シロナガス/星景写真と科学本のブログ

「暮らしの中の星空」=星景写真+サイエンスノンフィクション書評。PENTAX使い。

日曜市を撮る

うむ。

満月期なのと、少し疲れ気味でしてMPが不足しているということで、夜撮影に行くのは、つらいなと思いつつ。

しかし、2週間何も撮らないのも落ち着かないということで、日曜市を撮影してきました。

 

レンズは、HD DA70mm F2.4 Limited。このレンズは、昼間のスナップショット撮影用に入手したんですが、なかなか、気に入った描写をしてくれます。

 

www.city.kochi.kochi.jp

 

高知市のホームページによる、日曜市の説明を上げておきましょう。

元禄3年(1690年)以来,300年以上の歴史を持つ土佐の日曜市。年始(1月1・2日)とよさこい祭り期間(8月10~12日)を除く毎週日曜日開催されています。午前6時頃から午後3時頃まで,高知のお城下追手筋において,全長約1kmにわたり,約300店が軒を並べています。新鮮な野菜や果物はもちろん,金物,打ち刃物,植木なども売られており,市民と県外からの観光客などもあわせると1日に約17000人が訪れる生活市です。

とのこと。

本来は、かなり観光客の方も多いですが、今は、コロナの影響もあり、観光客の比率は下がっているかもしれません。地元客も訪れて、店先に出されている野菜や果物を通して、季節を感じることのできる、「暮らし」に根付いた市でもあります。

 

Market/2021.01.31

f:id:shironagassu:20210201191643j:plain

f:id:shironagassu:20210201191707j:plain

f:id:shironagassu:20210201191738j:plain

f:id:shironagassu:20210201191752j:plain

f:id:shironagassu:20210201191825j:plain

f:id:shironagassu:20210201191848j:plain

f:id:shironagassu:20210201191906j:plain

APS-Cの70mm、フルサイズ換算で105mmの距離感というのは、日常を傍らでそっと撮るには良い距離間のように思います。

HD DA70mmはレンズとして小ぶりなのも威圧感を与えなくていい。

 

今回は、「手元」にフォーカスしながら、撮影をしてみました。

この手を介して、人と人とがつながっていく感じに、強く「暮らし」の質感を感じます。私にとって「暮らし」というのは、ライフワークとなるようなテーマです。

「暮らし」を撮り、遺していくことで、その日々が先へとつながるように、可能性を紡いでみたい。

 

日曜市の撮影は、Marketシリーズとして、満月期の日曜日(前日に星を撮りに行かない可能性が高い)などを中心にして、2,3か月に一度撮影するような感じでシリーズ化したいところです。

こちらでも、星座とはまた別の季節の移ろいを感じて、撮りためてみようかな、と思っています。

 

ちなみに、カスタムイメージは、ナチュラル」を採用。

f:id:shironagassu:20210201192552j:plain

こんな感じで、彩度を一つ下げ、キーはグッと2ポイント下げて、コントラストとシャープネスを上げ、パリっとした感じを出しつつ、という感じで調整しています。

キーと彩度を同時に下げることで、キーを下げたときに色味が強くなる部分を少し緩和して、影の表現がうまく出るように、…というつもりで設定しています。

 

カスタムイメージを色々いじれるのもPENTAX機の魅力。

うむうむ。

 

というわけで、日曜市を撮る、Marketシリーズでした。

ではまた。

 

プロソフトンクリア・ビフォーアフター

うむうむ。

いつの間にか月が太っている

先週の週末は終始天候が悪く、撮りにいけませんでした。うーん、しばらく満月期ですね。

まあ、しょうがない。 

 

今日のところは、先日撮ってきたプロソフトンクリア使用の写真を、比較スライダーにすることで、お茶を濁したい。

(追記:そういえば、ナチュラルに何の説明もなくプロソフトンクリアの話を始めていますが、ケンコーから出ているソフトフィルターのことですね。下にリンクつけときますね)

 

プロソフトンクリア・ビフォーアフター

PENTAX KP レンズ HD DA★11-18mm アストロズーム 焦点距離12mm

ISO4000 SS30秒 F2.8 アストロトレーサー、プロソフトンクリア使用、ほぼ固定撮影

2021.1.15 高知県土佐清水市にて

 

うまく表示されているでしょうか??

www.taishogoes.com

こちらを参考にさせていただいて、画像比較スライダーを実装してみました。

 

どちらかというと、このスライダーがうまく行っているかどうか、が今回のブログ記事のメインテーマ。

 

うまく表示されていれば、左側が、プロソフトンクリアなし、右側がありビフォーアフターになっているはず。

 

