シロナガス/星景と科学本のブログ

受信者としてのサイエンスブログ。星景写真、スタータイムラプスと、ポピュラーサイエンス/サイエンスノンフィクション(一般向け科学書)の書評。

ハスの花の銀残し

最近、調子のよい悪いはともかくとして、写真撮りには意欲が出てきて、星以外にも何かと撮っています。まあ、子どもの写真とかの場合も多いですが。

 

今日は、土佐市蓮池公園というところに、ハスの花を撮りにいってきました。

 

ハスの花は、散っていたものもありましたが、まだまだつぼみのものもあり、もうしばらくは見れそうな気配でした。

 

ハスの花の銀残し

というわけで、写真なんですが、今回は、カメラ内RAW現像をして、PENTAXのカメラに内蔵されているカスタムイメージを銀残しという設定にしてみました。

レンズは、タムキューを使っています。

f:id:shironagassu:20170722222215j:plain

PENTAX K-50 レンズ TAMRON AF 90mm MACRO

ISO100 露出1/2500秒 F2.8

2017.07.22 土佐市蓮池公園

 

f:id:shironagassu:20170722222749j:plain

PENTAX K-50 レンズ TAMRON AF 90mm MACRO

ISO100 露出1/1600秒 F2.8

2017.07.22 土佐市蓮池公園

 

f:id:shironagassu:20170722222932j:plain

PENTAX K-50 レンズ TAMRON AF 90mm MACRO

ISO100 露出1/2000秒 F2.8

2017.07.22 土佐市蓮池公園

 

独特の雰囲気がありますね。これはこれで良いかも。

写真の編集はだいたいライトルームでやってしまうわけですが、カメラ内現像もこれはこれで面白い。特にPENTAXが用意しているカスタムイメージをいじるだけでも、写真の雰囲気がずいぶん変わりますね。

たまには、こちらで現像してみようかな。

ちなみに銀残しというのは…。

銀残し - Wikipedia

銀残し(ぎんのこし)とは、フィルム印画紙での現像手法の1つ。本来のを取り除く処理をあえて省くことによって、フィルムや印画紙に銀を残すものである。一般的に映画の現像で行われるもののことをいうが、写真のカラープリントでも同様の作業が可能であるほか、デジカメの画像処理でも可能である。英語ではブリーチバイパス (bleach bypass) という。

 ということらしい。デジタル処理以前からある処理方法なんですね。

 

ちなみに、一番上の写真をライトルームで、彩度バリバリで現像したものはこちら。

f:id:shironagassu:20170722223659j:plain

ザ・ビビット

これはこれでまあやりすぎな感は否めませんが、インパクトはある(笑)

もう少し、ナチュラルな方がいいかな。

 

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村


写真ランキング

広告を非表示にする

星景サルベージその13 青い月の夜

7月に入ってから撮影した月の写真を、じわじわ編集していたので、それをサルベージ。

本当はもっと低空で月をとらえたかったのだが、厚い雲に阻まれてかなわず、もう帰ろうかと思っていたら、月がようやく顔をのぞかせてくれました。

 

青い月の夜

f:id:shironagassu:20170719232129j:plain

PENTAX K-50 レンズHD 20-40mm Limited 焦点距離29mm

ISO400 露出3秒 F7.1 ソフトフィルター使用 アストロトレーサー使用

2017.07.11 高知市筆山公園より

 

街並みと月。月に照らされた雲のディティールは良さげ。

やはり、もう少し月を低空でとらえたかったが…。そうしたらもっと焦点距離の長いレンズで、月と街並みを近づけて撮れたのに。うーん。

リミズームのズームを生かして、邪魔なものが入らない焦点距離にしています。

このところ、夜景を撮ってみるのも面白いかなと思いつつ、高知の夜景スポットというのも調べてみなければと考えているところ。

月がここまで登るまで撮影できなかったのの一因に、別の方角を向いて、タムキューで夜景を撮って遊んでいたというのがある。

ずっと月が出るのを移り気しないで待っていたら、もう少し低空で撮るチャンスはあったのかもしれない…。

うーむ。

ホワイトバランスを白熱灯にしたことで、青い風景になっています。

普段は、ペンタックスお手製のCTEというホワイトバランスが好きでよく使っているのですが、まあ、今回は青く。

ただ、CTEはあれですね、アドビのソフトだと再現されないので、RAW撮りの時は微妙、JPEGで撮るとき専用な感はある。いい色乗りになるんですけどね。 

f:id:shironagassu:20170719233908j:plain

こっちはCTEのホワイトバランス。こっちの方が自然ですね。

 

