シロナガス/星景写真と科学本のブログ

受信者としてのサイエンスブログ。「暮らしの中の星空」をテーマにした高知県内の星景写真、スタータイムラプスと、ポピュラーサイエンス/サイエンスノンフィクション(一般向け科学書)の書評。PENTAXで撮影しています。

星景写真に自由を――角型フィルタールートに入った件

さて…。

今年は、緊縮で行くとどこかで言ってたような気がするんですが、どうも、気のせいでした。

年始から飛ばしています。

 

いや、今年は、都市星景を頑張ってみようと思っているのです。比較明合成で街並みと星を撮るという方向にも進んでみたい。

街中で撮るということは、地上が明るい…、この地上の明るさを抑え、星を撮るには、やはり角型フィルターがいるのではないか。ハーフNDフィルターを装着して撮らないといけないのではないか…??

 

というわけで、熟考(?)した結果、角型フィルターを導入してしまいました。

実は、約一年前11-18mm(HD PENTAX-DA★11-18mmF2.8ED DC AW)を買ったときに、いつかは導入したいとロードマップにあげていたのですが、とうとう、一年越しの思いがつのり、一歩を踏み出してしまった。

とりあえず、11-18mmを中心に、相対的にコンパクトなシステムを組み上げて、一蓮托生で進む予定です。

なので、角型フィルターも持ち運びやすい100mm角をチョイス。

 

ハーフNDフィルター導入

f:id:shironagassu:20200203231305j:plain

はい。見た目はこんな感じです。

 

NiSiのV5 Alpha ホルダーに、KANIのPremium Soft GND 1.2 100x150mmというセット。

nisifilters.jp

www.loca.design

 

ホルダーは、11-18mmの先にはフードをつけるためのでっぱりがあり、そのせいで、つかないホルダーがあるという情報をいただきながら、とりあえず、これならつくという情報があったV5 Alphaに。

82mm径のアダプタだけ付属しているエントリーモデルですが、そもそも11-18mmは82mm径なので、問題なし。そして、エントリーなのでC-PLもついてないのですが、私は、本当に夜通し撮っても薄明が始まったら朝日を待たずして帰るくらい、ヴァンパイアか何かなのか(朝日を浴びたら灰になる)というほど昼間撮影しないので、こちらもまあ問題なし。なので、こちらは割とお求めやすかった。

そして、フィルターは色々とレビューを見て、街中で街灯を入れて撮る場面を想定し、対光源ゴーストレスを目指さねばならないということで、KANIのハイグレードPremiumライン。…高かった…。GND1.2は濃いところがND16相当のハーフNDフィルターです。

 

ホルダーとフィルターのメーカーが違いますが、上の写真を見ていただければわかる通り、問題なく装着できました。

そして、心配だった広角端11mmでの、ケラレも、…なし!

フルサイズ換算で16mmまでは対応というのがカタログスペック。APS-Cの11mmは換算すると16.5mmなので、行けるわけですね。

ホルダーをフィルターが斜めになるように回してみても、ケラレてない(と思う)。

まだ、実写が少ないので、あれですが、ひとまずは問題ないと確認。

 

とりあえず、実写

というわけで、さっそくテストだけしてみました。

地元の夜景スポットへ。

 

ISO1000、20秒で撮影するとご覧の通り、露出オーバーで、街並みは大半が白飛びしてしまいます。

f:id:shironagassu:20200203230334j:plain

 

しかし、同じ設定で、ハーフNDをセットしてみると。

f:id:shironagassu:20200203230337j:plain

おお…、想定以上に効果的。

街並みが、だいぶ落ち着きました。

街の上空の明るさもだいぶ抑えられて、星が見えてきます。

いやまあ、北斗七星が切れていたりと、星景としては油断しすぎな一枚ですが…(笑)

とりあえず、ゴーストやケラレはないように思います。

 

f:id:shironagassu:20200203230341j:plain

そして、そのまま、30分のカメラ内比較明合成。

一枚撮りなら黒い紙で遮光して、地上部分の露光を減らすということができるんですが、30分の比較明中それをやり続けるのは、不可能…。

つまり、この街中比較明が、ハーフNDの真骨頂…!(多分)

 

あとは、これで、星をインターバルで撮っていたら曇らないだろうか、というのが心配ですが、この時は、強力タイプのヒーターをホルダー付近に巻くことで一応、曇らず。11-18用の紐タイプの奴は、発熱量がそんなにないので、ハーフNDを使う時には適さないようには思います。なのでベルクロでつく比較的強力な奴です。

しかし、今回は、たんに時間が短かったので、大丈夫だったのかもしれません。特に、春先や秋口が曇りやすいので、そこらへんでまた試してみて結論を出さねばなりませんが…。

でも、街中なら土や草の上に設置するよりは、湿気は少ないようには思います。

 

そして、今回改めて思ったのだが、カメラ内比較明合成が非常にきれいに星がつながる…2秒あけてるんですけどね。実に見事につながっている。

うーん。後からフォトショップ合成した方が、(自動車のライトなどが入ったのを抜くなど)地上の明るさを調整できるので、良いのですが…しかし、カメラ内比較明合成もやはり選択肢になりますね。

悩む。

一枚ごと保存しつつ、比較明も保存するというモードがあると良いのですが、そんな都合の良いものはない。

 

今後のロードマップ

というわけで、とうとう買ってしまった角型フィルター。

これで、財政計画は完全に破綻し、今年の夏ごろ…なのかどうかわからないけれど、今年中には発売するというPENTAX新型APS-C機に向けた予算は飛んでしまいました。

しばらくKPで行くしかない。しっかりお手入れしつつ、大事に使っていこう。

11-18mmを中心にシステムを組むということは、APS-Cで行くという決断でもある。

このレンズを100%まで使いこなせるなら、センサーサイズの差は認識しつつも、その差は、いくらかは相対化できそうです。まあ本当に、使いこなせるなら…ね…。

なので、将来的には、おそらく新型APS-Cを買わないといけないかなと思っています。

CP+などで情報が出るのではないかと思いますし、順次、情報を集めつつ、貯金をしていきたいと思います。

 

まだ、角型フィルターも1枚しかないので、必要なものは順次買い足していきたい。

でも、当面、このハーフNDが一枚あれば、今まで、撮れなかったところでも、星景写真が撮れそうです。暗いところを目指すだけでなく、明るいところでも撮れる選択肢が増え、フィールドが広がりますね。

星景写真にもっと自由を。

 

ちなみに、手を滑らせて落としても何とかなるように、携行品保険は確認しておきました。そんな不幸がないことを祈りつつ。以前、レンズをへし割ってから入った保険…しかし、その後は、幸か不幸か、保険のお世話になるような事態にはなっていない…。

でも、移動時は、いちいち外して、しまってから移動するようにした方が良いですね。こんなガラスむき出しで、三脚の先にぶら下げて歩くというのは、豪気すぎる。絶対へし割れる。

 

というわけで。

ではでは、また。
 

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村


星景写真ランキング