シロナガス/星景と科学本のブログ

受信者としてのサイエンスブログ。星景写真、スタータイムラプスと、ポピュラーサイエンス/サイエンスノンフィクション(一般向け科学書)の書評。

暁月と桂浜

台風18号は、高知県にも上陸し、高知市は17日夕方ごろから、風がかなり吹きました。

 

台風が過ぎた翌日、18日の明け方、東の空に月と惑星が並ぶということで撮影に行ってきました。(19日も良い感じだったのですが、行けずじまいで残念)

場所は、月の名所にして、高知の代名詞ともいえる桂浜

台風は過ぎ、風も穏やかにはなっていましたが、まだ波も荒く、路面には、その前の晩に風雨に吹かれた小枝が散らばっているような状態でした。

 

暁月(ぎょうげつ)と桂浜

f:id:shironagassu:20170920203956j:plain

PENTAX K-50 レンズHD 20-40mm Limited 焦点距離20mm

ISO400 露出1/4秒 F8

2017.09.18 高知市桂浜にて

 

日の出30分前、赤く染まり始めた東の空に、月と金星が爪痕のように残ります。

この時間はまだ、私以外誰もいなかったので、私が歩いたところにだけ一筋の足跡がついています。

せっかくなので桂浜の浜辺と月を両方入れたいということで撮った一枚。

ツイッターでアップしたときには、左に、松の木が入っていたんですが、写真は引き算ともいうし、月と金星という主題と浜辺の足跡という副題があれば、写真の要素としては成立するかなということで、トリミングして、これで完成形ということにしました。

 

本当なら、もっと三脚を低く構えて、足跡を強調しつつ、さらに右に振ることで松の木を画角から外せればベストなんですが、時間は巻き戻せないので(笑)

 

星景写真である以上、主役はあくまで星(今回は月ですが)、それで、星を引き立てるわき役を何が担うかなんですが、今回は、浜辺の足跡ということにしました。

主役はあくまで空にあるということで、浜辺と海部分は下部1/3にとどめて、空の部分を大きくしています。月は、20mm(換算30mm)で写すと、小さいながら、それでも、存在感はあるかなと。足跡と波打ち際のラインが曲線構図になって、写真に奥行きがうまれて…いたらいいなあ…。

 

まあ、なるべく自分の写真の意図を言語化して残すことで、ちょっとずつ経験値として積み重ねて、引き出しを増やしてみたい…。うーむ。

 

f:id:shironagassu:20170920204453j:plain

PENTAX K-50 レンズHD 20-40mm Limited 焦点距離40mm

ISO400 露出30秒 F4 アストロトレーサー使用

2017.09.18 高知市桂浜にて

 

こちらは夜明けの一時間前ほど。

かなり低い位置に2つの星が見えています。上が火星で、下が水星。火星よりも水星の方が明るく見える気がしますね。

上から月、金星、レグルス、ちょっと間があって火星、水星ですね。

翌日には、この火星と水星の間にさらに細くなった月が並ぶという光景だったのですが…冒頭でも書いた様にさすがに連日はいけずでした。

アストロトレーサーを使用したことで地上の風景はだいぶ流れていますが、その分、星は点像で写せています。

 

f:id:shironagassu:20170920204628j:plain

PENTAX K-50 レンズTAMRON 90mm MACRO 焦点距離90mm

ISO400 露出30秒 F8 アストロトレーサー使用

2017.09.18 高知市桂浜にて

 

前に金星と月が並んだ時よりも、さらに間隔が狭いですね。

前回とほぼ同じ形で撮りました。

金星と月の並びは、非常に絵になりますね。

shironagassu.hatenablog.com

 

新レンズ 

そういえば、8月の末ごろ発注していたレンズが、Amazonから発送されたとの報。

SAMYANG(サムヤン)の14mm F2.8です。

 

ペンタックスのKマウントは、超広角の選択肢がけっこう限られていまして、フルサイズ対応なら純正の15-30mmか、APS-C用の純正DA 14mm、シグマの18-35mmあたりが対象になるでしょうか。

サムヤンの14mmは比較的リーズナブルながらフルサイズ対応ということで、今回、入手してみました。

純正レンズ比率が下がる点は、遺憾ではあるのですが、いやまあ、先立つものがなく…。(純正の15-30mmは評判はいいのですが、まあ高い…!)

