シロナガス/星景と科学本のブログ

受信者としてのサイエンスブログ。星景写真、スタータイムラプスと、ポピュラーサイエンス/サイエンスノンフィクション(一般向け科学書)の書評。

天の川(中心部)の季節が到来

というわけで、明け方東の空に、天の川の中心部が昇ってくる季節になりました。

 

昨日は、夜前半は、あいにくの小雨がぱらつく天気でしたが、明け方には、雲一つない快晴になって、新月期の週末をたのしませてもらいました。

本当は今日も天気が良いので、行けばいいのですが、子守なのと眠いのとで行けそうにありません。コーヒーでも飲みながらブログを更新するのが関の山。

 

まあ、まあ、なんにせよ天の川中心部というのは、否応にも目を引きますね。

冬場のオリオンもそうなんですが、こればっかり撮ってはいけないと思いつつ、気づいたら撮らされている、という。

 

とりあえず、今シーズン初物をゲットしてきました。

 

10万光年の孤独を想う

f:id:shironagassu:20180217201640j:plain

f:id:shironagassu:20180217201654j:plain

二枚とも

PENTAX KP レンズ DA 10-17mm FISH-EYE 焦点距離10mm

ISO6400 SS60秒 F5.0  アストロトレーサー使用

2018.2.17 高知県土佐市にて

 

時刻は4時過ぎ。天の川の中心部が、ゆっくりとせりあがるように水平線から顔を出してきます。

目が慣れるにつれて肉眼でも、ぼんやりと見えてきました。肉眼では、水平線上の雲のように見えますね。

二枚目の方は、天の川が海に少しだけ反射していますね。それくらい、天気は良かったです。

 

今、明け方の空には、木星、火星、土星の3惑星が輝いています。

画像で言うと、右の大きな白い星が木星、天の川中心部の少し上にある2つ並んだ赤っぽい星の左側が火星(右はアンタレス、今は、ちょうど同じくらいの明るさで赤さ比べをしていますね)、天の川の中にある比較的明るい白っぽい星が土星です。

 

天の川銀河の大きさは、差し渡し10万光年といわれています。

その片隅から、孤独を想いつつ、銀河の反対側でも、もしかしたら、何者かが見上げているかもしれないとも思いつつ。

 

10-17mmフィッシュアイズームは、けして光学性能が良いわけではないので、絞りを少し絞りつつ、さらに少しトリミングをして周辺の解像の甘い部分を切り取っています。こうすれば、わりと細かい星まで写し込んでくれます。

ただ、色々目をつむっても、180度の広い画角がこの長く横たわる天の川を切り取るには必須です。

 

それにつけても、この撮影場所は、以前、サムヤンをこけて砕いた所なんですが、実は今日も、帰りに少しアクシデントがありましてね。

うーむ。

場所がどうこうというよりは、明け方の撮影は睡眠時間が足りず、眠くなるので、注意力が散漫になってアクシデントを起こしやすくなるんでしょうけど。続くと嫌な感じですね。

 

まあ、カメラや機材が故障したわけでもなく、体も痛めてませんが、少し精神的にダメージを受けたかな。

うーむ。夜の撮影は、よくよく、気を引き締めねば。

「家に帰りつくまでが星景撮影」、ですね。肝に銘じて頑張ろう。

 

まあ、きれいな天の川が撮れたことが救いですね。それは、よかった。

 

 これ、直したいなあ…。ううーむ。静かに防湿庫で眠っています…。

 

なので、酷使される10-17mm。絞ってもフリンジは消えないので、現像でなんとか頑張ってる感じです。中心から外側に向けて、パープルフリンジが出る。そういうものなのか、私のが、酷使しすぎて、もう、何か不具合が起こり始めているのかは、わかりません。

F5.0まで絞ると星の像は割ときれいですけどね。

 

11-18mmに向けて、地道に貯金中です。

 

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村


星景写真ランキング

星景サルベージその25 シリウスを戴く

さて。

サルベージです。

フォトコンに応募していたものが、選外となったので、本当の意味でサルベージ。

ふーむ、結果は想定内とはいえ、なかなか、写真というのは簡単には上手になりませんね。

一歩一歩、じわじわいくしかない。

 

シリウスを戴く

f:id:shironagassu:20180209210225j:plain

PENTAX KP レンズ DA 10-17mm FISH-EYE 焦点距離10mm

ISO6400 SS60秒 F8  アストロトレーサー使用

2017.11.21 高知市にて

 

