シロナガス/星景写真と科学本のブログ

受信者としてのサイエンスブログ。「暮らしの中の星空」をテーマにした高知県内の星景写真、スタータイムラプスと、ポピュラーサイエンス/サイエンスノンフィクション(一般向け科学書)の書評。PENTAXで撮影しています。

おうし座流星群をはやくも反省する

うむ。

秋も深まりましたね。

紅葉がここ数日で一気に進み、すでに平地まで一部下りてきていて、すごく焦るんですが…。

ただ、この週末は月がなく、紅葉星景は、ライティングするしか撮りようがないということで、いったん、胸にしまって、とりあえず、チラホラ流れていると噂のおうし座流星群(南群、北群)を撮りに行ってきました。

紅葉を撮るには向いていない月齢ですが、裏を返せば流星群には最高の条件でした。空も雲一つないうえに、秋にしては非常にあたたかく、15℃くらいの気温がありました。

 

おうし座流星群の極大日は、2つに分かれていて、南群が11/6、北群が11/13といことなんですが、ここに鋭いピークがあるというよりは、この辺りしばらくの間、ちょっと流星が多い期間が続くという感じなので、撮れば、何かしら写るかもしれない。

 

私的には(オリオン座流星群はさぼったので)、冬の流星群シーズン開幕戦ということで、一つでも写れば良いかな、という思いで行ってきました。

 

というわけで、さっそく。

目次

 

ひとつゲット

f:id:shironagassu:20181110152453j:plain

PENTAX KP レンズ HD DA 15mm Limited  焦点距離15mm

ISO4000 SS40秒 F4.0 アストロトレーサーインターバル使用

2018.11.10 高知県須崎市にて

 

うーし。オッケイ。

右下に、そこそこ良い感じの流星をゲット。100点満点で68点くらいの。

南向きに撮っていて、星座でいうと中心がエリダヌス座、右側がクジラ座のあたりでしょうか。一年でもっとも地味な秋の星座の領域ですね。この流星はクジラのお尻の下あたりに流れましたね。

 

この日は、約3時間の滞在で、目視できた流星が7つでしたが、目視できたものはひとつも画角にはいっていませんでした。

これは、見てなかったけど、2時間インターバルかけたものに入り込んでくれていました。

よしよし。

幸先の良いスタートではないかな。火球を捉えたわけではないので勝利とはいえないまでも、バーストしてる感じのするどい流星なので、まあ、悪くない。

 

この時、おうし座はやや東寄りの天頂に近い位置にあり、そこを輻射点に流れているように、思えます。

 

ペルセウス・メソッド

今回の撮影は、ペルセウス・メソッドを採用。

ペルセウス・メソッドとは

ペルセウス座流星群用に、導入した撮影方法で、一台は、広い画角で流星を狙いつつ、もう一台は、50㎜(換算75㎜)で、F1.4の明るさを生かして、小さな流星も回収するという手法。

ただし、ペルセウス座流星群並みに流れないとあまり効果は薄い、特に画角の狭い方は、流星がはいらない。

適当に名前を付けたが、それほどの意味はない。

案の定、50㎜の方には、流星が入らず…。うーん。惜しいところを流れたのがいくつかありましたが…。F1.4なら暗い流星でも回収できるとは思うんですけどね。

 

f:id:shironagassu:20181110154039j:plain

f:id:shironagassu:20181110154046j:plain

オリオン座とおうし座。

換算75㎜はちょうどオリオン座が画角いっぱいに入る感じですね。

おうし座の方は、スバルがきれいに見えています。

ひとつでも入れば大きく写るのだけど、これはもう純粋運なので、しょうがない。

こちらはK-50でISO2500、F1.4、8秒をJPEGで連打して720枚撮りましたが…。

 

審議入り

そして、ひとつ審議入りのいわくつき流星が…。

f:id:shironagassu:20181110154336j:plain

PENTAX KP レンズ HD DA 15mm Limited  焦点距離15mm

ISO4000 SS40秒 F4.0 アストロトレーサー使用

2018.11.10 高知県須崎市にて

 

これはインターバルじゃなく一発撮りしていた時のもの。どこに流星らしきものが見えるかというと、右端の山と空との境付近。…うーん。これどうだろう。

100%流星だと言い切れる自信はない。非常に短いし、インターバルじゃないので、前後のコマがなく、判断もしづらい。

ただ、少なくとも飛行機ではなさそうに見えるが…。

 

もし流星だとするとおうし座の輻射点からではない感じで、散在流星かもしれません。時間的にしし座流星群の可能性はあるかも、しし座はすでに昇ってきていたように思います。

 

今回は引き分け

よし。というわけで、今回のところは、まずは引き分けということで良いのではないかなと。今年のおうし座群は少し多めに飛んでいるのかもしれません。火球クラスは遭遇しなかったけど…。

冬の流星群シーズン最大の山場である、ふたご座流星群に向けて調子を上げていかなければなりません。どこで撮るかな、晴れるだろうか。

 

ああ、なんとかスケジュールの都合と月の時刻を合わせて、紅葉の撮影に行かねば…。

撮れるかなぁ。撮れなくてもしょうがないけど、挑戦はしてみなければ…。

 

ブログランキングに参加しています。

クリックいただくと、…特に何もありませんけど、管理人が喜びます。

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村


星景写真ランキング