フルサイズで使う日が来るのかどうなのかは、なんともわからないのですが、換算でも21mmというかなりの広角になるので、私の中では対流星群撮影の切り札的位置づけで導入しています。

 

発注時、Amazonから1~3か月でお届けという状況だったので、冬の流星群(12月のふたご座流星群とか)に間に合えばいいかと思っていたのですが、思ったよりも早く来ました。9/20現在では在庫ありになってますね。

 

どうも仕事が忙しくなりそうな気配なのですが、どこかでファーストライトをしてみないといけません。

 

果たして、期待通りの描写ができるか。またレポートしたいと思います。

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村


星景写真ランキング

広告を非表示にする

秋の夜長に星を撮る【初級編】

というわけで、9月15日夜現在、台風18号が近づいてきております。おそらく17日に四国に最接近する模様です。

週末は、なるべく星を撮りたいのですが、完全に台風とかぶりました。フラストレーション。

 

なので、ここはいったん落ち着いて、秋の夜長に備え、星景写真の撮り方をまとめておこうかと思います。

秋の星座は地味ですが、気候的には、暑くもなく、寒くもなく晴れてさえいれば星を撮影するにはよい季節です。

夜半過ぎにはオリオン座なども登ってきて冬の星座も楽しめます。 

 

季節もいいので、星を撮る人が増えるといいなということで、一度、まとめておくことにしました。

 

事前準備(必要なもの)

とりあえず、デジタル一眼レフカメラで撮ることを想定しています。(別にミラーレスでもいいですし、そこは自由に)

ので、

デジタル一眼レフカメラ

・レンズ(広角でF2.8くらいならばベスト、F3.5でもF4でも撮影は可能、もしくは広角じゃなくても可)

・三脚

 

とりあえず、これだけあれば、撮影することが出来ます。

 

加えてあったらいいもの

・レリーズ…直接カメラに触ってブレさせないために必要ですが、ないならないで、カメラの2秒タイマーなんかを使うことで対応可能。

・ヘッドライト…暗いところでの作業になるので、ヘッドライトが欲しいです。

・テープ…パーマセルテープやマスキングテープなどがあるとピント位置が固定出来て便利です。

・レンズヒーター…長時間撮影していると夜露がついてレンズが曇ることがあるのでそれを防止する。まあ、ぶっちゃけ、無くても、曇らない場合も多い。

・星空を表示するアプリを入れたスマホ…アプリは無料であると思います。スマホを向けた方向の星座が分かるのであると便利です。

・ソフトフィルター…プロソフトンAというのが入手しやすくていいです。これがあると1等星などが目立つようになります。

O-GPS1PENTAX用。20秒くらい露光すると星が流れて写ってしまうのを防ぎます。アストロトレーサー機能で、星を点像のまま撮ることができます。デメリットとしては、その分は地上の風景がぼやけて写ってしまいます。

 

ピント合わせは慎重に綿密に

何はともあれ、星にピントを合わさなければなりませんが、これが少し面倒くさいです。ミリ単位で調整する必要があります。

ここさえクリアすれば、だいたい、星景写真は撮れると思います。

 

ピントは、ライブビューを使い、無限遠にマニュアルで合わします。レンズについている指標はあまりあてになりません。

・遠くの街灯などで、ピントを合わす場合。

遠くに街灯が見える場合は、それを利用して、無限遠にピントを合わすことが出来ます。

街灯をライブビューの中心に入れ、最大倍率に拡大。

無限遠付近でピントをミリ単位で微調整すると、街灯の明かりの大きさが、大(ボケ)→小(ジャスピン)→大(ボケ)と変化すると思います。一番シャープで小さな像になるところがジャスピンです。

小技的な感じなのでは、クロスフィルターを装着して、そのクロスが一番するどくなるところを探すという方法でもジャスピン位置を決めることが可能です。

 

・どこにも街灯などがない場合。

月が見えれば月で、なければ一番明るい星でピントを合わせないといけません。

少し難易度があがりますが、やることは同じです。

月or星をライブビューで中心に入れて、最大倍率にし、上と同様に無限遠付近を調整してみて、像が一番シャープになるところがジャスピンです。

 

で、1枚撮影してみる。

1枚撮影してみて、撮れた画像を拡大して確認してみるのが大事です。

ジャスピンのつもりでも、うまくいってない時もあります。

 

