シロナガス/星景と科学本のブログ

受信者としてのサイエンスブログ。星景写真、スタータイムラプスと、ポピュラーサイエンス/サイエンスノンフィクション(一般向け科学書)の書評。

星景サルベージその32 繰り返されるありふれた物語を

ふーむ。

どうも、天候不順が続きます。今日も、曇り空。

これは…このまま、梅雨入りしてしまうのではないかと心配をしておりますが…。

週末から来週頭にかけてとりあえず、曇りor雨で推移するようです。

うーん。

星枯渇期に入りますね。

 

まあ、天候ばかりは致し方ありません。

星景の構想を練りつつ、好機を待ちたいと思います。

 

というわけで、サルベージ。

 

繰り返されるありふれた物語を

f:id:shironagassu:20180516185314j:plain

PENTAX KP レンズ HD DA 20-40mm Limited 焦点距離20mm

ISO6400 SS40秒 F2.8  アストロトレーサー使用×5枚をパノラマにしてトリミング

2018.5.12 高知県須崎市にて

 

正式な題名は、「ありふれた銀河のありふれた星の、繰り返されるありふれた物語を」です。長いので省略してます…(笑)

もはや短文。

 

この天の川の中心部を見ていると、この巨大な宇宙には、地球と同じような星もあるだろうと不思議な気持ちになるんですよね。

「宇宙は大きなスケールで見れば一様で等方である」という宇宙原理から行くと、天の川銀河も、いくつもある銀河のひとつでしょうし、地球もありふれた星のひとつでしょう、そして、そこから写真を撮っている私自身もありふれた存在のひとつということになるでしょう。

しかしながら、ありふれていても、それは、望むと望まざるとにかかわらず、良い悪いでもなく、やはりユニークな、ただひとつの存在でもあるという逆説。

というような、ことを考えながら撮っている…ような気もするし、パノラマがきれいにつながるように雲台を動かすのに精いっぱいともいえる。

 

このパノラマ写真は、最初、リバーサルフィルムのカスタムイメージを当ててTIFFに書き出したものから処理していたんですが、ノイズがきれいにならないので、RAWから編集をし直しました。

空の部分にあまり強くノイズリダクションをかけると、星がつぶれてしまうので、空はlightroomの輝度ノイズ軽減を25くらいにとどめ、地上(というか海)部分は、それに加えて輝度ノイズ軽減100を重ね掛けするというストロングスタイルなノイズ処理を行っています。

 

構図としては、センター構図で、手前の岩礁を含め、すべての要素が真ん中に視線を集めるように配置されているので、まあ、良いかなと。単純ではあるけど、横に長いことで、単調さを打ち消してくれている…ような気がする。本当かな。

 

まあ、サルベージでした。

さて、星枯渇期…なんとか乗り切れるだろうか。

 

パノラマ撮影をするのに、雲台が欲しいなという思いを募らせています。

三脚も欲しいのだが、どっちもというわけにもいかず悩ましい。

 

こういうのだと、固定力も強そうだし、パノラマもしやすそうで、迷う。

しかし、この値段を出せばもう一台三脚を買うのも…可能…。

 

SIRUI カーボン中型三脚 N-2204X+K20X 雲台セット

SIRUI カーボン中型三脚 N-2204X+K20X 雲台セット

 

ここら辺まで出せば、まったく何の不満もない三脚になるのだが、11-18に向けた緊縮財政をしいている現状では、このクラスのを買うのは、きわめて難しい…。うーむ。…むむむ。

 

これはしばらく悩みそうです。

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村


星景写真ランキング

海岸線上の銀河と高感度ノイズ

ふーむ。

先日の金曜日の夜は、GPVは雲ばかりで最悪の真っ白の予報だったんですが、翌日の土曜日の夜が完全にダメそうだったので、まあ、ダメで元々と思って、出てみたのですが。

これが、意外に晴れてた。

一応、星空指数は100ということで、今回は、こっちが当たりでした。

GPVと星空指数は、夜空の状況を判断する上で、よく頼りにするのですが、今回は完全に矛盾していましたが…。結果的には、晴れていた。

 