先ほど、ツイッターに挙げた奴はバージョンが古い奴でした…(笑)

こっちが最終現像。

消して再投稿するのもあれなので、そのままいきます。

現像地獄の末、途中経過を含めていくつも出力していたので間違えてしまった。

 

白い山茶花の上に、冬の大三角。とりわけ、シリウスが明るく輝きます。

冬の時期はだいたい、この冬の星座領域に向けて撮っていますね。

冬の星座のあたりは、1等星も多く華やかなんですよね。

たぶん一年で一番ラグジュアリーな領域

ワンパターンといえばワンパターンなんですが、冬に冬の星座を撮らぬわけにもいかない。という。

 

パンフォーカス星景の発展途上の段階で、まだ、LEDの照度のコントロールができておりませんね。

光の当たり方にムラがある。

うーむ。

これでは、入選はできない…。

分かってはいたが…。

 

まあ、へこんでいてもしょうがないし、へこむほど実力もないので、また撮りに行って、何かのフォトコンに出そうと思います。

 

とりあえず、サルベージ。でした。

 

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村


星景写真ランキング

パンフォーカス星景への道のり

というわけで。

この半年間、パンフォーカスで星景を撮ろうということで、試行錯誤してきたんですが、一応の到達点に達したので、書き残しておこうと思います。

 

そもそも、「星と花を一緒に撮りたい」、というところから始まっているパンフォーカス星景

この星と花を一緒に撮るというのは、すでに「露光中ピント絞り可変法」という先達が実用化してきた撮影方法があって、私もこれをすればよいと思っていたんですが。

露光中ピント絞り可変法 - Google 検索

簡単に言うと、露光中に、絞りを開けた状態で星を撮り、そのまま絞りを絞り切ると同時にピントを近くに合わせ、フラッシュなどで前景を照らして花を撮る、という技法。これで遠景と近景に両方ピントを出す。しかし、これ、撮影するのに絞りリングがいるんですよね。

PENTAXのデジタル用レンズ=DAには基本的に、小型化のためか絞りリングがついていないんですね。

そして、絞りリングのついているSAMYANGの14mmも買ったんですが、これが、また、こけて砕いたのは以前述べたとおりです。↓

shironagassu.hatenablog.com

なので、私は、私の持ちうる機材で、どうにかして、花と星を撮ることを、余儀なくされたわけです。諦めが悪い。

 

ここまでが前置き。

 

現時点での到達点

f:id:shironagassu:20180207191552j:plain

PENTAX KP レンズ DA 10-17mm FISH-EYE 焦点距離10mm

ISO8000 SS60秒 F8  アストロトレーサー使用

2018.02.04 高知県土佐清水市にて

 

現時点で到達したパンフォーカス星景の作例。一応、それなりに見られるようなものになってきました。

スイセンの花の先にオリオンがあって、花と星という意味では一応形にはなっている。…といえますかね。どうかね。まあ、まだまだかもしれないが。一応なんとかなってると思いたい。

 

撮り方

で、やり方なんですが、

焦点距離でピントを出す。焦点距離10mm、F8なら、約65cm。F9なら、60cm弱。これでピントを出すことで、その半分くらいから無限遠まで全域でピントが出るということになります。目測でもいいですが、ちゃんとやるならメジャーが必要です。すでにここで少し面倒くさい。

※許容錯乱円を0.02としてiPhoneの無料アプリで計算しています。厳密にいうと、A4サイズのプリントを30cmで見る場合にピントが「合っているように見える」とかそういう感じです。

許容錯乱円 - Google 検索

私は許容錯乱円について詳しく解説できないのでグーグルの検索を貼っておきます。興味のある方は調べてみてください。

※付け加えると、星へのピント出しは普通はシビアで、無限遠付近で1mmもピントリングを動かしたらボケてしまうくらい繊細です。普通は。なのに、過焦点距離でピントを出した場合、なぜか星にもピントが合います。いったい、なんでなんですか?逆に誰か理由を教えてください…。

 

・絞っている分、露光量が足りないので、ISOを8000まで上げる。で、1分露光。

 