しかし、この日は蚊にやられまくった。

防虫対策もしっかりしないといけない季節になりましたね。

梅雨も明けたようですし、ぼちぼちと撮影に行きたいところ。

時間があれば、昼間に魚眼を使った撮影も試したい…。

なんにせよ、無理せずスローペースでいきます。はい。

 

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村


星景写真ランキング

天の川を撮る

ぶっちゃけ元気がなく、半年ほど星の撮影を休んでいたのですが、このところ、星を撮りたい思いが強まりまして、何回か撮影に行っています。

その中でも、夏の天の川を撮りたいという欲求がおさえがたく、梅雨の晴れ間を待ちわびていました。

14日は、相当久しぶりに雲の少ない夜になったので、これは、今日を逃してはいけないと思い、行ってきた次第です。

場所は、ホームグラウンド、仁淀川河口付近。今回は、河口近くの海岸の方にいってきました。

というわけで以下写真。

 

天の川を撮る

f:id:shironagassu:20170715003156j:plain

PENTAX K-50 レンズDA10-17mm FISH-EYE 焦点距離10mm

ISO1600 露出120秒 F3.5  アストロトレーサー使用

2017.07.14 高知県土佐市仁淀川河口付近

 

フィッシュアイズームで、斜めに天の川を切り取りました。

現場でなるべく天の川が対角線上に来るように頑張ったんですが、微妙に構図がずれた(難しかった…)ので、後処理で、きれいに対角線に沿うようにいくらかトリミングしています。

 

画像の左上のあたりには、天の川を挟んで、夏の大三角、アルタイル、ベガ、デネブもきれいに見えています。わし座のアルタイルが天の川の下、こと座のベガがその上、天の川の中にあるのがはくちょう座のデネブですね。

 

撮影コンディション的には、少々雲があり、うすーく霞がかかってるような感じではあったのですが、なんとか天の川も見えて満足。

良かった。

 

f:id:shironagassu:20170715003301j:plain

PENTAX K-50 レンズDA10-17mm FISH-EYE 焦点距離10mm

ISO1600 露出120秒 F3.5 アストロトレーサー使用

2017.07.14 高知県土佐市仁淀川河口付近

 

これも、かなり、カメラを傾けて撮っています。

画像の左側が天頂付近になります。そういう意味では、縦画像にした方がいいのかもしれません。

どうだろう…。

f:id:shironagassu:20170715005506j:plain

うーむ。…。縦にもしてみた。いや、やはり横がいいか?

 

ともあれ、魚眼で、水平をとらずに撮るというのが楽し気。

あまり多用するとあれですが…、魚眼という飛び道具にさらに飛び道具を重ねる感じで、面白い。…。

 

f:id:shironagassu:20170715003634j:plain

PENTAX K-50 レンズHD 20-40mm Limited 焦点距離20mm

ISO800 露出90秒 F2.8 ソフトフィルター使用 アストロトレーサー使用

2017.07.14 高知県土佐市仁淀川河口付近

 

こちらは、セオリー通りきっちり水平出しております。

天の川と、土星とアンタレスが見えます。土星が中央、右の赤いのがアンタレスです。

いつものように、ソフトフィルターを使用。

かなり波打ち際までいって撮影しました。

 

f:id:shironagassu:20170715003818j:plain

PENTAX K-50 レンズHD 20-40mm Limited 焦点距離20mm

ISO800 露出90秒 F2.8 アストロトレーサー使用

2017.07.14 高知県土佐市仁淀川河口付近

 

こちらは、ソフトフィルターなしバージョン。方向的に、上の写真よりも左(東側)に向いてアンタレスが入ってないですね。

ソフトフィルターがないほうが、自然ではあるかなあ。でも、あるとないとでは、星の目立ち具合が全然違いますね。一目瞭然。

どちらがいいかは、難しいところで、好みによりますが、両方撮っておくのがいいかな。

 