そうそう。

センサークリーニングでPENTAX送りになっていた、KPは、ピックアップリペアされた月曜から5日と想定外に早い返却で、金曜日の夜には帰ってきておりました。センサークリーニングの結果はもちろんばっちりです。今度からももうプロに任そう…。

 

なので、今回の撮影にも間に合いました。

が、せっかくなので、K-50も持ってタイムラプス素材用に別撮りしてきました。

しかし…パソコンの故障からこっち、タイムラプスをつくってなかったようで、動画編集ソフトがない…いままでバンドルされていたムービーメーカーは使えなくなってるんですね。うーむ。困ったな。私の適当なタイムラプスづくりにムービーメーカーの簡易な編集機能が最適だったのだが…何か探してみないといけませんね。

 

海岸線上の銀河

f:id:shironagassu:20180514124155j:plain

PENTAX KP レンズ HD DA 20-40mm Limited 焦点距離20mm

ISO6400 SS40秒 F2.8  アストロトレーサー使用

2018.5.12 高知県須崎市にて

 

少々雲はありましたが、まあ思ったよりも晴れてはいたかなと。

海岸線を、天の川をおさめる良いアングルを求めて、しばらくさまよってみました。

(が、これは、実はスタート地点…)

 

今回は空が暗かったのでISO6400で40秒まで露光をかけたんですが、6400になるとやはりノイズ処理を丁寧にしないといけない。

上のものは、RAWファイルからそのままLightroomで現像処理をしたもので、比較的良くノイズが抑えられているように思います。

 

f:id:shironagassu:20180514124808j:plain

f:id:shironagassu:20180514124834j:plain

この下の二つは、同じRAWファイルから、一度カスタムイメージ・リバーサルフィルムをあてて(上が白色蛍光灯W、下が同Lのホワイトバランス)、TIFFに書き出した後、Lrで処理をしたもの。

うーむ、一番上のものより、ノイズが目立つ結果に…。

まあ、見方によっては許容範囲か…どうか、…いや。しかし、最高の結果ではないのは間違いない。

 

うーん。悩むなあ。PENTAXの色合いを出そうとTIFFで書き出すと、6400ではノイズが残る。

RAWのLrで処理すれば、ノイズはかなりきれいになるがPENTAXの色合いは消えてしまう。

矛盾か…。

 

だったら、いっそのこと、カスタムイメージはフラット(レタッチ用のカスタムイメージ)で撮ってしまって、ゼロベースで色づくりをするのもありか…。

LrもAdobeカラーのプロファイルがいくつか使えるようになって、色も悪くはないんですけどね、PENTAXのカラーとは違うけれども…。

 

ああ、悩むなあ。

今度撮る時は、フラットで撮ってみようかなあ。

一旦TIFFに書き出す方式は、PENTAXの色味を出せるので良いと思ったのだが、また、課題が出てきたか…。ISOいくつまでならこの方式で行けるのかとか知見を集積していかねばなりません。

悩ましい。

色々試してみるようにしたいと思います。

 

shironagassu.hatenablog.com

 

気温も少しずつ高くなってきて、当初懸念した(↑上のエントリーでも)ようにノイズ的には冬より環境が悪化しつつあるように思いますが、KPのISO6400は、Lrのノイズリダクションと併用することで、まあ、使えるかなあと。

 

ただ、もう、ひとつの可能性として、長秒ノイズリダクションをONにしてみたらどうだろうか、というのはある。これをONにすると、撮影と同じ時間がかかるので、撮影のテンポが悪くなるのだが、一枚撮っておくのも悪くないかもしれない。

ノイズとの果て無きたたかいは続く。

 

 

K-1Ⅱのアクセラレーターが、ディティールを失うとかなんとかで一時話題になりましたが、検証したサイトも、K-1とⅡで使用レンズが違うなど条件が異なっているようで、こちらとしても、判断しづらい。うーむ…。本当の所はどうなんだろう。