手前はLEDで照らす。ISO8000なので、花に光を直接当てると一気に白飛びします。ので、レフ板などで間接光を低照度で照射。それも5秒くらいで十分です。それ以上だと飛ぶ。私は手のひらをレフ板代わり(通称・菩薩ビーム)にして、2mくらい離れてから光を照射しています。一方から当てるとカメラの影が花に落ちる場合があり、その回避のために5秒のうちに少し移動して多方向から照射しています。

 

・絞っていることで星に光芒が出る、という副作用が起こる。太陽を除く全恒星のうち一番明るいシリウスなら六つ切りサイズでプリントしてなんとか判別できるくらいなので、それよりも明るい惑星(木星や金星、今年最接近する火星など)なら良い光芒が出るはずです。たぶん。(まだ、良い巡り合わせがない)。火星は…熱い気がするんですよね。パンフォーカス星景で撮れれば。

 

アストロトレーサーを使う。使うことで星を流さず、きれいな星の光芒を出す。

※…なんだかニッチになってきましたね。

10-17mmフィッシュアイズームなら、1分くらいなら、あまりブレが気になりません。花は風で微ブレすることはいたしかたないというのもあります。花は、LEDを照射している5秒だけ大きくブレなければなんとかそれなりに写ります。

あと、もしかすると焦点距離だけでなく魚眼であること(周辺の像がゆがんでいること)が、プラス作用として働いていてブレが気にならない可能性もあります…、今後の研究課題です。手元に比較対象になるレンズがない。

いずれ、PENTAXが発売するという11-18mmレンズを入手したらそれでも試してみようかとは思っています。もしかしたら10-17mmの方がパンフォーカス星景には向いてるな、ということもありうるかもしれません。

 

・ちなみに、PENTAX KPにはエッジ抽出というモードがあって、これはピントが出ている所だけ表示するという機能です。これが、花にピントが出ているかどうかわかってすごく便利です。

 

弱点。

パンフォーカスなので、ありとあらゆるものが写る。写真としてみたとき、主題以外のノイズが入ってきやすい。ので、現像時に必要のないところは、焼き込み的に、暗くするなど工夫する必要があります。

ただ、あえて、中景に人などの意味のあるものをいれることで、星+人+花という写真が撮れる気はしています。

イデアとして記しておきますが、基本ボッチである私は、この構想は実現できないかもしれない。無念。

星+花+人ポートレイトという夢のある可能性はある。可能性は。やったことはない。アイデアとしては。誰かやってほしい。ボッチには無理。

 

・弱点その2。

露光中ピント絞り可変法と比べると、必ず焦点距離の短いレンズでないといけないので、星を大きく切り取れない、ということになります。ので、星景としてはなにかしらの工夫が必要。

夏の天の川は狙っています。あれなら、…焦点距離短くても目立つ。はず。写れば。

 

というわけです。

実のところ、PENTAX KPの高感度耐性とアストロトレーサーがあることで撮影が可能になっています。エッジ抽出も含め、PENTAXの技術をあますところなく使用した撮影法…。

こうやって詳しく書いても、ぶっちゃけ機材構成がニッチ過ぎて、誰かほかにやってくれる人がいるのか、あまり期待できない。という気はしている。淡い期待。

 

試行錯誤しつつ、撮影法はだいたい確立したので、ここからが本番ですね。

作品としてちゃんとメッセージが乗った写真が撮れるかどうか。

なので、これから春にかけて咲いてくるいろいろな花で試しつつ、写真としてブラッシュアップしていこうかと思います。

 

今までの過程

shironagassu.hatenablog.com

shironagassu.hatenablog.com

 ↑ちなみに、今までの道のりの記録はこちら。進捗度合いから言えば、K-50からKPにカメラが変わったことが大きい。軽いシンギュラリティが起こった。

 

 

 

 

PENTAX GPSユニット O-GPS1 39012

PENTAX GPSユニット O-GPS1 39012

 

つまり、この3種のアイテムが揃うことで可能になるパンフォーカス星景。

機材がニッチ(笑)

もし試したら、ぜひ、教えて下さい。他のレンズでの写り方や、他の機材の場合などいろいろと興味があります。

 

まあ、合成したらいいじゃん、という突っ込みはあると思う。

そうね。…まあ、そうね…。

比較明合成とか、私も別に合成は日常的にしてるわけなので、花と星と合成しちゃあいけないということは ないですね。

まあ、ね。

そこはすきずき。としか言いようがない。

 