上手くいってない時は、撮れた画像を最大に拡大して星を見たら、だいたいドーナツボケ状の星像(下の画像参考)になっています。これは、最大倍率じゃないと判断できません。普通に画像表示しただけだと撮れてるように見えます。家に帰って後悔しないためにも、ここはしっかり確認しておきます。

ボケてたら、もう一回、ピント合わせを微調整して、撮影→確認してみます。

ピントがきまったら、テープなどでピントリングを固定しておくと、ピントがずれません。

 

【ピンぼけの例】

一見普通の星空ですが(光源でゴーストが出てるのはともかく)

f:id:shironagassu:20170915200717j:plain

これの一部を拡大すると↓ (あ、あと、ウォーターマーク(透かし)を新しくつくりました。屋号はYFHです。)

f:id:shironagassu:20170915200805j:plain

こういうドーナツ状にボケています。

背面液晶画面では、パッと見わからないのが、完全に罠なので、ピントは現場でしつこいくらい確認しましょう。

 

まあ、でもぶっちゃけると、若干ボケてても、SNSで公開するのが主なら、実のところ、あまり判別できません。

 

撮影時の構図など

これは、人に教えられるほど極められていません。分かってたら教えてほしいくらいです。

が、あえていうならば。

・星以外に前景に何かポイントになるモノを入れる。そうすることで、写真に奥行きと立体感が出ます。

でも、絵になるモノがない場合も多いです…。そういう場合は、人物のシルエット(自分が写る)とかいれると、なんらかのストーリーを感じさせる写真になると思います。とかいいながら、あんまりやったことないので、自分でもやってみないといけません。

・星座はなるべく全体を入れて、途中で途切れさせない方が無難です。途切れた星座は、少し残念な感じになります。(何か意図がある場合は除く)

・基本は、水平を出して撮ります。水平は、カメラについている水準器などで出すといいと思います。基本は水平なんですが、場合によっては、あえて水平を外すという選択肢もありです。

・月や惑星の運行具合を確認しておく。月と惑星や惑星同士、惑星と1等星などが近づくタイミングは、それを主題にした星撮影のチャンスです。

・後で編集が効く(ホワイトバランスの調整など)ことも踏まえてRAWで撮っておくのが無難です。 

・ISOは、自分のカメラに合わせて800~3200くらいの間で、20秒くらいで撮ってみて明るすぎるならISOを下げるか時間を短くする、暗すぎるなら時間を長くしてみてください。暗いところだと、ISO1600で2分とかいくと細かい星までよく写ります。

 

という感じで、大体、星空の撮影ができると思います。

ぜひ、秋の夜長に星撮影を楽しんでみてください。

 

Kenko レンズフィルター PRO1D プロソフトン [A] (W) 77mm ソフト描写用 277881

Kenko レンズフィルター PRO1D プロソフトン [A] (W) 77mm ソフト描写用 277881

 
PENTAX GPSユニット O-GPS1 39012

PENTAX GPSユニット O-GPS1 39012

 

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村


星景写真ランキング

コスモスと月、秋の訪れ

今日は高知は曇り空。

星空の撮影にいけませんので、ブログを更新しておこうと思います。

最近、まじめに更新してますね。我ながらえらい(笑)

 

コスモスと月、秋の訪れ

f:id:shironagassu:20170909232936j:plain

PENTAX K-50 レンズTAMRON 90mm MACRO 焦点距離90mm

ISO400 露出1/3秒 F2.8 ソフトフィルター使用 

2017.09.08 高知県高知市にて

 

このところ、キバナコスモスがあちこちで咲いていまして、これと月を同時に写して秋をかんじたいなあと撮影をしていました。

 

この写真は、タムロンの90mmマクロ272E(タムキュー)で撮ったもので、コスモスのしべの部分までかなりしっかり解像してくれています。

ソフトフィルターを使うことで月のにじみをおおきくしつつ、花も柔らかい雰囲気にしてみました。

 

実は、この前に、タムロンの70-300mmズームで撮ってみたんですが、その時は月が大きく撮れて、月の中にコスモスが入ってそれは良かったのですが、描写が甘い…。

というのでタムキューで撮り直してみました。

 

f:id:shironagassu:20170909233345j:plain

PENTAX K-50 レンズTAMRON AF 70-300mm 焦点距離300mm

ISO400 露出4秒 F5.6 ソフトフィルター使用 

2017.09.02 高知県高知市にて

 

