シロナガス/星景写真と科学本のブログ

受信者としてのサイエンスブログ。「暮らしの中の星空」をテーマにした高知県内の星景写真、スタータイムラプスと、ポピュラーサイエンス/サイエンスノンフィクション(一般向け科学書)の書評。PENTAXで撮影しています。

星撮影用としてのsmc PENTAX-DA 35mmF2.4AL

はい。

というわけで、星景撮影に使うレンズを星撮影用としてレビューしていくコーナー。今回4レンズ目ですね。第4弾。

 

今回は、特にこの記事を書こうと思って年末年始、DA35での撮影を意識的に増やしてみました。まだ若干データが足りない気がしますが、まあ足りないところはのちのち書き足す方式でエントリーとしては起してしまおうかと思います。

 

まずは、公式ページ。

www.ricoh-imaging.co.jp

特徴的なのは、このレンズ、以前は、カラーバリエーション展開をしていたのですが、残念、2017年末でそのサービスが終了しています。今は新品は黒のみ。

私は、終了半年した頃に、公式アウトレットに、ゴールドのDA35が出されてきて、当時、金色のKPカスタムグリップをつくった後だったので、これは逃せないと思い、5分間一応悩んだんですが、色が決め手で買ってしまいました。

 

その時のエントリー。

shironagassu.hatenablog.com

 

先日… デジカメウォッチの記事で、ペンタックスの歴代50mmF1.4を比べるという企画があったのですが。

dc.watch.impress.co.jp

そこでも、一つの性能比較として星の撮り比べをしております。

星は点光源なので、収差の影響が分かりやすく、確かにテスト向きではあると思います。私は星撮影用としてしかレビューを書けないというのが大きな理由で、星撮影用としてのレンズという記事になってはいるんですが、実は、レンズの性能テストとしては星を撮るというのは王道なのかもしれません。いや、どうだろう。

 

【目次】

 

星撮影用としてのDA35mm

f:id:shironagassu:20190109155437j:plain

というわけで、DA35mm。見た目で買ってしまったわけですが、私に買われた以上は、それはもう等しく星撮影に使われるわけです。それはしょうがない。

APS-C用の標準画角で、フルフレーム換算で53.5mmの焦点距離(画角は44°)になります。人間の視点に対して、ほぼそのままを写し取るような画角です。スナップ撮影などには最適かもしれません。ただ、星景を撮るにはこの画角はやはり少し狭く、使いづらいということで、これまでこのエントリー作成がのびのびになってきました。

 

一般的には、HD PENTAX-DA 35mmF2.8 Macro Limitedと比較して安いということで「35安」と呼ばれたりしますね。50mmF1.8と並ぶいわゆる撒き餌レンズのひとつです。

ただ写りには、割と定評があり、また、フルフレームでも実は使えるという話もあります。

ということで、今回も星撮影用としてどうなのか、ということをわかる範囲で書いていこうと思います。

 

長所

というわけで、いつものように、まずは長所から行きましょう。

f:id:shironagassu:20190104184756j:plain
 

①コマ収差のなさ

これは、特筆すべきレベルで、開放で撮ってもコマ収差がない。それほど強くコマ収差が出ないレンズでも、周辺の星像をよく見ると三角形になってたりするものですが、このレンズについては端まで星像が丸い。これはエクセレントな長所です。

 

②開放の明るさ

開放がF2.8よりも若干明るいF2.4というのは、プラス査定。HD 35mm Limitedが基本的には、DA35mmの上位互換(コーティングも最短撮影距離も、質感も、クイックシフトフォーカスなどの機構も)なんですが、唯一まさっている点がこの若干の明るさだと思います。

星撮影にとって開放値が明るいというのは、撮影時間とそれに伴う星の移動ブレにダイレクトに響くので、重要な点です。

もちろん本当はもっと明るい方がいい。シグマに35mmでもっと明るいのがある気はする。Kマウントにも。私は純正原理主義ではないのだが…ただ同じ焦点距離のをもう一本買う余力はない(笑)

 

③コンパクトさ

いや、このあたりのPENTAXのDA(APS-C用)レンズというのは、とにかく、コンパクト。太さ63mm×長さ45mm、重さは124g。常時持ち運ぶこともやぶさかではありません。

 

④フィルターワークのしやすさ

49mmのフィルター径で取り回しがしやすく、比較的安いので購入もしやすい。また49mmというのは、PENTAXの小型のレンズに多い径なので、使いまわしができます。ステップアップリングなどで、他の径と共用も可能。

 

⑤アストロトレーサーとの相性

53.5mmの焦点距離は、固定撮影で星が点で写る時間の目安となる500ルールに照らしてみると、500÷53.5で9.3秒アストロトレーサーの最短設定時間が10秒なので、ほぼこれに適合します。

ということはアストロトレーサーを使わずに10秒で固定撮影もできますが、逆に使ってごくわずかに星を追尾させて星を完全な点像にさせつつ、ほぼ地上の景色はブレないという使い方が出来るということでもあります。(なので、もっと長い焦点距離になると、アストロトレーサーで地上景をブラさずに撮るのは困難になってしまいます。)

 