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村


星景写真ランキング

足摺岬・月下の航路

いやはや、本当は、椿を撮りに足摺岬と足を伸ばしたのですが、どうやら、まだ、早かったようで、ほんの少ししか咲いていませんでした。大きなつぼみがいくつかあったので、これから咲くんだろうと思うんですが…。

少し咲いていたものも、高い位置にあったりで、なかなか撮れそうなものがなく、目的の椿は撮れずじまいで、撤退となりました。

 

が、手ぶらで帰るわけにもいかない…。

せっかくなので、灯台と星を撮ってきました。

 

月下の航路を往く

f:id:shironagassu:20180205132116j:plain

PENTAX KP レンズ DA 10-17mm FISH-EYE 焦点距離10mm

ISO2000 SS20秒 F5.6  アストロトレーサー使用

2018.02.04 高知県土佐清水市にて

 

プロキオンシリウスベテルギウスの3つの星がつくる冬の大三角が、南に見える足摺岬灯台の上にかかります。

写真の外、南東にはすでに、満月過ぎの大きな月が出て、灯台の下の断崖を照らしています。そのせいで、星の光はなかなかとらえられなくなっていますが、サイド光に照らされることで、景色には立体感が出ています。

ここら辺はなかなか難しいですね。これだけの規模を、LEDなどで照射することは不可能なので、月がなければこの地上の風景は撮れないのですが。半月くらいの月ならもっと良かったかもしれませんが、そうなるとまた、星の位置がずれると。

星景写真は、常に一期一会ですね。同じものは撮れません。その時に、その場にいたということだけが意味がある。

 

水平線上には、大きな雲が垂れ込めていますが、その下の航路を船が進みます。いつもなのかもしれませんが、土佐湾沖の航路は賑やかで、たくさんの船が光を灯しながら行き来していました。

星と灯台は、ともに先へと進む道しるべ。迷わぬよう、あるいは迷った者へも自分の立っている場所を教えてくれます。それを元にどう進むかは、なかなか簡単ではないですが。

 

ツイッターで出したものとは少し編集を変えて、トリミングの位置を中心寄りにずらしたのと、崖下の白波が目立つように、補正をかけています。

 

ああ、しかし。

椿と一緒に星を撮りたかった。

足摺岬は、高知の西の最果て、シーズン中にもう一回行けるかはさすがに微妙。どうだろう。リサーチ不足だったか。

2月は、東の室戸岬の方で河津桜も咲くかもしれないし、佐川町バイカオウレンも咲く…かも。

うーむ。天気も見ながら行ける所へいかねば。バイカオウレンと星は…小さくて撮れるか自信がないですが…どうなんだろう…。

一期一会ですね。

椿は、またの機会を待とうと思います。

 

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村


星景写真ランキング

広告を非表示にする

星景サルベージその24 折れそうな月をさがして

はい。

昨日は、皆既月食だったわけですが。

ええ、もう、全然ダメでした。

 

翌日(今日)の地元紙をみるとそれでも県内で、皆既になった月をおぼろげながらとらえた写真が載っていたので、プロはえらいな…と。

高知市は、部分食が始まる直前まで月がきれいに出てたんですが、直前に厚い雲にのまれてしまいました。

途中から、みぞれまじりの雨も降りだして、完全に心が折れて撤退しました。

あそこでもうひと粘りしたら見えたのか?そもそも、高知市では見えなかったのか?

 

まあ7月にももう一回皆既月食あるしな。明け方だから撮りづらいけど、最近、朝早く(夜遅く?)目覚める(加齢か…)ので、たぶん晴れてたら撮れる。と慰めておこう。

皆既のまま西の空に沈むので、だいぶ低空まできれいに晴れてないといけないですが…。どうだろう…。

 

折れそうな月をさがして

f:id:shironagassu:20180201180913j:plain

PENTAX KP レンズSMC 50mm 焦点距離50mm

ISO320 SS2秒 F不明 トリミング

2018.1.18 高知市にて

 

これは、いつもの定点の鏡川で、月齢2(だったと思う、1?かも)の細い月を撮ってきたもの。

夕暮れの西の空に、折れそうな月が傾いていきます。

凪いだ鏡川にもその月が写ってなかなかの風情。

 

鏡川は隠れた(いや、隠れてもないのか)月の名所といえると思います。

月ノ瀬橋というそのものずばりの名前の橋もあります。

鏡川は、高知市を東西に貫くように流れているので、昇るときと沈むときと両方が楽しめます。

 