こっちも雰囲気はいいんですけどね。月が透過する感じも。

ただ、しべの解像が甘い(これは、こっちの方が露出時間が長くてブレてしまっているというのもあるかなとは思うが、花弁はそれほど揺れてないので…)

 

300mmの高解像のものをもっていれば…。しかし、星撮影メインの私にそんなものを買う余裕はない。そんなお金があるなら広角側を充実させたい…。あとフルサイズ貯金…(長期的目標。

 

 これなんか描写力は折り紙付きでしょうね。高いけど…。

 

こっちは夜間使うにはいささか暗いが、フォーカススピードと写りには定評がある模様。これは、まあ、上のよりは安いですね。

 

最初の画像。

国際フィルターフォトコンテストに出してみようかな。

国際フィルターフォトコンテスト2017-2018 公式サイト | TOP | IFPC - International Filter Photo Contest

 

力作が多いので、入賞するとは思えないですが、最近、頑張ってフォトコンも出してるんですよ。

まあ…。モチベーション維持に。

 

というわけでした。

本当は300mmの高性能レンズがあればよかったのだが、ないならないでやるしかない。悲哀。

 

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村


星景写真ランキング

星景サルベージその16 揺れる船に星は落ちて

高知は今日は雨ですので、星は撮りにいけません。

そんな時は、サルベージをしておこうと思います。

 

これを撮影した日は、ペルセウス座流星群の失敗を取り戻そうと流星を撮りにいって、インターバル撮影のミスで流星を撮り逃した日ですね。

まだ、ペルセウス群の名残があったのか割と流星が流れていたのですが…。

なんともな残念な思い出。

 

揺れる船に星は落ちて

f:id:shironagassu:20170905205435j:plain

 PENTAX K-50 レンズDA10-17mm FISH-EYE 焦点距離10mm

ISO3200 露出90秒 F3.5 アストロトレーサーを使用

2017.08.19 高知県土佐市宇佐

 

ここは入江になっていて、海なのですが波もほとんどなく、水面に星の光が落ちています。

ただ、90秒も露光をするとさすがに船は少しずつ揺れて動く。

ゆっくりと揺れる船の上に秋の一つ星フォーマルハウト(中央左に見える明るい星)が輝いています。

 

南から南西を向いて撮影したのですが、右の山の向こうの光害(おそらく須崎市の明かり)がどう現像してもとれずに困ったので、モノクロで仕上げてみました。

あと、長時間露出によるカラーノイズもちょっと多めに出たので、それもモノクロにする理由に。

苦肉の策ではありますが、これはこれで雰囲気があるかなと思います。

 

あー、この構図で、流星が撮れていたら…。

ちょうど、フォーマルハウトの左側あたりを一つ流れたんですよね。

もしそこに流星が写っていたらもっと印象的な写真になったに違いない。

後悔先に立たず。

初めて使う機器(この時はSDカード)は、ぶっつけ本番でなくて、ちゃんと本番前に試しておかないといけないという教訓を得ました…。

 

というわけで、サルベージでした。

 

 SDカードは大事ということで。

 

しかし、このままRAWでインターバル撮影をし続けていると、いずれは、パソコンのHDDがいっぱいになってしまうという漠然とした恐怖を感じる。

どこかで整理しなければならないなあ…。

 

実は一年くらい前にHDDが逝ったのを機会に、少し容量の大きなものにしたので、まだ余裕がないわけではないが。

 

フルサイズにしたときのファイルサイズのでかさも恐ろしい。

と、どうなるかもわからないことを怖がってしまう性分。

いやまあ、気楽に行こう…。

 

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村


星景写真ランキング

フルサイズ貯金継続中

星(というか月)の撮影に行ってきて戻ってきたところですが、それは、まあ、後日更新するとして、今日は寝る前にもう一本記事を書いておきます。

そろそろ、新規購入が検討課題に入ってきているカメラ本体のことについて。

 

実は、先日、ツイッターではじめて投票機能を使って、アンケートをとってみました。

PENTAXで、カメラのボディを買い増すなら、どれがお勧めなのかを聞いてみたところ…。

結果は、こういうことで、PENTAX唯一のフルサイズデジタル一眼レフK-1」が48%の票を集め堂々の一位。

うーむ。

こういう結果になったか。

 

