シロナガス/星景と科学本のブログ

受信者としてのサイエンスブログ。星景写真、スタータイムラプスと、ポピュラーサイエンス/サイエンスノンフィクション(一般向け科学書)の書評。

【レンズ】タムキューことタムロン272Eについて

非常に、久しぶりの更新になります。

元気がなかったり、体調がいまいちだったりでしばらく星の撮影もお休みしていましたが、この前、久しぶりに撮影してきました。

が、まあ今日はその話題ではなく、レンズの話ですが。

ちょこちょことサイエンスノンフィクションも読んでいるのでレビューも書きたいのだが、おってまた。

 

とりあえず、今日は入手したレンズのお話。

 

タムロン TAMRON  SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 【272E】

というわけで、タムロンマクロレンズを入手しました。通称タムキュー。

純正のDFA100mmとも迷ったんですが、タムキューの方が安いというのが大きな決め手です(笑)

ただ、このレンズは安いですが、非常に評価は高いようなので、写りの方は満足できるはず。

とりあえず、ということで、花を中心にとってきました。

 

月などを撮るのにも使ってみたいなと思ってはおります。それも使ったらまた何か書きたいと思います。APSCで使った場合の換算135mmは、月と空模様の写真を撮るにはいいのではないかと思います。135mmで月をアップで撮ることはできませんが、アップにしないまでも月というのは意外と小さいので、135mmならある程度月らしい写真にはなるのではないかと思います。

 

 話を戻して、タムキューで撮ってきた写真をいくつか。

f:id:shironagassu:20170624180737j:plain

ナデシコをアンダー目の露出で。赤は、デジカメで撮るとすぐに飽和するので、アンダーかハイキーにして諧調を出したい。ということで、アンダー。

ピントのあったところは解像しており、フォーカスが外れるところはきれいにボケる。

 

f:id:shironagassu:20170624180741j:plain

もう半分終わりかけていたアジサイも撮ってきました。これもアンダー目の露出。

 

f:id:shironagassu:20170624180743j:plain

虫。バッタぽい何か。何かはわからず(笑)

 

f:id:shironagassu:20170624180746j:plain

葉の並びを、これもアンダー目の露出。アンダー多いな。

 

f:id:shironagassu:20170624180749j:plain

こちらは、ハイキーで。名もなき小さな花。(名が分からず)

★その後調べてみたところおそらくムラサキカタバミという花のようですね

 

f:id:shironagassu:20170624194454j:plain

中望遠マクロということで、ボケ量も多い。この写真は、奥に向けてきれいにボケています。

 

というわけで、花を中心にタムキューを試してみました。

噂通り、なだらかなボケ味が特徴のいいレンズに思います。なによりコスパもいい。

オートフォーカスはちょっと遅いですが、K-50なので、ほかの機種のパワーのあるAF機構ならもう少し早いかもしれません。

マクロ域に手を出したいなら、手に入れてみるには非常に手ごろなレンズ。と思います。はい。

 

 

 

 

 ↑こっちも予算が許せば非常に評判はいいのだが…。

 

とにかく、これでタムキューを手に入れたことで、マクロ域もカバーすることに。

この2年で、広角側から、PENTAX純正のDA 10-17mmフィッシュアイ。標準ズームに、HD DA 20-40mm limited(純正)。望遠側は、DAL 50-200mm(純正)とタムロンの70-300mmズーム(A17)と。

一通り、広角側から、望遠側までそろってはきた。しかし、レンズというのは上を見ればきりがない。

あまり深入りしないようにしよう…。

だいたい、これでOKということにしておかないといけない。

明るい広角単焦点が欲しいとか思ってはいけない(笑)

反省おうし座南流星群

大体流星群は反省をするのが恒例なわけですが、今回も、完全に反省案件。

良く晴れていたのだが、1時間程度と粘りが足りなかったこともあり、流星を写すことができませんでした。

 

まあ、そういうこともあろうかと。

流星が写らなくても、ちょっと別に試したいこともあったので、そっちもついでにということで。

 

クロスフィルターで星座を撮る

というわけで、今回、おうし座流星群の撮影がてらやりたかったのは、クロスフィルターを使って星座を撮ろうということ。

f:id:shironagassu:20161109220120j:plain

 PENTAX K-50 レンズHD 20-40mm Limited 焦点距離20mm

ISO1600 露出1分×14枚をスタックしてトリミング

F2.8 アストロトレーサー&クロスフィルター仕様

2016.11.06 高知県土佐市

 