 

まあ、KPのAPS-Cサイズのセンサーで、無理をして高感度を使えるようにする上では、アクセラレーター、良い働きしているようには思うんですけどね。

センサーサイズが大きいなら無理しなくても良いというのは、一理ありそうではあるけれども…。さて。真実はいかに。

今後、K-1がupgradeサービスで、Ⅱ相当になったら色々情報は出てきそうではある。私は、買う予定はまったくないんだけれど、注視はしておこう…。

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村


星景写真ランキング

みずがめ座η流星群を反省する2018

はい。

今年も流星群の季節がシーズンインしました。

私の中で、流星群は4月こと座流星群から始まって、1月のしぶんぎ座流星群で終わることになっている。

で、年間2ステージ制ですね、夏と冬の。

公式な定義がどうなっているのか、公式にそんな定義があるのかもよくわかりませんが、とにかくシーズンインしたことは間違いない。

 

なので、実は、4月こと座流星群から(私の中では)インなわけですけど、その日は、調整にミスって起きられなかったので、このみずがめ座η流星群が今シーズンの流星群初撮影となりました。

f:id:shironagassu:20180507210528j:plain

PENTAX K-50 レンズ HD DA 20-40mm Limited 焦点距離27mm

ISO100 SS1/125秒 F8 

2018.5.6 高知県芸西村にて

 

まあ。朝日の写真でも見て心を和ましてください。

流星群の記事なのに、朝日の画像を一番に貼るときは、そういうことです。察してください。

 

 

初回から惨敗

いや、もう結論からいうと惨敗というか。なんというか。

みずがめ座η流星群というのは、輻射点があまり高く上がらないので、そんなに、流れるものでもないのですが、南半球では輻射点も高くなって、3大流星群並みに流れるやつらしい。という、うろ覚えの知識。本当だろうか。

f:id:shironagassu:20180507210826j:plain

f:id:shironagassu:20180507210829j:plain

ともに、K-50でISO1600、30秒露光。

うーむ…、一見、右側に流星がそれぞれ一つずつ写っているように見えますが、これは、まず間違いなく人工衛星のフレアですね。この時間にどの人工衛星が光ったのかは詳細わかりませんが。

 

①流星特有の緑の輝きがない。

輻射点はもっとこの画像でいうと水平に近いはずなのに、そうなっていない。

③この写真は、1枚目→30秒→2枚目(3枚連続した撮影の1枚目と3枚目)ということで、間隔が近いうえに、写っている角度が同じ。

 

と。いうことで、フレアですね。

うーむ。

流星と言い張りたいけど、フレア。無念。

 

f:id:shironagassu:20180507211321j:plain

そして、後半雲が出てしまったのですが、その出る前までを比較明合成した、怒りと悲しみのぐるぐる。

うーむ。

 

今回は、実は、初の試みとして、インターバルをタイマーでセットして、私は寝るという形をとってみました。いけますね。

ちゃんとK-50は、深夜2時ごろから4時過ぎくらいまでインターバルしてくれてました。

えらい。で、日の出のころおもむろに起きてきて、冒頭の写真を撮影したというわけです。

 

ちなみに、今回、KPではなく、K-50なのは、KPのセンサーゴミが発覚して、清掃のためにピックアップリペア(PENTAXの修理センター送り)に向け封印したため。

今日、無事に、修理センターに旅立ってゆきました。

きれいになって戻ってきてほしい。何日で戻るかな。

 

いやしかし。

流星群は、なかなか、流星をうまくとらえられませんね。

今年のペルセウス座流星群は、条件がいいので、良いのをとらえたい。

そして、それに向けて、二台体制をより確実なものにするために、三脚がもう一台欲しい(今はミニ三脚しかない)と思いはじめている。安いやつでいいんだ…。

というわけで、物色し続けています。

 

