シロナガス/星景写真と科学本のブログ

受信者としてのサイエンスブログ。高知県内の星景写真、スタータイムラプスと、ポピュラーサイエンス/サイエンスノンフィクション(一般向け科学書)の書評。PENTAXで撮影しています。

Lightroom「ディテールの強化」試験運用の件

うーむ。

一日千秋の思いで、待っております。しかし、千秋とはいったものの、千秋どころか日々があっという間に過ぎていく。もうすぐです。

 

と、それはそれとして。

先日、Lightroomに気になる機能が実装されたんですよね。

「ディテールの強化」

公式の説明によると…

Camera Raw、Lightroom Classic、Lightroom CCに搭載された新機能「ディテールの強化」は、デモザイク処理に新しいアプローチを採用することで、微細なディテールの処理を改善し、偽色やジッパーノイズのような問題を解決するものです。ディテールの強化は、膨大なデータを学習させた畳み込みニューラルネットワーク(CNN)を用いた機械学習により、重要な画像に最先端技術を活用したクオリティを付与します。

 とのこと。ディープラーニング技術ですね。良いね。

 

blogs.adobe.com

 

うーむ。星景写真は、低照度でのノイズと、常にたたかいを強いられる分野でもある。この機能が効果的なら、選択肢が増えてがぜん助かるのだが…。

 

そこで、実験には、どの写真が良いか、色々考えてたんですが、前に、熱帯夜でISO6400という全力を出した所、センサーの温度上昇により、輝度ノイズがもりもり出て、回復できなかった思い出の一枚を「ディテールの強化」してみることにしました。

 

shironagassu.hatenablog.com

ちなみに、真夏のノイズに関することの顛末はこの記事に詳しい。これを機に真夏のISO6400はヤバいということに気づいた奴。

 

漂流者【Rebooted】

f:id:shironagassu:20190220213738j:plain

f:id:shironagassu:20190220213625j:plain

上が、通常、下が強化。

手順としては、Lightroomで、RAWファイルに対して、右クリックするとメニューの中に「ディテールの強化」が出てきます。

Windows10の何かしらの機能を使うようで、Windowsを最新にしとかないといけなかった。

あと、強化の際の読み込みにネット通信をしている感じで、YouTube見ながら作業してたら、うちのナロー的光回線では、読み込みから先に進まなかった。

外部に計算を依存している??

 

うーむ。まあ、ともかく、効果はどうでしょう。

んー……、これは…いや…うむ、悪くない気がしますよ。

 

拡大してみてみましょう。

f:id:shironagassu:20190220214023j:plain

f:id:shironagassu:20190220213952j:plain

等倍切り出し。

同じく上が通常、下が強化。

 

こう見ると、明らかに輝度ノイズ(黒いギザギザしたノイズ)が減っていますね。

うーむ…。

悪くないぞ。いや、行けるぞ。

この状態で、プリントかけたら、かなり違うかもしれない。

 

上のAdobe公式のページでは、

ディテールの強化は、以下のタイプの画像においてその効力を最大に発揮します:
大きく印刷または表示したい写真
ノイズが多く含まれる画像
微細なディテールを多く含む画像

ということらしい。

どういう仕組みで、強化しているのかも詳しく書いてくれているので、一読してみると良いかもしれません。それはそれで、技術的読み物として面白い。

 

特に、私の環境(星景メイン)ではこのノイズ対策として、使えそうな感触ですね…。

ただ、いくつか他の画像でも試してみたんですが、目に見えて効果がある奴と、ない奴がある。たまに妙な線が入ってダメなのもある。あと全部、青みが増すという副作用もある。なぜだ??ま、まあ、いいか。なぜかはわからないが。まあ、万能ではないということ。(今後色々試してみます)

ぶっちゃけ、青くなっても、星景写真ならそれほど問題はない。青くても良い(笑)

 

いざという時の選択肢の一手として、この「ディテールの強化」、使わせてもらおう。

しかし、ますますAdobe帝国から離れられなくなるな。

…うーむ。

いやー、しょうがない。

あるものは使うとしましょう。

良い機能を実装してくれましたね。選択肢が増えた。素直に喜んでおこう(笑)

 

よし…ではまた!

 

そして、…次の更新はおそらく、もう、あいつが来る….。

STAY TUNED...!!!

 

※もう一枚追加

今度はK-50で真夏に撮影したもの。

f:id:shironagassu:20190221214208j:plain

入り江に眠る船を。

うーん。これも元はかなり輝度ノイズが乗っていたのだが、だいぶ回復した。

つまり、一枚高感度で攻めたの撮っといて、ディテール強化するというのは、選択肢にしてもいいかもしれない。

まあ、しかし、無駄にISO上げなくていいならそれがベストではあるけれど。

ただ、副作用で、もれなく青みがかる

それはなぜかわからない。うん。

 

※なぜ、青くなるのかわかりました。撮影時に白色蛍光灯のホワイトバランスにしているのが、強化後のRAWファイルにもそのまま適用された結果、青みがかるようです。なので、太陽光や自動に戻すことで、青くさせないことができます。

 

ブログランキングに参加しています。

クリックいただくと、…特に何もありませんけど、管理人が喜びます。

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村


星景写真ランキング