オリオンと、おうし座を中心に今回は星だけを撮ってみました。

クロスフィルターによるクロスはきれいに出ていますが、残念ながら流星はとらえられず。

Kenko レンズフィルター R-スノークロス 55mm クロス効果用 355213

Kenko レンズフィルター R-スノークロス 55mm クロス効果用 355213

 

 ↑6本の光芒を出すタイプの奴もあるらしいですけど、これは4本バージョンのもの。6本は主張強いかなと思い…。どうなんだろう。

 

いかしかし、そもそも、おうし座流星群はそれほど流星の出現数も多くはないので1時間くらいの粘りでは流星は撮れないかなとは思ってはいたのですが…。案の定。

なんとしても流星を撮るなら、もっと粘らねばなりませんね。

ただ、撮影中に3つほど流星が流れたのは見えたので、それでよしとしましょう。

本命は12月のふたご座流星群ですが、どうも、月の具合がよろしくなさそうで、明るいようです。

それでも晴れれば行かざるを得ないでしょうが、どうなるでしょう。

 

おっと、その前に、スーパームーンが14日にありますね。どうやってとるかなあ。と思案中です。

満月に向けて、実は、タムロンの70-300mmズームをゲットしました。いい感じに撮れるだろうか。初のサードパーティ製レンズです。星撮影にはあまり使わないでしょうけど、それはそれとして、人の撮影とかいろいろ使ってみたい。

TAMRON 望遠ズームレンズ AF70-300mm F4-5.6 Di MACRO ペンタックス用 フルサイズ対応 A17P

TAMRON 望遠ズームレンズ AF70-300mm F4-5.6 Di MACRO ペンタックス用 フルサイズ対応 A17P

 

 

Vineが終了するらしいので

しかし、困ったのが、Vineが終了するらしいということ。

6秒という短さがスタータイムラプスを手軽に公開するのに便利だったんですが…。

ので、インスタグラムに動画をアップしてエンベッドしてくる方式にしようかなと試行錯誤中です。

一応、できるけど、Vineの倍以上の15秒の動画がアップできるらしい。

しかし、15秒のタイムラプスをつくるのは大変。

2つ以上のタイムラプスをつないで15秒の作品をつくるのがいいのかな。

動画編集ソフトムービーメーカーしかないけど(笑)

どうすればいいんだ…。

と、悩み中です。

とりあえず、インスタグラムを試験的に使用していく予定です。

 

 

 

 

うーむ。とりあえず、模索を続ける感じ…。youtubeとかも試してみるべきか。

 


星景写真 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村

北極星を中心に。仁淀川河口にて

昨日、11月4日は非常によく晴れた夜で、家に帰ってきたのが21時頃とちょっと遅かったのですが、これは撮影にいっておかないといけないなと思い、いつもの仁淀川河口付近へ。

あわよくば、おうし座流星群南群もピークに近かったので、流星も見えないかなと思いつつ。

結果的には、南東に見えていたおうし座付近に、ひとつ大きめの流星が流れたのが見えましたが、残念ながら、いつも通りカメラはそちらを向いていませんでした(笑)

いや、昨日は、本当に良く晴れていたので、北の空を中心にとって、ぐるぐるしたのをつくりたいと思っていたので…。

そっちの方はばっちり、途中で雲が出ることもなくきれいに撮れました。

 

北極星を中心に

f:id:shironagassu:20161105203457j:plain

PENTAX K-50 レンズDA10-17mm FISH-EYE 焦点距離10mm

ISO1600 露出30秒 F3.5 100枚(約55分)を比較明合成

2016.11.04 高知県土佐市仁淀川河口付近

 

きれいに晴れた空に北極星を中心にしたきれいなぐるぐるが描けました。

しかし、もうかなり寒いですね。

厚着をしていきましたが、じっとしているとじわじわと冷えてくる寒さ。

星撮影は、動かないので、暖かくしておかないとつらいのですが、まあ、そういう意味ではまだまだ2月とかの寒さよりはまし。

 

しかし、こういった晴れた日も冬に向けて増えてくるかもしれませんね。

なるべく撮影に行っておきたいところ。

そして、これで11月も一応撮影に行ったので、1月から11月までなんとか撮影をコンプリート中。たしか、最終日に何とか撮影に行ったようなギリギリの月もあったように思うけれど。

残すところ12月のみ。といいつつ、チャンスがあれば11月もまた撮影に行くとは思いますが。

山の方に行かねばと思いつつ、大体、海の方に向かっていってしまう。

撮影場所を開拓しないといけないけど。紅葉と星空とか、撮れるといいかもしれませんね。

 