実感としては、倍の20秒くらいまで、露光時間を伸ばしてアストロトレーサーをしてみても、意外に地上がブレません。が、ここら辺は、カメラの向き(どのあたりの星を撮るか)にもよると思います。というのは、35mmの画角で地上を入れようと思うと、必然空の低い位置になる場合が多く、一番星の移動量が多い「天の赤道」の方を向かないという事情もあるのかな、と。

いやまあ、とはいえ、高い建物などを仰いで撮ることもあり、そういう場合は、20秒設定にすると星の移動量が多くなり地上はブレる…ような気がします。(要追加検証) 

 

⑥月撮影との好相性

月は目で見ると意外と大きく見えるんですが、写真にすると小さく写るという被写体でもあります。換算53.5mmというのは、そういう意味で、月を月らしく撮るには好適です。ただ、後述するように、月を撮るとその縁にフリンジが目立ちますので、開放ではなくF4程度かそれ以上に絞って撮影するべきではないかなと思います。

 

短所

というわけで、次は短所に行きましょうか。

f:id:shironagassu:20190109155519j:plain

①フリンジ

フリンジは強い光源の周りには結構強く出てしまいます。前述の月とか、街灯とか。

ただ星にはそれほど目立たないかもしれません。加えて、星強調用のソフトフィルターをつけることで、ほぼ、星のフリンジについては問題はなくなってはしまいます。

 

②単体で買うとフードがない 

夜、日差しがないのに、星を撮るのにフードいるの?と思われるかもしれませんが、いるんです…!やはりフードは欲しい。

というのは、夜間は街灯などの強い光が周辺にある場合が多く、そういう強い光が、斜めから照射するとたいていゴーストやフレアを生じてしまいます。

これはフード買えば、良い話なのですが(笑)、純正の角型フードがかっこいいと思いつつ、数千円するので今のところ、様子を見ています。いや、早く買うべきですが(笑)

 

これ↓

…角型で見た目もかっこいいし、機能性もあると思うので、安い買い物だと思うんですが…いやまて。11-18が発売されて、無事に入手出来て自由の身になったら買いたいと思います。

 

③画角の狭さ

端的に言って標準画角での星景というのは難しい。

何を題材にして何を撮るべきか?

特に、地上の風景と合わすと前述したようにほぼ水平方向を向ける形になって、そこに目立つ星座が入る可能性はかなり少なくなります。沈む時(西向き)か、昇る時(東向き)くらいのものですね。いやそこを狙うというのは、良いかもしれません。事前の想定が大事になりますね。

ただ星座にこだわらず、地上景と星で、若干地上景よりに重きを置いた比重で撮ると作品としてまとまる気もします。

広角よりもパースペクティヴも出しにくいですね。写真が平面的になるのをどう避けるか…。何を地上景にするか…ふむふむ…悩ましい。

 

④周辺光量落ち

開放で撮るとやはりそれなりに周辺光量が落ちます。しかし、それは、上のデジカメウォッチの記事によると、最新レンズDFA50mmにしてもそうらしいので、まあ、欠点というほどでもないかもしれません。

 

総評とギャラリー

というわけで、星撮影用としてはコマ収差がほぼないのが素晴らしい特徴なので、星だけ撮る星野なんかでも活躍できるのではという気はします。

 

が、私は星景メインなので、星景としてどう使うかを模索しながら、と。

コマ収差がないことも合わせて、細い月と金星を同時に撮るにはベストのレンズかもしれません。あれは夕方か朝方か必ず低い空に見えるので。

ただ、あえてこれ一本で星景を撮ろうというのは修羅の道だと思いますが…、これを持っていて、たまには星も撮ってみようかなというのであれば、それはおすすめできます。

そして、あえてこれにこだわって撮り続けるという生き方も、それはそれで私は嫌いではありません。

この写真時代に、一枚一枚撮られゆく写真たちがその総体としてあなたという存在の輪郭を決めていく…。そういう意味で写真を撮るというのは、畢竟、生き方の問題なのです。(謎の名言ぽいことをいう。迷言。)

 

最近は、HD DA 15mmと、10-17mmフィッシュアイズームと、このDA35の三つを持って星撮影に出ることが多いですね。

なかなか出てくる場面は少ないですが、頼れるサブという感じです。

 

以下作例。ですが、余り撮影枚数がないので作例が少ないかも。(今後足していきたいと思います。)

やはり月を撮るのに使っている場合が多いですね。

 

f:id:shironagassu:20190122184021j:plain

f:id:shironagassu:20190109155951j:plain

f:id:shironagassu:20190109205424j:plain

f:id:shironagassu:20190109160004j:plain

f:id:shironagassu:20190110234537j:plain

f:id:shironagassu:20190109155954j:plain

f:id:shironagassu:20190109160009j:plain

f:id:shironagassu:20190109205801j:plain

f:id:shironagassu:20190110234648j:plain

f:id:shironagassu:20190111221738j:plain

 

関連エントリー

shironagassu.hatenablog.com

shironagassu.hatenablog.com

shironagassu.hatenablog.com

shironagassu.hatenablog.com

shironagassu.hatenablog.com

shironagassu.hatenablog.com

 

shironagassu.hatenablog.com

 

うーむ。ではまた! 

 

ブログランキングに参加しています。

クリックいただくと、…特に何もありませんけど、管理人が喜びます。

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村


星景写真ランキング