Kenko レンズフィルター MC PROソフトン(A) 52mm ソフト描写用 352885

Kenko レンズフィルター MC PROソフトン(A) 52mm ソフト描写用 352885

 

 

 

というわけで。

半年撮影してなかった分を取り戻すように、むやみに、ペースが上がりつつありますが、あまり無理せず、ぼちぼち行こうと思います。

まあ、夏の流星群シーズンは外せません。しかし…ペルセウス座流星群の時期に高知にいるかな…どうかな…。困ったな。

 

最近、K-50の内部電池がきれたのか、電池を抜くと必ず日時の入力をせねばならなくなり、少々、めんどくさい。

しばらく倹約生活だったので、新しいカメラを買うお金は実は貯まりつつある。

どうしようかな…。

これを機会に二台体制にして、一つは静止画を撮り、一つはタイムラプス用に連続撮影させておくというのもいいかもしれないというのも考えつつ。

いやしかし、そこまでする余力があるかな。

どうかな。

二台体制にするとするとアストロトレーサーが内臓されているK-3Ⅱが候補に挙がってくるか…。しかし、三脚もいるし、いろいろ投資が必要になるから、むずかしいかもなあ。

と悩みつつ。

まあ、ちょっと電池の入れ替えの時だけめんどくさいが、もうしばらくK-50を使い続けてみるというのが、無難ですかね。

 2015年の発売か。ふーむ。基本性能的には、K-70あたりもすでに肉薄してる気はするけども。アストロトレーサーを二台体制で同時に使うとすれば、O-GPS1プラスアルファくらいの価格差なんですよね、ちょうど。

質感とか、シャッター音とか、超音波のダストリムーバブルとかの部分で、入門機のK-70よりも、さすがにこっちの方が上な気はする。画質や高感度性能は後発が優れているかもしれない。あ、バリアングル液晶もついてないか。うーむ。……。

 

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村


星景写真ランキング

広告を非表示にする

夜景を撮ってみた

というわけで、夜景を撮ってみました。

夕日が撮りたいと思って家を出たのですが、まったく夕焼けにならなかったので手ぶらで帰るのも忍びなく、夜景でも撮ってみるかと思い、撮った次第。

 

家路

f:id:shironagassu:20170707182535j:plain

場所は、高知市はりまや橋交差点付近。

3枚の写真を比較明合成して、自動車の光跡を重ねています。

シャッタースピードはバルブで60秒から80秒くらい、HD DA 20-40mm Limited (リミズーム)でF22まで絞ったうえで、ND8フィルターをつけています。

 

まあ、今思えばF22まで絞る必要はなかったかもしれない。

絞り切ると回折ボケが出るというし。

リミズームは、点光源の周りに光芒があまり出ませんね(薄くは出てる)。そういう意味では夜景向きではないですね。

今思えば、10-17mmフィッシュアイの方で、17mmにしてとっても良かったかなと思います。10‐17は光芒はかなり出るので。

 

コーラの看板を入れたくて横位置で撮りました。ビジュアルウェイト的にアクセントになってくれるかなと。

 

とりあえず、写欲を満たしていますが、早く天の川を撮りたい。

今日は七夕だというのに、本当に晴れません。曇りばかりです。うーむ。

 

 

 

 

 ↑使っているフィルターセットはこの安い奴。フィルターはもっと充実させていきたいところ…。

 


写真ランキング

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

広告を非表示にする

【レンズ】タムキューことタムロン272Eについて

非常に、久しぶりの更新になります。

元気がなかったり、体調がいまいちだったりでしばらく星の撮影もお休みしていましたが、この前、久しぶりに撮影してきました。

が、まあ今日はその話題ではなく、レンズの話ですが。

ちょこちょことサイエンスノンフィクションも読んでいるのでレビューも書きたいのだが、おってまた。

 

とりあえず、今日は入手したレンズのお話。

 

タムロン TAMRON  SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 【272E】

というわけで、タムロンマクロレンズを入手しました。通称タムキュー。

純正のDFA100mmとも迷ったんですが、タムキューの方が安いというのが大きな決め手です(笑)

ただ、このレンズは安いですが、非常に評価は高いようなので、写りの方は満足できるはず。

とりあえず、ということで、花を中心にとってきました。

 

