シロナガス/星景写真と科学本のブログ

「暮らしの中の星空」=星景写真+サイエンスノンフィクション書評。PENTAX使い。

撮影に行けぬ日々

うむうむ。

今年の梅雨、ヤバいくらい長くないですか?

四国の梅雨は、今年はとんでもなく始まりが早かったので、とにかく長い。

撮れない。

忙しかったのもあるんですが、今日もギリギリ雨が降るか降らないかという天気で、曇天です。こういう日がずっと続いている。

さすがに、気が滅入ってきておりますが、もう少しの辛抱ということで、晴れを待ちたいと思います。

 

というわけで、今日は、書くことが本当にないので、勝手にリコーフォトアカデミーの宣伝をしておこうと思います。

 

うむうむ。なかなか、良い企画なんですよ。

 

リコーフォトアカデミー

f:id:shironagassu:20210628183240j:plain

とりあえず、サムネイル用に星の写真を一枚。

 

で、リコーフォトアカデミーですが、なんぞや、と。

公式ページから説明を拝借してくると…。

リコーフォトアカデミーでは「写真を生涯の趣味にするために」をモットーに、、魅力的な講座を多く開講しております。
何をテーマとして何を表現するのかという写真の本質を学べるカリキュラムを中心に、写真の様々な世界を知る「教養講座」や被写体やテーマごとにテクニックを磨く「ワークショップ」など、写真を生涯の趣味として楽しんでいくためのヒントとなる講座を幅広く開講いたします。

と、いうわけで。

リコーイメージングが開催している、写真をテーマにした講座ですね。無料のものも多いですし、有料のワークショップなどもあります。オンライン開催が結構多いですが、リコーイメージングスクエアなどの会場でのオフライン開催もあったりします。

 

基本的に、写真がテーマなんですが、今回異色の講座が予定されておりまして、それを紹介しておきたい。

それが、下記。

school.ricoh-imaging.co.jp

望遠鏡を企画販売するスコープテックの創業者、大沼崇さんを招いての、「初めての星空観察」というオンライン講座です。

8/7(土)17:00~19:00、オンライン。

実は、私の星との関わりは、この大沼さんが企画されたラプトル50という望遠鏡を入手したところから始まっているんですね。

その後、私は、(星景写真を)撮る方にシフトして現在に至るわけですが、原点は実はここにあります。

このブログのリンクにも、スコープタウンというスコープテックの展開するショップのリンクが貼ってありますね。
 

今回のこの講座は、「星空を楽しむ」がテーマ。

あえて、撮影ではないんですね。PENTAXは、双眼鏡などもラインナップしていて、それを使っての星空観察も、実は、守備範囲内です。

 

実は、星景撮影する時にも、双眼鏡がひとつあるとかなり楽しみが広がります。

インターバル撮影中は、本当にやることがないので、のんびり双眼鏡で星を見るのが、楽しい。日常にはなかなかない、ゆったりとした時間が流れていきます。

そもそも、日常生活で星を意識することは少ないのかもしれませんが、意識するようになると、季節の移ろいを敏感に感じるようになり、ほんの少しかもしれませんが、人生が豊かになるような気がしています。

人類は、おそらくは、誕生以来、星を見上げてきたと思うのです。ですが、確かに、夜も灯りで明るくなり、星が見えづらくなっています。人工衛星なども無数に飛び、インターネット通信用のメガコンステレーションもどんどん打ち上げられています。

星空は、今や、本当に、希少なものになりつつあるのかもしれません。

 

私も、星を撮りながら日々を送っている者の一人として、星空に親しむ人が一人でも増えると良いなと思います。それが、少しでも長く、星空を守ることにつながるのではないかなとも思っています。

 

上の講座、無料ですので、ぜひ、ご都合の合う方はご参加ください。

うむうむ。

 

いや、リコーフォトアカデミーを勝手に宣伝しておく回でした。

ではまた。

 

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村


星景写真ランキング

 

星景サルベージその99 雲の流れる浜辺

うむうむ。

夏至ですね。太陽が最も北に寄っている状態ということか。北半球で昼間が一番長い日。

もう今年も夏至か…早い。

天気と、予定が折り合わず、撮れにいけていないので、とりあえず、サルベージしておきたい。

でも、しばらく、サルベージなのかもしれない…。どうだろう。

まだ、一応、梅雨明けの気配はない。

 

雲の流れる浜辺

f:id:shironagassu:20210621204340j:plain

PENTAX KP レンズ HD DA★11-18mm アストロズーム 焦点距離 12mm

ISO6400 SS40秒 F2.8 アストロトレーサー、プロソフトンクリア使用、ほぼ固定撮影

2021.01.16 高知県土佐清水市にて

 