タイムラプスも

フリーでつけられる音楽をつけてみる。

うーむ、フェードアウトに合わせて音楽もフェードアウトさせてみた。

Vine公式で用意されているフリーの楽曲です。

自分で、音まで用意できればいいんですけどね。

 

しかしあれですね。だいぶ動画が溜まってきたので、つなげるとそこそこ長いタイムラプス動画が作れるような気もしてきた。

今度編集してみましょう。


星景写真 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村

星景サルベージその12 ひまわりと沈む夏の星

うーむ。

以前撮影してきた遅咲きのひまわりの写真を、少しずつ編集していたので一枚。

 

夜間の花の撮影は難しいですね。

まず、写してみるまで細部が見えないので。

写してみて、ライブビューで確かめて大体いいかなと思ってみても、家に帰ってモニターで見てみると、思ってたのと印象が違ったり、余分なものが写り込んでいたり、そもそも、曇って星が出ていなかったり(笑)

と。

難しい。

たぶん、昼間でも、花の撮影は難しいんですよね。

いいバランスで花が配置される構図というのがなかなか決まらない。

うーむ。

でも、花と星というのは、折を見て積極的に狙っていきたいテーマではある。

今年は、梅、桜、コスモス、そしてひまわりといろいろ撮ってきましたが、魚眼で花に寄りつつ星景を撮るというのは、ひとつのスタイルに昇華していきたい。魚眼のパンフォーカスを生かしていきたい。

が、今のところやや苦戦していますね(笑)

 

遅咲きのヒマワリと沈む夏の星

f:id:shironagassu:20161101223441j:plain

PENTAX K-50 レンズDA10-17mm FISH-EYE 焦点距離10mm

ISO1600 露出20秒 F3.5 

2016.10.27 高知県土佐市

 

この季節、西を見れば、夏の大三角形が沈もうとしています。

本当は、ひまわりは、向日葵というだけあって南に向いて咲いているものが多いので、南から北向きに撮った方が花の向きはそろうのですが、なんといっても北側が雲ばかりでなんともならず。困って晴れている西側に向けて撮ったという苦心の一枚。

 

これは、ライトで照らさずに撮ってみたのをあとのRAW現像とフォトショップによるレタッチで明るさを調整してひまわりが見えるように調整したもの。

前も言いましたが、月が出ているのが明るさとしては自然で一番いいのですが、やはり、次善の策としては、ライトで照らした方がいいかなという気はします。何もしないよりは。

ただ、ライトでの照明は、加減が非常に難しい。

うーむ。

 

今回の記事、なんだか難しいしか言ってないな(笑)

まあ、がんばります。

 

魚眼の使いこなしも磨かねば。

コスモスを撮った時の反省を生かして、下からあおるだけでなく、上から俯瞰して撮るような感じで中央を走る水平線が、谷型ではなく(わずかに)山型に曲がるようにしています。

こっちの方が雰囲気はいいと思う。10-17mmフィッシュアイ。まだまだ奥が深い。

 


星景写真 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村

朝焼けの中の木星

そろそろ、日が昇るのが遅くなって朝の撮影が可能になってきました。

今日の日の出が6時23分前後。

これくらいなら、まあ朝5時くらいに撮影に行くことは可能。そうすると、まだ星も出ている。

というわけで、行ってきました。

もう、だいぶ寒いですね。もう少し厚着して行けばよかったかな。

 

朝焼けの中の木星

今回は基本的にタイムラプス用の撮影。

本当は、細い月も登ってくるかなと思ってたんですが、思っていたよりも細すぎて肉眼で確認できるレベルではなかった(笑)いろいろ、経験不足。

ただ、時間的には登ってきているはずです。見えないけど。

輝面比0.5%ほどなのでだいぶ細い。これは見えない。うーむ。

 

追記 この間、Vineの方にはアップロードしているんですが、夕暮れの明るさが変わっていく時間帯を、タイムラプスにしたいと何回か習作を重ねてつくっています。

今回も、明るさが変わるタイムラプス。

絞り優先で、露出時間をカメラ任せで変えながら適正露出になるようにしてとっています。インターバル撮影時に、十分なインターバルをとることで、同じ間隔でシャッターが切れるようにして、タイムラプスのスピードが全体を通じて変わらないようにしています。