月などを撮るのにも使ってみたいなと思ってはおります。それも使ったらまた何か書きたいと思います。APSCで使った場合の換算135mmは、月と空模様の写真を撮るにはいいのではないかと思います。135mmで月をアップで撮ることはできませんが、アップにしないまでも月というのは意外と小さいので、135mmならある程度月らしい写真にはなるのではないかと思います。

 

 話を戻して、タムキューで撮ってきた写真をいくつか。

f:id:shironagassu:20170624180737j:plain

ナデシコをアンダー目の露出で。赤は、デジカメで撮るとすぐに飽和するので、アンダーかハイキーにして諧調を出したい。ということで、アンダー。

ピントのあったところは解像しており、フォーカスが外れるところはきれいにボケる。

 

f:id:shironagassu:20170624180741j:plain

もう半分終わりかけていたアジサイも撮ってきました。これもアンダー目の露出。

 

f:id:shironagassu:20170624180743j:plain

虫。バッタぽい何か。何かはわからず(笑)

 

f:id:shironagassu:20170624180746j:plain

葉の並びを、これもアンダー目の露出。アンダー多いな。

 

f:id:shironagassu:20170624180749j:plain

こちらは、ハイキーで。名もなき小さな花。(名が分からず)

★その後調べてみたところおそらくムラサキカタバミという花のようですね

 

f:id:shironagassu:20170624194454j:plain

中望遠マクロということで、ボケ量も多い。この写真は、奥に向けてきれいにボケています。

 

というわけで、花を中心にタムキューを試してみました。

噂通り、なだらかなボケ味が特徴のいいレンズに思います。なによりコスパもいい。

オートフォーカスはちょっと遅いですが、K-50なので、ほかの機種のパワーのあるAF機構ならもう少し早いかもしれません。

マクロ域に手を出したいなら、手に入れてみるには非常に手ごろなレンズ。と思います。はい。

 

 

 

 

 ↑こっちも予算が許せば非常に評判はいいのだが…。

 

とにかく、これでタムキューを手に入れたことで、マクロ域もカバーすることに。

この2年で、広角側から、PENTAX純正のDA 10-17mmフィッシュアイ。標準ズームに、HD DA 20-40mm limited(純正)。望遠側は、DAL 50-200mm(純正)とタムロンの70-300mmズーム(A17)と。

一通り、広角側から、望遠側までそろってはきた。しかし、レンズというのは上を見ればきりがない。

あまり深入りしないようにしよう…。

だいたい、これでOKということにしておかないといけない。

明るい広角単焦点が欲しいとか思ってはいけない(笑)

反省おうし座南流星群

大体流星群は反省をするのが恒例なわけですが、今回も、完全に反省案件。

良く晴れていたのだが、1時間程度と粘りが足りなかったこともあり、流星を写すことができませんでした。

 

まあ、そういうこともあろうかと。

流星が写らなくても、ちょっと別に試したいこともあったので、そっちもついでにということで。

 

クロスフィルターで星座を撮る

というわけで、今回、おうし座流星群の撮影がてらやりたかったのは、クロスフィルターを使って星座を撮ろうということ。

f:id:shironagassu:20161109220120j:plain

 PENTAX K-50 レンズHD 20-40mm Limited 焦点距離20mm

ISO1600 露出1分×14枚をスタックしてトリミング

F2.8 アストロトレーサー&クロスフィルター仕様

2016.11.06 高知県土佐市

 

オリオンと、おうし座を中心に今回は星だけを撮ってみました。

クロスフィルターによるクロスはきれいに出ていますが、残念ながら流星はとらえられず。

Kenko レンズフィルター R-スノークロス 55mm クロス効果用 355213

Kenko レンズフィルター R-スノークロス 55mm クロス効果用 355213

 

 ↑6本の光芒を出すタイプの奴もあるらしいですけど、これは4本バージョンのもの。6本は主張強いかなと思い…。どうなんだろう。

 

いかしかし、そもそも、おうし座流星群はそれほど流星の出現数も多くはないので1時間くらいの粘りでは流星は撮れないかなとは思ってはいたのですが…。案の定。

なんとしても流星を撮るなら、もっと粘らねばなりませんね。

ただ、撮影中に3つほど流星が流れたのは見えたので、それでよしとしましょう。

本命は12月のふたご座流星群ですが、どうも、月の具合がよろしくなさそうで、明るいようです。

それでも晴れれば行かざるを得ないでしょうが、どうなるでしょう。

 