何度か言ってますが、このくらいの月がやはり美しいですね。

私の月の形のウォーターマークもそこから来ています。

 

この時はリアルレゾリューションシステムを使うこともできたんですが、これは使わなかったものです。確か。

月は、ISOあげてシャッタースピードを稼がないとリアルレゾリューション使うと滑る感じになるんですよね。なので、無理に使わなかったです。

ただ、なしでもバンディングも起きずにきれいにグラデーションが出てますね。レンズはマニュアルフォーカスのオールドレンズなので、解像感はそれほど感じませんが、諧調性は悪くないかも。

 

このタイトルが、昨日の皆既月食が撮れずに折れた私の心と、細く折れそうな月のダブルミーニング(掛詞)になっていることは言うまでもない。

無念。

 

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村


星景写真ランキング

星景サルベージその23 星をつかもうと

うむ。

サルベージなのか、サルベージでないのか、定義が定かではないのですが、サルベージです。昨日撮ったものなのでサルベージを名乗らなくてもいい感じもあるのですが、まあ、あまり基準がありません。私がサルベージと思ったらサルベージ。

後から検索するときサルベージで検索できるので楽かもしれない。

 

本当は、何か花が咲いていれば、パンフォーカス星景が撮りたいと思いつつ、安芸市の公園に行ってきたのですが、あいにくと何も咲いていなかった…!残念。ここはつつじが有名で、2~3月に咲くようですので、再訪しなければ。

梅もそろそろ咲き始めますね。

梅…暗いところで咲いてないかな…。高知市の城西公園は色々な梅があっていいのですが、街中なのでエクストリームにあかるい。

 

2月に咲くといわれるバイカオウレンも狙っています。佐川の牧野公園で咲く…らしい…!これも作戦ねっておきます。一度、牧野植物園で実物みときたい(いや、今までも見たことあるような気がするけど…写真を撮ってないので)

 

でも、今月、まずは、ちゃんと月食を撮れるかですね。1月31日です。

www.nao.ac.jp

これは街中が良いかなと思っています…暗いところで見ると皆既になったときに星が浮き上がってくると思うのでそれも捨てがたいのですが、月と地上と組み合わすとなると…明るい方が都合がよい。一長一短!

まあ、場所は最後まで悩みそうです。晴れるかな。そもそも。それが心配。

そして撮り方も、現地で悩まないようにワークフローをまとめておこう。手動インターバル&露出ブラケットかなと思ってはいます。

そしてもう一台は望遠をつけて…まあ、何とかして撮る(笑)

 

と前置きが長くなりましたが、サルベージです!

 

星をつかもうと

f:id:shironagassu:20180120175730j:plain

PENTAX KP レンズDA 10-17mm FISH-EYE  焦点距離10mm

ISO6400 SS60秒 F4  アストロトレーサー使用

2018.1.20 高知県安芸市にて

 

私は、この日はあえて雲がある方に向かおうと、予報を見て雲を追うように東へ。

タイムラプスではよく雲は邪魔ものではないといわれますが、星景においても、そう言えると思います。

全面曇りだと困りますが、雲が出て表情のある空の方が面白い場合もある。

もちろん、快晴が映える場合もあるので、時々ですけどね。

 

星を飲み込もうと西から東へ雲が流れていきます。

前景に入れた枝は、星をつかもうと手を伸ばしているかのようです。

白い雲が背景になって、その枝を浮かび上がらせてくれます。

カメラは南向き、一番明るく見える星は、おそらくうしかい座アークトゥルスだろうと思います。

 

せっかくこの前ギリシア神話の本を買ったので、少し、星座解説も交えましょう。(これから先も星座が出てきたときにちょくちょく使うと思います、この本。そのために買ったので(笑))

で、意気込んで調べてみたところ、うしかい座のモデルは不明だそうです。

えー、マジか。そんなのありか。

が、アークトゥルスの語源である、ギリシャ語のアルクトスとは熊のことだそうです。おおぐま座の北斗七星(くまのしっぽ)から春の大曲線をたどってまず見つかるのがこのアークトゥルスなので、熊の目印になったのでしょうか。

おおぐま座のモデルは、月の女神アルテミスのお供であるカリスト。そしてこぐま座はそのカリストとゼウスの子・アルカスのようです。そして、このアルカスという名前はアルクトスとかかわりがあるようです…。

