シロナガス/星景写真と科学本のブログ

受信者としてのサイエンスブログ。「暮らしの中の星空」をテーマにした高知県内の星景写真、スタータイムラプスと、ポピュラーサイエンス/サイエンスノンフィクション(一般向け科学書)の書評。PENTAXで撮影しています。

J limitedツアーにシレっとゴールデングリップを交ぜてきた話

うん。そうなんだ。

曇天だからね。

また、今回も星の話ではないんだ…。私も星景ブログの管理者として責任は痛感している。

しかしながら、無情なる曇り。そして、明日からは雨。

 

ただ、つい今しがた、応募していたやつが、無事に選外で帰ってきて、サルベージできるので、次の更新は、星の話になります。大丈夫。

だから、また、しばし付き合ってほしい、このJ limited話に。

お前は、どれだけJ limited好きなんだといわれそうですが、何なんでしょうね。この魔力は…。人を惹きつけずにはおかない。

 

ということで、日曜日に、高松で開かれたJ limitedツアーに参加してきた話をしようじゃないか。意外なことに、高知からも何人かいらっしゃってました。

 

シレっと交ぜてきた

f:id:shironagassu:20190825223827j:plain

とりあえず、この写真から。というよりも、完全に出オチですが。

この写真で、私のこのツアーでの仕事は終わったといっても過言ではない。

そもそも、私が、カスタムグリップを作ろうと思ったのは、このJ limitedにつながる、KPカスタムプロトタイプが公式ファイスブックに載ったからでした。

そして、時をこえて今、邂逅。

 

シレっと交ぜてきました。

ゴールデングリップカスタム。我ながら、割かし存在感はあるな、と改めてみると。謎の物体ではあるが。

 

もちろん、J limitedについてのお話も、色々と聞いてきました。

開始時間に着いて、後から来る人への繰り返しの説明も、重ねて聞いて、最後までいたので、J limitedの説明がだいぶできるようになった気がします(笑)

f:id:shironagassu:20190825223852j:plain

デザイナーのTKO氏。総勢4人のメンバーで各地のツアーを回っているようです。

このツアー。本来なら、店舗に実機を展示して手に取ってみてもらってというのが良いわけですが、現物が何せ受注生産の手作りのため、例えば100機を展示用に確保して全国各地の量販店に置くなどということが難しいのだそうです。(そりゃそうだ)

今回ツアーに持ってきているものも、厳密には試作最終バージョンで製品版ではないらしい。ちなみに、TKO氏の手元にも、まだ発注したJ limitedは届いていないようです(笑)

 

なので、日本全国をツアーしながら、実際に実機に触れてもらおうという趣旨なのだと。

この前日は鳥取県の米子でツアー。米子終わりで、前日に高松入りしたとのこと。裏話的なことでは、香川で開かれる四国最大のフェス・モンスターバッシュとかぶってホテルが満杯だったようです。余談。

 

さて、J limited。

ボディカラーとトップカバー、グリップ、マウント面、ハードとしてはこの4つに非常に大きな特徴があります。

そして、ソフト面では、写真家の吉村和敏氏監修の風景撮影モード「PH-mode Yoshimura」が登録されています。

f:id:shironagassu:20190825223902j:plain

まずは、ボディカラーは2色ですよね。(真ん中に、参加者さんのもってきたMXを挟んで。AOCoつながり。)

 

先日、大阪に行った時の記事でも書きましたが、ブラック&ゴールドは、全体的にデザインのまとまりが良い感じに思います。実際に、赤いグリップを中心に、それが引き立つように全体のデザインを調和させているようです。そのために、上部ダイヤルに刻まれている文字の色も、ノーマルのブラックKPは普通の白らしいのですが、B&Gについては薄いグレーなのだそうです。気づかない~。こだわりが細かい。ゴールドは、抑えめのゴールドですね。(どっかのゴールデングリップとは違って(笑))

 

そして、ダークナイトネイビーの方は、マジョーラカラーを採用して、光の当たり具合により、深い紺から明るい青まで見え方が変化する塗装が特徴。こちらが少し人気があるようですが、それほど大差というわけでもないそうです。

B&Gか、ネイビーか決めかねて2つとも買うという猛者が、割と何人も出ているらしい。魔性。

 

いや、確かにモノが良いんですよね。デザインも特徴的ですけど、塗装なども職人芸的な細やかさがあって、モノ作りとして良いものを作っているという印象。

 

トップカバーは着脱式なんですが、アクセサリーシューへの特製アルミニウムシューカバーで固定するようになっています。このアルミニウムの削りだしシューカバーが地味に原価高いらしい…。なるほど。

 

そしてグリップ。

f:id:shironagassu:20190825223933j:plain

グリップのお話は、やはりこのスミブラックがすごい。

これは、創業200年の墨の老舗・奈良の墨運堂の最高級墨をつかっている…。そして、この深みのある黒い輝きを出すには、この最高級の天然膠が使われた墨でないといけないらしい。なんだ、そのこだわりは…。(TKO氏の写っている写真の右側に実物の墨が置かれています)

