シロナガス/星景写真と科学本のブログ

受信者としてのサイエンスブログ。「暮らしの中の星空」をテーマにした高知県内の星景写真、スタータイムラプスと、ポピュラーサイエンス/サイエンスノンフィクション(一般向け科学書)の書評。PENTAXで撮影しています。

PENTAX KP ウッディグリップエディション タイプ=ウィルダネスの件

うむ。

というわけで、梅雨も明けたわけです。先日、久々、丸ひと月ぶりに、星を撮りに行ってきましたが、月が大きくて、ろくに撮れませんでした。

が、楽しかったですね。

また、ぼちぼちとリスタートしていかねば。

 

そして、今日は、タイトルの件を、終わらせておかないといけない。

 

KP ウッディグリップエディション タイプ=ウィルダネス

f:id:shironagassu:20200803205552j:plain

野趣あふれるカメラに。

 

shironagassu.hatenablog.com

 

この、前回の記事の続きです。

雨が降り続ける中、やることがなくなった私は、4つ目のKP用グリップをつくることに。

長雨が降るたびにグリップをつくるという謎の奇習

晴天祈願の意味があるのか、雨乞いの儀式なのかはわかりませんが、とにかく、長雨とともに、グリップをつくるという習わしになっています。

 

というわけで、今回は、拾ってきた木材でつくりました。

ウィルダネスとは、荒野のこと、ですが、ニュアンス的には人の手の入ってない原野を表す言葉ですね。

まさに、木の質感をそのまま生かし、人の手の入らない原野のような、仕上がりに…。

自分で作っておいてなんですが、何だろうこれは。…。

 

今まで4つ作ったグリップの中でも最も癖の強いのが出来ました。

いや、まあ、よく考えると、それぞれ癖しかないけども。

 

しかし、このグリップをつくっている間に梅雨も明けたので、晴天祈願は、天に通じたようです。

仏像を彫るようなものですね。

 

f:id:shironagassu:20200803210443j:plain

f:id:shironagassu:20200803210525j:plain

このように、グリップベースを利用して、取り付けています。

 

グリップベースはこのリンクからどうぞ。

make.dmm.com

 

グリップの癖が強いのはともかくとして、非常にかっちりと取り付けることができました。

ベース側に穴が3つ空いていまして、木ネジで木材と固定することが出来ます。

私は2.4mm×10mmのもので固定。

がっちりとくっつきました。

良きかな。

 

木製用グリップベース公開のおかげで、木製グリップの敷居がだいぶ下がったのではないかと思います。

世は(なぜか、本当によくわからないのですが)、空前のKPグリップブームです。私のタイムラインだけかもしれません。私の観測可能な範囲の宇宙では、謎のグリップブームが来ている。

 

ぜひ作ってみてください。

 

よし、多分次からは、星の写真に戻れる…ような気が…する。

ただ、今日が満月かな、しばらく月が大きいな…。

 

ではまた。