これは、カーボンの割には安いけど、アルミでいいのでもっと安く買いたい。

星景で使える下限の安さの奴を見つけたい。

NEEWER…いけるかな、…どうかな…いけそうだな…と考えていますが、もう少し探してから、おもむろにいきます。しかし、この商品分類のところが、おもちゃ&ホビーになっているのが…そこはかとなく不安ですね。いや…まあホビーか。ホビーといえば。

まだペルセウス座流星群には時間があるので、物色を続けます。

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村


星景写真ランキング

むろと廃校水族館でウミガメを見る

今週のお題ゴールデンウィーク2018」

 

というわけで、このGWを利用して4月26日にオープンしたばかりの「むろと廃校水族館」に足を延ばしてきました。

 

室戸岬をさらに超えて、高知の東の端、東洋町にほど近い室戸市室戸岬町の椎名地区というところにある廃校水族館。

高知市内から行くとそれなりに遠いですが、GWということもあって、なかなか多くの人が訪れていました。その分混んでいて時間はかかりましたが、道はGW以外ならそんなに混むことも無いようには思います。道幅は広いのでドライブにはぴったりかもしれません。

 

私としては、先日、東洋町に星景を撮りに行っていたので、遠いのは遠いのですが、まあ少し慣れていて、よかったです。

 

むろと廃校水族館でウミガメを見る

f:id:shironagassu:20180506174805j:plain

f:id:shironagassu:20180506174830j:plain

むろと廃校水族館は、12年前に廃校になった椎名小学校の跡地を利用しているとのこと。運営母体は、館内の説明を見るに、特定非営利活動法人日本ウミガメ協議会(…多分。なのだろうと思います)。

日本ウミガメ協議会は、2001年から室戸のウミガメの調査をしているとのことで、室戸市にある3つの定置網「大敷」にかかるウミガメの生態調査を続けてきたそうです。

www.umigame.org

※日本ウミガメ協議会のHPを見ると、むろと廃校水族館についての記述もありますね。

 

f:id:shironagassu:20180506175304j:plain

定置網「大敷」のミニチュア。さすが漁業の町という感じです。

 

f:id:shironagassu:20180506175352j:plain

なので、ほかにもいろいろとおりましたが、一番のメインはウミガメの展示でした。

 

屋外水槽こと25mプールに、大小のウミガメがゆうゆうと泳いでいました。

おみやげには、ウミガメのピンバッチなども売っていました。

私は、アカウミガメのピンバッチをゲット。

 

アカウミガメとアオウミガメ、タイマイの三種類がいる…?んだろうと思います。

どれがどれかは私は見分けがつかなかったですが。勉強不足…!

 

f:id:shironagassu:20180506175550j:plain

これは、タイマイという種類のカメのはく製。

背中に背負えるカメの甲羅などもありました。カメ推し。

 

f:id:shironagassu:20180506175731j:plain

校舎部分には屋内水槽を設置していて、いろいろな種類の魚が泳いでいました。

これは、スタッフが一匹一匹釣ったというサバの子。大変だ…(笑)

同じ方向に向いて群れで泳いでいました。

 

f:id:shironagassu:20180506175734j:plain

これは、かたいうろこを持つマツカサウオ。という魚らしい。

ほかにも、ウツボや、ゴンズイ、ヒダリマキ(と高知では呼ばれますが、タカノハダイ)など、地域密着型の魚の展示をいろいろとみることができました。

ゴンズイは、ナマズの親戚のような魚ですが、ゴンズイ玉という群れを形成していて、謎の迫力がありました。

豊かな、室戸の海の自然を体感できます。

 

f:id:shironagassu:20180506175737j:plain

こういった、魚類の標本なども多数展示されていました。

 

f:id:shironagassu:20180506175741j:plain

図書室には、ミンククジラの骨格も。

 

この近辺には、室戸特有の地形・景観が面白い室戸ジオパークもありますし、室戸ドルフィンセンターもあるので、はしごしてみるのも良いかもしれません。

室戸ドルフィンセンター

私としても、ジオパーク×星景はおすすめです。非常に景観が面白いし、夜の空はただでさえ暗い高知県内でも屈指の暗さです。

 

