読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シロナガス/星景と科学本のブログ

受信者としてのサイエンスブログ。星景写真、スタータイムラプスと、ポピュラーサイエンス/サイエンスノンフィクション(一般向け科学書)の書評。

ISSとブルームーン

さて、昨日7月31日は、一か月の間に二回満月があるブルームーンといわれる現象がありました。

で、昨日、今日とISS(国際宇宙ステーション)も日本の上空付近を通過ということで、いろいろとカメラを持ち出して撮影してきました。

 

まずは、ISS

2015年8月1日19時38分ごろから。

2秒露出、31枚を比較明合成。インターバル撮影の感覚があいてしまった。

f:id:shironagassu:20150801221618j:plain

南側を向いて撮影しています。

これ、撮り終ってから気づいたんですけど、絞りをF11くらいまで絞って、その分長時間露出にしてインターバル撮影したらよかったのではないだろうか。

そうすると、長い光の軌跡がうつって、こんなに撮影間隔が目立たない写真にしあげることができたんじゃないだろうか。

今度機会があるときはそうしてみよう。

何事も勉強ですね。

 

ブルームーン高知城追手門、時々ネコ

そして、7月31日のブルームーン

以前、何かの本でブルームーンについて読んだんですが、由来って書いてたかなぁ。言い伝えで、ブルームーンを見ると幸せになるというのがあるというくらいしか記憶にない。

なぜブルームーンというのかなぁ。

 

まあ、ともかく。

f:id:shironagassu:20150801221641j:plain

高知城追手門と、ブルームーン

雲もなくきれいな月が出ていました。

 

f:id:shironagassu:20150801221646j:plain

撮影していると野良猫が寄ってきてカメラの前に居座る。

ブルームーンと追手門、時々ネコ。

 

f:id:shironagassu:20150801221656j:plain

ネコは、10分くらい、こちらに気をとめる様子もなく座っていました。

観光客や散歩の方など結構歩いていましたが、そちらのほうを時々見るくらいで、無関心。

で、しばらくすると飽きたのか、どこかに歩いて行ってしまった。

ひと時の邂逅でした。

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村

広告を非表示にする