実は、個人的には、GPS内臓のK-3Ⅱとか、お値段もお値打ち価格になってきているし、ありかなと思っていたのですが、世論はあくまでK-1支持。なるほど。

 

以前、フルサイズ貯金をすると、このブログでも書いたんですが、実は、一本レンズを注文しちゃいましてね。(まだ来てない)

フルサイズ貯金は一歩後退をしております…(笑)

が、まあ、アンケートの結果も踏まえて考えるに、ちょっと気長に貯金を継続してみるのも良いのかなと。

ペンタキシアンの皆さんが、K-1を勧める気持ちも、わからんでもない。PENTAX待望のフルサイズですからね。ペンタキシアンなればこそ、一度は使ってみてほしいと思うのが人情なのでしょう。

 

ほかのメーカーもフルサイズの一眼レフは、訴求力のあるのを出してきてるし、他マウントに鞍替えというのも、冷静に考えればありうる話かもしれないのですが…。ただ、私としては唯一無二のユニークネスであるアストロトレーサーに惚れ込んでいまして、やはりPENTAXを離れがたい。野外で夜間に撮影する以上、防塵防滴を含めアウトドア性能が高いのも心強い。

いや、本当は、家族の写真とかも撮らないといけないのですが…!撮ってますよ、頑張って。

PENTAXが人物を撮るのに、向いているかは私はよくわからないのですが、PENTAXポートレートを撮ってる人もいらっしゃるようですし、問題はなさそうです。たぶん(笑)

 

まあ、センサーサイズが変わったからと言って写真がうまくなるわけではないのはわかっている。それは重々承知。わかっているのですが、フルサイズには抗いがたい魅力がある…これも認めないわけにはいかない。

 

広い画角で星空が撮れるというのもいいですしね。(レンズが…まあ…あればの話だけど)

高感度もK-50よりは明らかに強い。

 

とりあえず、貯金をするにしても目標は持っておいた方がいいでしょうし、K-1が買えるように貯金を継続してみようと思います。ただ、実際問題、K-1を買うかどうかはその時になってみないとわかりませんね。

 

K-50について

となると、今手持ちのK-50はもう少し頑張ってもらわないといけない。

貯金が完了し新しい機種を買うのにはまだまだ時間がかかりますからね。

 

今のところ、電池を抜いた時に必ず日時を入力しないといけないのと、センサーに小さなゴミがついててセンサークリーニングしてもとれないのと、若干の不満はあるものの、おおむね良好に動いています。

 

そして、足掛け三年利用してきたのに、これまで全然気づかなかった仕様がありました。ツイッターの方には書いたのですが改めてメモ。

 

露光時間について。

カメラの露光時間は基本2のべき乗になるというのが、世の常識らしく、つまり、30秒設定で露光(通常時の最長露光時間)すると、実際には32秒間露光をすることになるようです。2秒→4秒→8秒→16秒→32秒という具合に倍になっていく。

iPhoneのストップウォッチで実測しました。確かにその通りになる。

この2秒が、30秒露光でインターバル撮影をするときに地味に効いてきます。

K-50の公式Q&Aサイトを改めて見ると、インターバル撮影の間隔は最短3秒が仕様となっているようなのですが、つまり、この32秒露光+インターバル1秒というのを念頭に置いた仕様なのだろうと思います。

 

ただ、アストロトレーサー使用時は、違いまして、こっちはこっちで額面通りの露光時間になります。これも実測しました。

こんなの実測しないとわかりません。

私は、アストロトレーサーとタイマーレリーズを併用して、インターバル撮影をする時があるんですが、この仕様を念頭にインターバル撮影しないといけませんね。

  

アストロトレーサー時は額面通りの露光時間ということは、やっぱりこの前、アストロトレーサー+タイマーレリーズで試みたインターバル撮影がうまくいかず流星を撮り逃した原因は、カードの書き込み速度不足だと考えていいと思う。

新しいカード買ったので、今度はちゃんと行けるはず。冬の流星群シーズンが勝負だな。その時はまだK-50なのではなかろうか。

 

うーむ。とりあえず、まだしばらくK-50元気で頑張ってほしい!