県外から行くとするとそこそこ遠いですが、もう室戸のほうで宿泊までして、ゆったり楽しむつもりで、足を延ばすとよいかもしれません。そのまま東洋町もありかもしれないし、少し戻って北川村のモネの庭なんかものぞくコースもありでしょうね。

www.kjmonet.jp

 

というわけで、久々の、科学館的なもののレポートでした。

次はたぶん、7月にオープンする、図書館オーテピアの高知みらい科学館のプラネタリウムになるかな、と思います。

いや、まあ、何かあればそんなに間を開けないで書きたいですが(笑)

このコーナーは更新頻度が低い…!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

星景サルベージその31 赤鉄橋

このゴールデンウィークは残念ながら、満月期ではあって、満天の星空を撮るには都合が悪いのですが、まあ、星景写真にとっては、前景を照らしてくれるという意味で、月は必ずしも敵ではない。うまく付き合わないといけませんね。

とりあえず、晴れていれば何らかの星は写るだろうという精神で撮りに行っています。

 

というわけで、サルベージ。

 

赤鉄橋

f:id:shironagassu:20180430214256j:plain

PENTAX KP レンズ DA 10-17mm FISH-EYE 焦点距離17mm

ISO2000 SS20秒 F5.6  約60分の比較明合成

2018.4.28 高知県四万十市にて

 

四万十川、旧中村市市街地、四万十川下流にかかる赤鉄橋と星空を。

いつか撮らねばならないと思いつつ、先延ばしにしてきましたが、28日に撮影をしてきました。

 

タイトルをシンプルに「赤鉄橋」としたのは、そのワードが、中村市出身者にとっては、原風景を伴うものだから。

中村市出身者の多くが、この赤鉄橋の風景に、自分の記憶を重ねる、(とおそらくは、思われる)特別な風景のひとつだと思います。

なので、軽々にも撮れなかったというのもありますが(まあ、そんな大げさなものでもないですが)、月夜の晩なら橋もよく見えるだろうということで、北天の円周運動と併せて写しこみました。

 

さすがに、市街地に架かる橋だけあって、深夜2時台の撮影ですが、橋の上には車が走っていましたが、その光跡も橋を照らしてくれていいかなと。

多用するフィッシュアイズームですが、珍しくテレ端17mmで撮影しています。

カメラ内の比較明合成を使用しました。

後で自力で合成したほうが、不意のアクシンデントに対しては、柔軟に対応できますが(急に強い光が正面から入ってしまうなどした場合、そこから切り捨てることもできる)、撮影しただけで、比較明合成した一枚絵が出てくるのはそれはそれで手軽で扱いやすくて良いとも言える。一長一短。

 

PENTAXカスタムイメージ「銀残し」で、現像。ノスタルジックな雰囲気になるのと、鉄橋の質感にも合うかなということでチョイス。

ツイッターで出したのは、簡易的にモバイル環境で現像したものだったのですが、これは、一応編集を変えて、赤鉄橋の赤さはすこし彩度を上げて強調しています。

 

というわけで、サルベージでした。

はい。

 

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村


星景写真ランキング

星景サルベージその30 星明りの樹

はい。

というわけで、今日4/23の明け方は、4月こと座流星群の極大日だったわけですが、いやはや、何か疲れがたまっており、いけませんでした。

晴れてたかなあ、どうかなあ。

まだ、月曜だというのに、すでに疲労が蓄積している。

なんだろうこれは…。

参った。

 

なので、サルベージでもしておこうかと。

 

星明りの樹

f:id:shironagassu:20180423182921j:plain

PENTAX KP レンズ DA 10-17mm FISH-EYE 焦点距離11mm

ISO6400 SS60秒 F5.6  約30分の比較明合成

2018.4.21 高知県香南市にて

 

ヒトツバタゴの樹。別名ナンジャモンジャノキと呼ばれ、この時期、白い房状の花をつけます。

英語名はその房からフリンジ(房)ツリー。ヒトツバタゴはチャイニーズ・フリンジ・ツリーというそうです。

 