最も暗くなる時間帯が、8秒の露出時間なら、10秒とか12秒とかのインターバルの設定にして十分なマージンを持つことで撮影可能です。

今回のように、明け方、暗い状態から明るい状態になっていくパターンは設定が楽ですね。一番長い露出時間が分かるので。逆に夕暮れの明るい状態から暗い状態へ向かうパターンは、最長露出時間がなんとなくになってしまうので若干難しい。…ですが、まあ、大事をとって20秒も見ておけば何とかなるような気はしています。

 

本当は、太陽の出や入りを作品に入れ込めればもっと劇的だと思うので、今度はそこまでやってみようかなと思っております。なかなか夕方は間に合わないのですが、朝はできそうなのでもう一度早起きしてやってみたい。細い月も出るタイミングだといいなあ…。

 

おまけ。クローズアップレンズ試し撮り

この前、クローズアップレンズを買ったんですが、まだ試してなかったので試し撮りもついでにしてきました。

f:id:shironagassu:20161030075709j:plain

 

f:id:shironagassu:20161030075754j:plain

両方とも、HD Pentax 20-40mm にクローズアップレンズをつけて撮影。

結構寄れる。

とりあえず、マクロ的撮影は、私の用途ではこれで、必要十分な気はする。

また、いろいろ撮ってみます。

 

Kenko レンズフィルター AC クローズアップレンズ No.5 55mm 近接撮影用 355060

Kenko レンズフィルター AC クローズアップレンズ No.5 55mm 近接撮影用 355060

 

 20-40mmが割と寄れるので、もっとよるために、近接効果の高いNo.05にしました。

 

そういえば、以前、まだまだ買わないと言っていた、カメラ用バックパックを誕生日プレゼントでもらったので、それのレビューも近々したいところ。

今まで斜め掛けのスポーツバッグだったんですが、両肩で背負うので同じ重さなんですが、運ぶのはだいぶ楽ですね。

まあ、見た目が大仰なんですが(笑)

 


星景写真 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村

広告を非表示にする

星景サルベージその11 跳ねるオリオン

以前、仁淀川の河口で撮影した一枚から。

もうオリオンが昇る季節になりましたね。

 

どの星座が一番好きかといわれると悩ましいですが、オリオンがランキングの高い位置にあることは間違いない。でも北斗七星も捨てがたいし、はくちょう座もなかなかいい。うーむ。

一番好きな星なら、カノープスなんですけどね。いや、シリウスも捨てがたいし、金星も魅力的か(笑)控えめなフォーマルハウトも良い。

 

跳ねるオリオン

f:id:shironagassu:20161028202140j:plain

PENTAX K-50 レンズHD 20-40mm Limited 焦点距離20mm

ISO1600 露出30秒 F2.8 ソフトフィルター使用

2016.10.07 高知県土佐市仁淀川河口付近

 

躍動感を出したくて、水平をとらず橋を斜めに切り取った一枚。

橋げたが照らされているのは、一瞬車のヘッドライトが回り込んだから。それも雰囲気づくりに一役買っていますかね。

走り幅跳びをするように、オリオンが跳ねているような雰囲気があるような、どうかだろうか…。

まあ、そんなサルベージ。

 


星景写真 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村

遅咲きのひまわりと秋の星空

ひまわりといえば普通は夏ですが、土佐市で遅咲きのひまわりが見ごろになっているとのことで、夏に撮れなかったひまわり+星空の一枚を撮りに足を伸ばしてきました。

前回、風に揺れるコスモスでさんざん苦戦しましたが、今回は、風も少なく、そもそもひまわりはコスモスよりも揺れづらいこともあり、しっかり撮ることができました。

 

遅咲きのひまわりと秋の星空

f:id:shironagassu:20161028001539j:plain

PENTAX K-50 レンズDA10-17mm FISH-EYE 焦点距離10mm

ISO1600 露出30秒 F3.5 

2016.10.27 高知県土佐市

 

本当は、月が出ていたら地上のひまわりが浮かび上がるので良かったのですが、もう月がない時期なので…この写真はLEDライトで照らして撮っています。

雲が多いですね。もう少し晴れてくれたらよかったのですが、まあ、それでも星が少しでも見えただけでも良しとしないといけませんかね。

高知…夜は曇りが多い。

 

というわけで、10月ももう終わるけれど、そろそろ冬の流星群シーズンが到来しますね。

また、忙しくなる。ふたご座流星群は撮らねば。そして、今年の1月に撮り損ねた、しぶんぎ座流星群に向けても体調を整えていかなければならない(笑)

  


星景写真 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村