そして、それを、墨汁にして高知のミロクテクノウッドの塗装技術で9層の塗装を施している。これは、高級車〇〇〇〇(完全伏字)のハンドルにも実際に使われている、と。

なかなか写真で伝わらないので、実物を見てもらいたいですね、これは。

しかし、あえて、言葉で伝えるとすると、和の黒というか、ある参加者の方は黒真珠のようなと形容されていましたが、なるほど、有機的な深みのある黒さです。

うむ。伝わらない。少しでも伝われ。

 

そして、私が、今回、一番驚いたのは、シチズンダイヤモンドライクカーボン=DLCコーティングが施されたマウント面。

私は、これは、摩擦強度を増すという意味で、実用面からコーティングしたんだと思っていたんですが、実は、渋い鈍色の光沢を出すために、採用されたのだという。つまり、実用に足る塗装面の強さとともに、何より美しく均質な光沢の出るコーティングが欲しかったのだ、と。

ええ。そこ!?レンズ付けたら見えなくなる…まさに見えないオシャレすぎる。

正確にいうと、レンズ付けても確かに少しだけ隙間から見えるそうです。いや、まあ、それはそうだけど。

「こだわり」というものに形を与えたらこうなりました、というのがJ limitedですね。

 

f:id:shironagassu:20190825231304j:plain

そして、これが、すべての始まりとなった、TKO氏が2018年の正月休み(?)に自作したという、初号機プロトタイプFacebookにあがったグリップは赤いものでしたが、木製のものに換装されています。

おお、こいつか…。

思えば、本当に、ここからユーザーの後押しもあり、各企業の協力もあり、1年半余りの道のりを経て、形に。

お話を聞いていると、ミロクやシチズンなど各社も、このカスタムカメラづくりに、担当者や職人の皆さんが、面白さを感じながら賛同してくれているように感じました。面白さというのは人を動かしますね。

ユーザーの後押しで言えば、あのFacebook掲載後、私以外にも、幾人かが触発されてKPのグリップを作るプチ・カスタムブームが来たんですが、そういうのも社内でGOが出るのに後押しになったそうです。なんとまあありがたい。

 

吉村和敏氏監修の風景撮影モード「PH-mode Yoshimura」について、試作機でファームが載っていなくて、実際にみれていないのですが、露出ブラケットなども入れながら、いつもとは少しだけ違う絵作りを大事に、設定されているということでした。

 

ということで、J limited、ご興味のある方はぜひ。

※特にブロガー的な紹介依頼とか、マーケティング依頼とかは、残念ながら全く受けていません(笑)完全に、自発的な回し者です。むしろガチのあれ。どんだけ好きなんだっていうね。

ricohimagingstore.com

そうそう。

大事なのは、一応、ノーマルKPが販売継続している間は、受注を受けるという見通しでやっているそうです。

そして、やはりパーツだけの販売は、生産がハンドメイドのため、供給が追いつきそうになく、かなり困難だそうです。納得。

あああ。欲しいか欲しくないかで言えば、ここまで取り上げているので、めちゃくちゃ欲しいんですが。

いや、APS-Cの新型も鋭意開発中らしいので。

いやー、KP二台もなかなかいいと思うんですが…、まあ、落ち着こう。

リコイメのフォトコンのグランプリが…50万円か…。良し!行ける!(行けない)

 

買ってもないカメラをここまで推すブログも他にないと思う。何なんだこのよくわからないブログは。

 

f:id:shironagassu:20190825224002j:plain

f:id:shironagassu:20190825224012j:plain

トートバックやキャップも展示販売されていました。

 

ツアーも残すところあと2公演(?)。8/31(土)石川の金沢と9/7(土)長野の松本ですね。ご興味のある方は足を運んでみてください。最初から最後までいなくても全然大丈夫だと思います。ふらりと寄ってみてはどうかと。記念になる特製のJ limitedカードももらえますよ。

ただ、TKO氏とのハイタッチはする覚悟で行ってください(笑)

news.ricoh-imaging.co.jp

 

あとは。旅と言えば、食事。

時間のない中でも、香川にいったらうどんを食べねばということで、うどん。

一番近いお店に飛び込みましたが、さすがにおいしかったです。

f:id:shironagassu:20190825224027j:plain

 

こちらは、ツアー終わりに、ツイッターで相互フォローしている方とご一緒して、おごってもらったかき氷。ゴチになりました。おいしかったです。

まあ、男二人で、かわいらしいかき氷を食べるのも乙なものです(笑)

f:id:shironagassu:20190825224033j:plain

いやー。というわけで、行ってきたJ limitedツアー。

大変面白かったです。

J limitedの説明かなりできるようになったので、だいたい聞かれたら、答えらえると思います…!

 

次回は、星のサルベージです。多分。

本当は新作を撮らねばならないのだが…いやはや。秋雨か。例年9月が一番撮影回数少ないんですよね。実は。今年は8月の末からすでにやばい。想定外。

 

ではまた。