ツイッターで初出した時から少し編集を加えて、ヒトツバタゴの花の白が白く見えるように色かぶりをとりました

画面左側150mくらいに、何かの建物の入り口があってそこから淡く光が漏れてまして、それが、ヒトツバタゴを照らしてくれて、それはよかったのですが、その光が若干黄色かったようで…。

 

白い繊細な花が、星明かりを灯したように…見えたらいいなあということで、星明りの樹という題名にしています。

 

もっと長時間、比較明用のインターバルを回せたらよかったのですが、構図決めに少し時間を撮られたのと、夜明けが思ったよりも早くなっていて、30分強で限界でした。

これから、明け方の撮影は時間との勝負になってきますね。

 

いや、しかし。

妙に疲れているので、今日は早めに休もう。

なぜこんなに疲れているのかは、謎。

原因不明。

肩が凝った…。

 

こいつは、 F5.6まで絞ればパープルフリンジがおさまる。ということはわかってきた。

うーむ。…。当面はそういう方向でいかねばなるまい。11-18mm…早く…(なお、今出ても、お金はたまっていない(笑))

 

ということでサルベージでした。

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村


星景写真ランキング

鏡川にかかる月と金星

さて。

しかし、今日はよく晴れている。日中は歩くとすでに暑いくらいになってきましたね。高知市は25度ほどらしい。

今晩も、良く晴れているので、予定外だが行かねばならないかなと思いつつある、が子守り。

なので、一度寝てから(起きれれば)明け方に行こうか、という。

 

そして、おあつらえ向きにこの19:30の時点ですでに眠い(笑)

 

というわけで、この前撮ってきた高知市・鏡川と月&金星ランデブーの様子をアップしておきます。

しかし、月と金星というのは、ギリシア神話でいうとアルテミスとアフロディーテの両女神になるわけですが、まあ、月と金星の共演は実に美しい。でも、この2人(2柱?)は、仲は良くなさそうだな…どうなのかな(笑)

 

ダンスインザブルー

f:id:shironagassu:20180420191632j:plain

PENTAX KP レンズ HD DA 20-40mm Limited 焦点距離34mm

ISO3200 SS1.3秒 F10 (との表記ですが3枚のHDRのはずです)

2018.4.18 高知県高知市にて

 

最近は、高知市内いたるところで、ツツジが咲いていまして、鏡川河畔でも、ご覧のとおりきれいに咲いています。

ので、夕暮れブルーアワーの淡い光の中で、前景にツツジを入れつつ、鏡川にかかる月と金星をとらえました。

これは、PENTAX独自のホワイトバランスCTEで青みを強調しつつ、カスタムイメージ/リバーサルフィルムで。とはいうものの、ライトルームでそのまま現像したので、色が再現されたかは不明。不明というか多分されてない。残念。

 

ところで。

kagamigawaphoto.com

鏡川写真コンテストというのがあるらしい。

ふむ…。

鏡川は今回に限らず定期的に撮っているので、何か一枚だそうかと思っています。

まあ。にぎやかしです。展示してもらえるみたいなのでそれだけでいいかなと。

ただ、締め切りは6/1なのでまだ焦る時間ではない。

が、まあ。あれを出すかなというのは決まりつつあるが、まあ、もっといいのも撮れるかもしれない。前向きに考えれば。

 

フォトコンは作品制作が追い付かないので、出すのを絞りたいというのが大方針なのだが、さすがに、鏡川となると出さないわけにもいかないだろう、との判断。

でも、そんなに、良いのはたくさんは撮れませんね(笑)

去年もあったみたいだけど、去年の6月頭はまだ、2017年上半期ふて寝事件から立ち直っていないので、気づいたら終わってましたよね。

 

ということでした。

今日はいったん寝るか。そして、早く起きれたら、撮りに行こう。

確率は五分五分。

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村


星景写真ランキング