シロナガス/星景と科学本のブログ

受信者としてのサイエンスブログ。星景写真、スタータイムラプスと、ポピュラーサイエンス/サイエンスノンフィクション(一般向け科学書)の書評。

PENTAX KP ゴールデングリップカスタム完全体の件

はい。

というわけで。機材の話。…機材というか、まあ機材ではあるんですが。

いやはや、今年は、ただひたすらに11‐18mmに向けて、貯金をする計画だったんですが、ここにきて、予定外のレンズを一つ購入してしまいました。

 

うーむ。

まあ、現物を見てください。

 

PENTAX KP ゴールデングリップカスタム完全体

f:id:shironagassu:20180324194522j:plain

f:id:shironagassu:20180324200327j:plain

 

ああ…、衝動買いをしてしまった。ぐああ。

買ったレンズは、smc PENTAX-DA 35mm F2.4ALというレンズ。

APS-Cで使うと52.5mmになってほぼ標準レンズになる単焦点レンズ。

 

実は、このレンズはカラーバリエーション展開されていたのですが、昨年12月にカラバリについては、終了しているんですね。

で、手に入れる機会はもうないな、と思っていたところに、リコーイメージング公式のアウトレットに出てきてしまった。

5分間悩んだんですが、ここは11-18購入計画を下方修正しても、買うべきだと判断。

store.ricoh-imaging.co.jp

(3/24現在まだいくつかカラバリ出ていますね。でも金がなくなってる…おお…そうなのか…金がなぜか売れてるのか…自分で買っといてなんですが…なんで?)

 

いやあ。

まあ、言い訳をすれば確かに標準域の単焦点レンズが欲しかったのはある。ただ、FA43mmか、HD DA35㎜ Macro Limitedかなと思ってはいました。将来的には、そのうち、いずれ、いつか…買おうかなと。

 

 

 

ただ、まあ、すぐにどうこうしようとは考えてなかったんですが。

 

いや、もう。はっきりいうと購入の決め手は色ですよね。金色。

私はこの前、KPのグリップを金色にしてしまったんですが、それ以来、このカラバリを手に入れる手段はないものかと、考えていたんですよね。受注が終わったので、もう中古で偶発的に手に入れるしかないかとか…。

shironagassu.hatenablog.com

 

 

それが、公式で出てくるとは…。

もう、このチャンスは逃せないなと。

あ~。遠ざかる11-18mm、まあ、しょうがない、じっくり構えて、なんとか年内から年明けぐらいには買える感じでなんとかもう。落ち着いていこう。

(ただ、まだ発売日も価格も出てきてはいないですが)

 

DA35mm。写りの評判はいいんですが、確かに実際に撮影してみると良いですね。そして軽い。うーん。昼間はこれを基本のレンズにしてもいいなあ。

ファインダーで見た像が、肉眼で見たのとほぼ一致する、まさに標準画角。

f:id:shironagassu:20180324195945j:plain

f:id:shironagassu:20180324200017j:plain

f:id:shironagassu:20180324200037j:plain

f:id:shironagassu:20180324200049j:plain

 

うーん、立体感もあるし、色のりも良い。

ただ、最短撮影距離はそれほど近くはないのが弱点ですし、いろいろ機能は省かれてはいますが(クイックシフトフォーカスとか)、それでもお手頃価格で、この写りなら文句は出ませんね。

 

このレンズをキットレンズにすれば、みんな写真にはまってくれるように思います。そんなレンズ。昼間を中心にいろいろ使ってみようと思います。

チャンスを見て星にも使ってみます。

 

いやはや、予定外の出費ですが、後悔はない。

ゴールドのグリップの質感とやたら親和性を発揮してきて、カスタマイズ感がやばいです(笑)

 

さあ…また地道に貯金していくか……。ふう。