おっと、その前に、スーパームーンが14日にありますね。どうやってとるかなあ。と思案中です。

満月に向けて、実は、タムロンの70-300mmズームをゲットしました。いい感じに撮れるだろうか。初のサードパーティ製レンズです。星撮影にはあまり使わないでしょうけど、それはそれとして、人の撮影とかいろいろ使ってみたい。

TAMRON 望遠ズームレンズ AF70-300mm F4-5.6 Di MACRO ペンタックス用 フルサイズ対応 A17P

TAMRON 望遠ズームレンズ AF70-300mm F4-5.6 Di MACRO ペンタックス用 フルサイズ対応 A17P

 

 

Vineが終了するらしいので

しかし、困ったのが、Vineが終了するらしいということ。

6秒という短さがスタータイムラプスを手軽に公開するのに便利だったんですが…。

ので、インスタグラムに動画をアップしてエンベッドしてくる方式にしようかなと試行錯誤中です。

一応、できるけど、Vineの倍以上の15秒の動画がアップできるらしい。

しかし、15秒のタイムラプスをつくるのは大変。

2つ以上のタイムラプスをつないで15秒の作品をつくるのがいいのかな。

動画編集ソフトムービーメーカーしかないけど(笑)

どうすればいいんだ…。

と、悩み中です。

とりあえず、インスタグラムを試験的に使用していく予定です。

 

 

 

 

うーむ。とりあえず、模索を続ける感じ…。youtubeとかも試してみるべきか。

 


星景写真 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村

北極星を中心に。仁淀川河口にて

昨日、11月4日は非常によく晴れた夜で、家に帰ってきたのが21時頃とちょっと遅かったのですが、これは撮影にいっておかないといけないなと思い、いつもの仁淀川河口付近へ。

あわよくば、おうし座流星群南群もピークに近かったので、流星も見えないかなと思いつつ。

結果的には、南東に見えていたおうし座付近に、ひとつ大きめの流星が流れたのが見えましたが、残念ながら、いつも通りカメラはそちらを向いていませんでした(笑)

いや、昨日は、本当に良く晴れていたので、北の空を中心にとって、ぐるぐるしたのをつくりたいと思っていたので…。

そっちの方はばっちり、途中で雲が出ることもなくきれいに撮れました。

 

北極星を中心に

f:id:shironagassu:20161105203457j:plain

PENTAX K-50 レンズDA10-17mm FISH-EYE 焦点距離10mm

ISO1600 露出30秒 F3.5 100枚(約55分)を比較明合成

2016.11.04 高知県土佐市仁淀川河口付近

 

きれいに晴れた空に北極星を中心にしたきれいなぐるぐるが描けました。

しかし、もうかなり寒いですね。

厚着をしていきましたが、じっとしているとじわじわと冷えてくる寒さ。

星撮影は、動かないので、暖かくしておかないとつらいのですが、まあ、そういう意味ではまだまだ2月とかの寒さよりはまし。

 

しかし、こういった晴れた日も冬に向けて増えてくるかもしれませんね。

なるべく撮影に行っておきたいところ。

そして、これで11月も一応撮影に行ったので、1月から11月までなんとか撮影をコンプリート中。たしか、最終日に何とか撮影に行ったようなギリギリの月もあったように思うけれど。

残すところ12月のみ。といいつつ、チャンスがあれば11月もまた撮影に行くとは思いますが。

山の方に行かねばと思いつつ、大体、海の方に向かっていってしまう。

撮影場所を開拓しないといけないけど。紅葉と星空とか、撮れるといいかもしれませんね。

 

タイムラプスも

フリーでつけられる音楽をつけてみる。

うーむ、フェードアウトに合わせて音楽もフェードアウトさせてみた。

Vine公式で用意されているフリーの楽曲です。

自分で、音まで用意できればいいんですけどね。

 

しかしあれですね。だいぶ動画が溜まってきたので、つなげるとそこそこ長いタイムラプス動画が作れるような気もしてきた。

今度編集してみましょう。


星景写真 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村