と比べて、多少の星の流れは起こるのですが、「ほぼ固定撮影」の範囲にとどめる限り、許容範囲に収まる、と言えると思います。

つまり、私は、少し勘違いをしていたようです。

アストロトレーサーType2になると、露光時間が伸ばせるとおもっていたのですが、というよりも、より地上のブレを抑えられるという方がどうも正しい。

もちろん、露光時間を伸ばすのに使って、どこまで地上ブレが許容範囲に抑えられるかという使い方もなしではないと思います。

しかし、どちらかというと、これまでの「ほぼ固定撮影」を発展させて、ほぼ固定撮影時にさらに地上のブレを抑制できるという運用がベターなのではないか…と。

 

これまでのほぼ固定撮影は、まだ未完成だったということですね。

これまでは、つまり、Type1の状態でほぼ固定撮影を名乗っていたわけですが、これが、子細に比べてみるとそれなりにやはり地上がブレている。

対してアストロトレーサーType2は、地上のブレがかなり抑えられています。アストロトレーサーなしと比べるとわずかにブレているのですが、なるほど、しかし、かなりシャープです。

Type2、どうやら、私にとっては、ほぼ固定撮影を完成させるための最後のピースだったようです。

shironagassu.hatenablog.com

 

ただですね、SNSとか、ブログに掲載するサイズだと、それほど違いは判りません(笑)

f:id:shironagassu:20210725234305j:plain

f:id:shironagassu:20210725234332j:plain

f:id:shironagassu:20210725234357j:plain

上からType2、Type1、アストロトレーサーなしなのですが、まあ、拡大しないとあまり判別できないと思います。

 

ただ、しかし、そのわずかな違いが、プリントした時や、ブレが目立ちやすい被写体(例えば花や葉など)では、結構効いてくるのではないかと思います。

 

星景はType2で撮っておくというのは、私のように、基本的に1枚撮りで仕上げようという場合は、非常に良い選択肢になるのではないかな、と。

しかし、これからK-3markⅢを買って、Type2を利用しようとしても、O-GPS1が手に入らない…可能性が…高い…。困ったな。

 

普通に、高騰している(笑)いや、笑い事ではない。

く、O-GPS2を急いで……頼む…リコイメ……。間にあわなくなってもしらんぞーーーっ!!

 

ではまた。

 

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村


星景写真ランキング