まだ1月。

夜中2時過ぎの海岸に、春の星座おとめ座スピカが昇っています。

プロソフトンクリアの効果でいい具合でスピカが描写されています。

 

写真を見ると、その時のことが、結構思い出せるものですね。

この日は、1月だというのに、すごく暖かった。この写真の周辺や手前にいくつか潮だまりができていて、潮だまりと星を撮ろうと歩き回った結果、案の定、潮だまりに突っ込んでしまったんですが、まったく足先も冷えず、寒さを感じなかったですね。

 

ISO6400に上げて、40秒まで露光を引っ張ることで、前景の水のきらめきを描写しようという意図で撮ってみました。

これは、右側から雲が来ていたんだと思います…確か。

 

サルベージも99まで来ました。

このサルベージは、基本的に、何かしらのフォトコンに出したものです。選に入ったものもあれば(もちろん少ない)、入ってないものもあるんですが、ずいぶん、送り続けてきたものだと…(笑)

なるべく続けていきたいですね。

定期的に、コンテストに出すことで、もちろんそれを他者の眼でみてもらえるということもありますし、もっと言えば、自分自身も撮影時とは違った目線で、自分の写真を振り返ることにつながります。

選に入るか入らないかも、それはそれで大事な事ではありますが、この自分の写真を客観的な場所に置いてみるという効果の方も大切なことと感じています。

ちなみに、これは普通に選外だったやつです。

こういう、派手でない星景写真好きなんですけどね…。まあ、でも、自分の好きは大事にしていった方が良い。

 

ああ、次が100か。

まあでも、途中、コンテストに出してないのに、サルベージにしたやつもあるので、正確に99のコンテストをくぐってきたというわけではない。

それは、今思えば、微妙にもったいなかったですね。最初から基準を統一しておけばよかったです。

うーむ。

 

ではまた。

 

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村


星景写真ランキング

 

Adobeスーパー解像度の使い道を探る

うむ。

梅雨が長い。

四国の梅雨が長い。

雨が降らない日も雲量10に近い、ドン曇りの日が多く、何も撮れずにいます。星景メインの悲しさよ。

せっかく買ったレインカバーも、雨の降らないドン曇りという天気のため、使い用がない。参った。

 

ということで、先日、Adobeのアップデートで来た、スーパー解像度の使いどころを探って、いくつか現像してみたので、今日は、そのことを書いておきましょう。

 

スーパー解像度

正確にいうと、スーパー解像度機能は、以前、camera RAW用のものはリリースされていたんですね。それが、今回Lightroomの方にも実装されたということ。

Lrの方が使いやすいので、歓迎すべきアップデートです。

 

blog.adobe.com

 

これは、以前のcamera RAWへの実装時に、公式がスーパー解像度を解説した記事。

ふむふむ。

機械学習の力を借りて、ピクセル間を補完しつつ、画質低下なく元の画像の辺を2倍化し、解像度でいうと4倍になるという代物。

 

ですので、上の記事によれば、古いカメラなんかを使ったときや、強くトリミングした時なんかに使うと良いようです。

 

というわけでさっそく試してみました。

これは、タムキューことTamron 90mmで撮影した月。

私はまともな望遠を持っていないので、これが一番大きく月をシャープに写すレンズです。

そのまま現像すると上の画像の大きさです。

換算135mmではこのくらいの大きさにしかなりません。

f:id:shironagassu:20210614193839j:plain

↓スーパー解像度を適用

f:id:shironagassu:20210614193857j:plain

そして、スーパー解像度を適用したものがこちら。

かなり月を拡大することができました。

実は、スーパー解像度だけでなく、その後、Photoshopに写して、アンシャープマスクをかけて、解像感を上げています。

なかなか、行ける。

上の写真からここまで大きくできるなら、使い道があるかもしれません。

 

そして、もう一つ。

秋に撮影した、紅葉と霧の風景

…なのですが、11-18mmの広角レンズで撮ったために、せっかく紅葉している真ん中の山があまり大きくは写っていません。

f:id:shironagassu:20210614193913j:plain

↓これをスーパー解像度

f:id:shironagassu:20210614193925j:plain

スーパー解像度後、中心のごく一部、一番紅葉しているあたりにフォーカスして、トリミングしてみました。

こちらも単にスーパー解像度しただけではなく、現像の際に色々いじっています。

ひとつは、朝日の色を強調するために、ホワイトバランスを調整。全体的に暖色系のオレンジ色になるように調整しています。

そして、左から太陽が昇ってきているんですが、そのサイド光を生かすために、コントラストを強めることで陰影をつけ、立体感のある写真に仕上げています。

本来なら、最初から、望遠レンズを使って、このくらいで撮っておけばよいのですが、上でも言ったように、私は、まともな望遠を持っていない…。

 