 

最後におまけ

最後に、この間撮った朝日のタイムラプスを二本貼っておきます。

YouTubeにあげただけだとあんまり再生されない…、ユーチューバーは無理だな…(笑)なので、せめて自分のブログにくらいは貼っておかねば…。

最近、音楽をつけることを覚えました。編集ソフトがムービーメーカーしかないのがあれだけど、とりあえず、音楽乗せてます。

 

上のは、自宅近くの鏡川から撮ったのですが、下のは、旅行先で、早起きして山の上まで三脚担いで登ってきたものです。疲れた。片道20分ほどの小さな山ですけどね。体力をつけないといけません…。

 

ただ、まあ、最近、妙に写真を撮りたくてしょうがなくて、これは、明らかにオーバーペースだなと自覚してきています。

少しペースダウンしないとやばい。

 

あんまり無理すると、また、反動で、半年間、星の撮影しなかった時みたいになる。あの時は…たとえるなら、顔の濡れたアンパンマン状態

ただただ撮るだけだと、自分の写真技術の未熟さがあれで、元気が削られていく。撮ってるときは最高の一枚を撮ってるつもりなんですけどね。見返すとそうでもない(笑)

 

 

まあ、楽しんで撮影することを心掛けないとつらい。

それが、結局は一番大事。結果は、後からついてくると思います。

写真を撮っているときはそれだけに集中しているので、ごちゃごちゃ考えなくてよくて気分がいいのです。この気分がいいというのが大事ですね。

楽しんで継続して撮っていれば、いつかは大火球が撮れる日も来るでしょう。

ペースを上げすぎず、コンスタントに撮ろうと思います。

 

PENTAX GPSユニット O-GPS1 39012

PENTAX GPSユニット O-GPS1 39012

 

 唯一無二のユニークネス。星景写真撮るときに、本当に便利です。

夏の終わり、季節は巡る

今週のお題はてなブログ フォトコンテスト 2017夏」

 

夏の終わり、季節は巡る

f:id:shironagassu:20170901193008j:plain

PENTAX K-50 レンズDA10-17mm FISH-EYE 焦点距離10mm

ISO800 露出15秒×211枚をSiriusCompで比較明合成 F3.5

2017.08.31 高知県高知市鏡、鏡川ダムにて

 

せっかくはてなブログのフォトコンが開催されているので、参加しておきます。

 

8月の最終日、高知市は非常に良く晴れて、この夏一番のクリアな夜空になりました。

夏の終わりに、季節がくれた最後のプレゼントのようにも思います。

 

撮影中、そよぐ風の涼しさには、明らかに秋の気配を感じます。

この写真は、北天の円周運動を写していますが、星がまわり、季節が移ろっていくのをいやがおうにも感じざるを得ません。

 

この季節、明け方には西へさそり座が沈み、東からは冬の星座オリオン座が昇ってきます。

星座の移り変わりに移ろう季節を感じることも、星撮影の醍醐味でしょう。

気が向いたら、ぜひ、星空を見上げて季節を感じてみてください。

 

と、たまには準星空案内人らしいことをいって終わります。

 

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村


星景写真ランキング

星景サルベージその15 月とタワー

今日も今日とて星景をサルベージしておきます。

以前、撮ってツイッターでアップしたのですが、その時とはまた編集を変えています。

写欲が高まりすぎて、何でもないものでもとにかく撮ってみたくなって何でもない日に、高知市内で撮ってきた月とタワー。月とお城バージョンもあるんですが、それも、忘れたころにサルベージしようと思います。

 

何でもない日の「月とタワー」

f:id:shironagassu:20170825234830j:plain

PENTAX K-50 レンズTAMRON 90mm MACRO 焦点距離90mm

ISO200 露出30秒 F8 

2017.08.02 高知県高知市にて

 

タムキューで花だけでなく星景を撮るというのも良いだろうと思い実行に移したもの。タムキュー地元のハードオフで、かなりのお値打ち価格で入手したのですが、結構使用頻度高いです。

月とこういったタワーなどを一緒に写しこむには、換算135mmは面白い画角のように思います。

前回の記事で月と金星を撮ったのもタムキュー。

タムキュー星景、ありです。

 

shironagassu.hatenablog.com

 

というわけで、サルベージでした。

 

 

 ↑それはそうとこれを買ってみた。書き込み速度早いだろうか。

 

実は、とあるレンズも同時に頼んだのだが、Amazonから通常1~3か月で発送とのことなので、在庫がないぽい。ほんとに来るのだろうかと不安なんですが、まあ冬の流星群シーズンまでにくれば御の字ということで、忘れたふりをして待とうと思います。

 

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村


星景写真ランキング