シロナガス/星景写真と科学本のブログ

受信者としてのサイエンスブログ。「暮らしの中の星空」をテーマにした高知県内の星景写真、スタータイムラプスと、ポピュラーサイエンス/サイエンスノンフィクション(一般向け科学書)の書評。PENTAXで撮影しています。

ヒマワリ畑と北天

さて。

梅雨ですね。天候は不順です。が、梅雨の晴れ間を縫うように、撮影に行っております。

そうなると平日動かざるを得なくなって、サッカーワールドカップの観戦と合わせて、眠みがやばい。

 

まあ、晴れ間に撮っておかないと、と考えるのはみんな同じようで、現場で、

土佐んちゅぬカメラ日記

の土佐んちゅさんに出会いました。

少し星撮影の情報交換をしたりなど…。

上のブログにも載ってますけど、キャンプやりながら星撮ったりしてるんですね。いいなあ。

まあ、私は、基本インドア体質なので、アウトドア的な素養はほぼありません。羨ましい限りです。

 

そして、今週土日は、また、お天気が崩れそうです。

星はたぶんダメですけど、昼間何か撮りましょうか…。うーむ。

 

ひまわり畑と北天

f:id:shironagassu:20180622180017j:plain

PENTAX KP レンズ  DA 10-17mm FISH-EYE 焦点距離14mm

ISO6400 SS30秒 F5.6 ×60枚=約32分を比較明合成

2018.6.21 高知県土佐市にて

 

ここは、高知では割と有名な土佐市出間のひまわり畑。

早咲き(6月)と遅咲き(10月)と、地元の方が、ひまわり畑を整備してくれています。

南向きは雲があったのですが、北向きは雲が抜けたので、約32分のインターバル撮影で比較明合成しました。これは、カメラ内合成で。

 

近くの道を車が走っていたので、どこかでヘッドライトが当たってまずいことになるだろうなあ、とおもっていたのですが案の定。私はインターバル撮影中に、自動車などの明かりが来ちゃう件を、このさい「運命」と呼ぶことにしてるんですが、今回は、この非情な運命を克服するために一手を思案。一枚別撮りしておいた前景を、比較暗合成で重ねました。

この間色々できることを増やそうと、合成手法も試しているんですが、今回は割と自然にうまく合成できましたね。

今回は、前景は、西に傾いた月あかりのみでライティングなしでいっております。

 

せっかく、フォトショップ契約しているので、使いこなしたい…。

まあ、心情的には、一発撮りに魅力を感じてもいますが、それはそれとして、色々な手法が使える状態の中で、その時に何が一番いいかを選ぶという感じでいきたい。

現場での一発撮りのクオリティもあげつつ、必要ならば合成もできるという全方位型で…。

 

そうそう、なので、星景撮影も少しずつ進化させねばならないと思いまして、この前、星景ノートなるものをつくりました。

デジタルにしてもよかったんですが、結局、紙が良いかなと思い物理的な紙のノートにしました(笑)

この間、撮影してきた134カ所分(今回入れると135カ所)の星景撮影について、現地の情報や気づいたことなどを記入しました。かなり前のもあるので、最初の方の奴は記憶も薄く、本当にごく短いメモですが。

しかし、これは、なかなか、良いかもしれない。

1000カ所を目指そう。

これが、何年分も重なってくると、なかなか価値あるノートになる気がする。ちゃんと続ければ…。まあ、ぼちぼち気負わずがんばります。

 

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村


星景写真ランキング