シロナガス/星景と科学本のブログ

受信者としてのサイエンスブログ。星景写真、スタータイムラプスと、ポピュラーサイエンス/サイエンスノンフィクション(一般向け科学書)の書評。

のいち動物公園 夜の動物公園

先日9日は、のいち動物公園が、夜の開園ということで、行ってまいりました。

 

暗い中で動物を撮るというのは、私の腕では、なかなか、至難の業。

うちにある唯一の望遠レンズsmc DAL50-200mmを使って撮影を敢行してきました。

 

ISO8000

暗い中、しかし、動物相手にフラッシュは使えない…ということで苦肉の策として、今までつかったことのないISO8000まで感度を上げて、撮影をしてみました。

結果的には、細かいディティールは少し飛んでしまいますが、なんとか、というところ。

あと、それでも、最高1/50程度のシャッタースピードにしかならないので、動きの速いのは被写体ブレして撮れない…(笑)

あと、オートフォーカスも暗すぎて効かないので、マニュアルフォーカスで撮らざるをえない。PENTAX機は比較的ファインダーが見やすいということらしいんですが、それでも、なかなかマニュアルで合わすとなると、難しい。

動物が止まった瞬間、なんとか、マニュアルフォーカスして連射するというスタイルでいきました。

あと、RAWで撮って、後処理で露光量をアップさせております。

 

というわけで、以下写真。

f:id:shironagassu:20161011230947j:plain

PENTAX K-50 レンズsmc DAL50-200mm 焦点距離80mm

ISO3200 露出1/13秒 F4.5 

2016.10.09 のいち動物公園

のいち動物公園、ハロウィン仕様でした。

f:id:shironagassu:20161011231240j:plain

PENTAX K-50 レンズsmc DAL50-200mm 焦点距離180mm

ISO8000 露出1/15秒 F5.6 

2016.10.09 のいち動物公園

アナホリフクロウ。夜らしいフクロウの写真、とみせかけて…アナホリフクロウ夜行性かと思いきや実は昼行性らしいです。ただ全体を通してこれが一番良く撮れた気はする。

アナホリフクロウの説明↓

http://www.noichizoo.or.jp/park/animal_intro05_burrowingowl.html

 

f:id:shironagassu:20161011231623j:plain

PENTAX K-50 レンズsmc DAL50-200mm 焦点距離138mm

ISO8000 露出1/25秒 F4.5 

2016.10.09 のいち動物公園

ハシビロコウは動かない。ので、撮りやすい(笑)

でも残念ながらこっちを向いてくれませんでした。うーむ。

 

f:id:shironagassu:20161011232034j:plain

PENTAX K-50 レンズsmc DAL50-200mm 焦点距離200mm

ISO8000 露出1/20秒 F5.6 

2016.10.09 のいち動物公園

私がのいち動物公園で一番好きな動物ブチハイエナ。しかし、奴らの動きは速い

止まったところを狙っているんですが、マニュアル&低速度シャッターではビシッととらえきれない。無念。

 

f:id:shironagassu:20161011232411j:plain

PENTAX K-50 レンズsmc DAL50-200mm 焦点距離200mm

ISO8000 露出1/50秒 F5.6 

2016.10.09 のいち動物公園

やはりちょっと甘いピント。残念。腕を磨かねば…。マニュアルでビシッと合わせるのはなかなか難しいですね~。

いや、まあ、昼間でもちゃんと撮れるか怪しいので今度は昼間に行きたいところです(笑)

 

というわけで、夜の動物公園シリーズでした。

なかなか、たくさんの人が訪れていて盛況でございました。

 


写真 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村