とりあえず、どこかのタイミングでまともな望遠レンズを入手しないといけないとは思うのですが、とりあえず、それまでは、広角で撮ったものをスーパー解像度してしのぐという選択肢はあり得るかもしれません。

 

さすがに解像度が4倍になると、相当のトリミング耐性になりますね。

ただ、下の紅葉の写真でいうと、元は、29.3メガバイトのRAWファイルなんですが、スーパー解像度を適用すると319メガバイトになります。

でかすぎる(笑)

PENTAXのカメラには、リアルレゾリューションシステムといういわゆるピクセルシフトによる超解像撮影モードが実装されているんですが、これに、適用した場合(KPの場合)、約100メガバイトの画像が、320メガバイトくらいになります。そこは、やっぱり300メガくらいなんだな…。

f:id:shironagassu:20210614203528j:plain

↓スーパー解像度

f:id:shironagassu:20210614203554j:plain

リアルレゾリューションシステム×スーパー解像度。

これは使いどころがあるのか…どうか…謎…

と、非常に大きなファイルが生成されるので、なんでもかんでも適用できるものではないですが、いざという時には使っていきたいですね。

 

うむうむ。

ではまた。

 

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村


星景写真ランキング

 

紫陽花と星

うむうむ。

先日、久々に、KPのセンサークリーニングをしてきました。以前、通称ペッタン棒(下記リンク参照)を使って自分でやったこともあったんですが、不器用なのかあまりうまくいかなかったので、それ以来、プロにお任せするようにしています。

これまでは、1年に1度くらいを目途に関西に行ったときに、リコーイメージングスクエア大阪でお願いしてたんですが、このコロナ禍で、遠出ができておりません。

なので、1年半くらい、センサークリーニングせずだったんですが、先日、キタムラのホームページを見ていたら、キタムラでできるそうではありませんか。

ということで、さっそくやってもらいました。

 

星景撮影は、基本的に、開放で撮るために、あまり、センサーゴミ、気にならないんですが、さすがに1年半もやってないとついてるだろうなと。

案の定、結構汚れていたようで、きれいにしてもらいました。

展示されているK-3 MarkⅢを触りながら店内で待っていたら、クリーニングできたので、非常に助かりました。

これで、また、しばらくは大丈夫でしょう。

 

 

というわけで、今日は、先日撮ってきた紫陽花と星を上げておきたいと思います。 

 

ベガと紫陽花

f:id:shironagassu:20210607193025j:plain

PENTAX KP レンズ HD DA★11-18mm アストロズーム 焦点距離 11mm

ISO6400 SS10秒 F2.8 アストロトレーサー、プロソフトンクリア使用、ほぼ固定撮影

2021.05.31 高知県香南市にて

 

DxO PhotoLab4を使い現像。とりあえず、貯金中のため導入は見通せてないのですが、試用期間をフル活用中です(笑)

手前の、アジサイは若干、前ボケにしながら、中心の紫陽花の花弁あたりからピントが出始めています。

シャッタースピードが10秒なのは、これ以上アストロトレーサーで追尾をすると、特にこのような細かい被写体は顕著にブレるため。

ISO高めの6400ですが、PhotoLab4でノイズリダクションすることで、ディテールもすっきりしながら、嘘のようにノイズが消える。

ただ、空のノイズ処理が少し癖があるような気もしています…、どうだろう。星もディテールが強調されるので、そこを、良しとするかそれとも強調しすぎと見るか難しいところです。ノイズ処理に関しては驚異的ですが。

 

ところで、KPのアストロトレーサーは10秒、20秒、30秒と10秒刻みなんですが、K-3 MarkⅢは、10秒以下は1秒単位、そして10、15、20秒と刻んでくるようになっています。

15秒なら、そして、星追尾を半分に抑えるアストロトレーサータイプ2なら地上のブレを抑えられるかもしれませんね。

早く…試してみたいものよ…。

 

というわけで、冒頭の、キタムラのセンサークリーニングの件も、K-3 MarkⅢを見ながら、色々なカメラ屋さんのサイトをはしごしていた時に見つけたものでした。

まだK-3 MarkⅢの購入にはしばらくかかりそうですが、少しずつ近づいては来ています。遠のいてはいない(笑)

じわじわと行こうと思います。

 

ではまた。

 

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村


星景写真ランキング