と考えると、うしかい座もアルカスであるということにしておいたらいいような気がしますね。そういう説もあるようです。

レミーも星座つくるときに、何をモデルにしたかちゃんと残しておいてほしかった。

 

さて、これ10-17mmでの撮影なのですが、周辺像が若干ピントが甘い。うーむ。これが残念。

天候の予測から、撮影、現像までイメージ通り仕上がっただけに、レンズの性能に不満が残ります。

まあ…11-18mm入手への布石だと思っておきたい。

10-17を扱うときは周辺像ちょっと気を付けておかないといけませんね。

KPが高感度使えるのを踏まえて、少し絞った方がいいかもしません(今回も開放F3.5→4にしてますが)。それで改善するかどうか…。

 

というわけでサルベージでございました。

 

ギリシアの神話 (神々の時代) (中公文庫)

ギリシアの神話 (神々の時代) (中公文庫)

 
ギリシアの神話 (英雄の時代) (中公文庫)

ギリシアの神話 (英雄の時代) (中公文庫)

 

Amazonには、もう1円の中古本しかないですね、これ(笑)

Amazonで買った方が安いですが、個人商店的な古本屋の雰囲気が好きなんですよね。(逆にブック○フはちょっと苦手です…)。新品の本も買った方がいいんでしょうが、出版社には申し訳ないのだけれど、中古本を見つけるのが楽しい…。すまん。

 

サムヤン14mmが逝ってからというもの酷使し続けている10-17。画角の広さが半端なくてとてもユニークなレンズなんですけどね。もっておいて損はないが、性能がもう少しよければ…!11-18への期待が少しずつ膨らむ日々。

こんどまた、リコイメスクエアに行くことがあったら、うちの10-17は何かしら調整できないものか、聞くだけ聞いてみようかなぁ。片ボケなどの不具合が起きてるのかも。酷使してるしな…。 

 

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村


星景写真ランキング

星景サルベージその22 何でもない日の何でもない始まりに

というわけで、サルベージです。

この前、月と惑星を撮ろうと思って早朝近くの橋の上まで出てみたんですが、あいにくの曇り空で、かろうじて、木星と月は見えたのですが…。本当は、見えるはずだった、火星と土星と水星はほとんど確認できませんでした。残念。

その時の様子をタイムラプス化したので、その動画をアップ。

これは星景なのか?という疑問は少しありますが、幅広くサルベージしていくスタイル。途中に月と木星は出てきます。

 

とりあえず、その前に、初めてパノラマ化した写真を上げておきます。

普通の自由雲台でパンしたので、構図が若干適当でしたが、Lightroomはなんとかつなげてくれました。

f:id:shironagassu:20180116191523j:plain

 PENTAX KP レンズHD 20-40mm Limited 焦点距離20mm

ISO100 SS1.6秒 F8 リアルレゾリューションシステム使用 2枚パノラマ

2018.1.14 高知市にて

 

おそらく、ISO100、F8で、ライブビュー拡大ジャスピンにしたリアルレゾリューションシステムがKPの最大限の表現力だと思うんですが、できる限り起用していきたいと思います。が、まあ、これを普通の星景で使うのはなかなか難しいかな。

朝焼けや夕焼けと絡めて使いたいところですね。

あとは、レンズですかね。PENTAX渾身のスターレンズがほしいですよね。……。ああ倹約生活しかない。

 

何でもない日の何でもない始まりに

KPとK-50の二台体制で、撮ったものをタイムラプス化しています。

二台で撮ると、タイムラプスの尺は確保できて良いですね。

いやはや、この日は狙ってた月と惑星も撮れなかったんですが、特に何もない、本当に何も始まらないタイムラプスになっています。

人生の中に、何も始まらない、何もない、そんな日もあってもいいだろうと。

いうことで。

 

途中、ピアノの旋律と、月の見え方が(奇跡的に偶然に)シンクロするところが好きです。

曲は、

dova-s.jp

から、Yuliさんという方が作曲された「冬の朝」という曲を使わせていただいています。

探せば、イメージに合う曲が何かしらあるので、すごい時代ですね。

 

しかし、あれですね。YouTubeって再生されませんね(笑)

ブログも零細ですが、YouTubeの方はもう、何ともいいようがないですね。

まあ、特に期待もせず、細々と上げ続けます。

ヴィヴィアン・マイヤーみたいに、いつかどこかで発掘されるかもしれない。

www.ggccaatt.net

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村


星景写真ランキング