北を向いて、北斗七星を撮っていますね。

北斗七星は、ほとんど2等星、ひとつ3等星の星なので、2・3等星に関してはソフト効果が十分に出る。それでいて、地上の光には、それほどの違いが出ていません…。

絶妙。

 

プロソフトンAの半分の強さというプロソフトンクリアですが、本当に半分の強さというだけなんだろうかという絶妙な効き加減…。

画面端に1等星クラスを置くという構図にすると、星像が伸びてしまいますが、それ以外の弱点はほぼないですね。

多くのシチュエーションをカバーする万能さ…。

 

うーん、本当に、効果を半分にしただけなのだろうか…という疑問がわくのだが、真相は闇の中…(笑)

 

 

ではまた。

 

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村


星景写真ランキング

 

TKG(とても、カンタンな、合成)

うむ。

なんだか、暖かくなったり、寒くなったり、寒暖差が激しすぎて、ついて行けていない。 こんなコロナ禍の中で、体調を崩したくはないのだが…、自信がない。

 

と、いうことで、今回は、とても、カンタンな、合成(略してTKG)について、書いておきたいと思います。

とても、カンタンです。

 

TKGの手順

今回は、比較明合成で星の軌跡を描いた夜空に、別撮りの地上の景色を合成して一枚の写真に仕上げていきます。

 

まずは、比較明合成の画像を用意します。PENTAXのカメラだとカメラ内で比較明合成をする機能があるので、それをすると楽です。(これは、Photoshopで合成しました)

f:id:shironagassu:20210118195701j:plain

こういう感じですね。

本当は飛行機の光跡とかは処理した方が良いんですが、めんどくさいので、今回はそのままです。

撮影中に自動車が走ったために、右側の岸辺が非常ににぎやかになっています。

加えて、水面に星の軌跡が中途半端にリフレクションしていて、微妙です。

 

なので、地上が落ち着いた一枚を持ってきます。

f:id:shironagassu:20210118201900j:plain

こちら。

水面も落ち着いていて良い感じですね。これを地上景にします。

 

この2枚をPhotoshopを使ってレイヤーで開きます。(Lightroomに読み込んでおいて、2枚を選択し、右クリックから「他のツールで編集」の中から、Psのレイヤーで開くことが出来ます)

残したい方を、上のレイヤーになるように置いておきます。

つまり、今回の場合、地上景になる方を上にしておきます。

 

1、多角形選択ツールで残したい部分(地上景)を囲んでいきます。

f:id:shironagassu:20210118202006j:plain

2、上の「選択範囲」タブから、「選択範囲を変更」→「境界をぼかす」、に進みます。

境界をグラデーション状にぼかして、合成した時に違和感がないようにします。

ぼかしの幅を変更できますが、大体75~150くらいの間で良い感じの値にしてください。

今回は、100にしました。

 

f:id:shironagassu:20210118202506j:plain

3、右下のレイヤーマスクを追加を押すと、選択した部分だけ残して、消えてしまいます。今回は、地上が残り、空の部分が消えました。最後に、「レイヤー」タブの中にある、「表示レイヤーを結合」したら、終わりです。

右下の時計を(クリックで拡大して)見てもらうとわかりますが、この間、わずかに3分。

このスクリーンショットを撮ったりした時間に2分ほど使ってしまったので、実質的には1分です。TKG(とても、カンタンな、合成)。

 

4、お好みでLightroomに戻して、調整します。

今回は、カラーグレーディングを使って、少し、青い画像にしてみました。このカラーグレーディング…とても、カンタンで、とても、便利です。

f:id:shironagassu:20210118202949j:plain

自由自在に色味の調整ができます。今回は全体を動かしましたが、中間色だけ、ハイライトだけ、シャドーだけといった調整も可能です。便利…すぎる。(Adobe依存症)

 

5、完成

f:id:shironagassu:20210118203106j:plain

というわけで完成しました。

このTKG手順を覚えておくと、撮影現場で、地上の景色の落ち着いた写真を一枚保険に撮っておいてから、カメラ内比較明をかけると、自動車が入ってきたりして地上が過度に明るくなってしまった場合に、救える可能性が高まります。(どうしても救えない感じで光が入ってくる時もありますが)

 

また、例えば、地上の光が全くないような場所で、ISO800で20分など(無理やり)露出時間をかけて、地上の景色を暗闇から写し込み、別に撮っておいた、星の止まったアストロトレーサー使用一枚撮り画像をはめ込むということもできます。

そうすると、暗闇でもライティングを使わず、景色と止まった点像の星を写すことが可能で、自然な星景写真に仕上げることができます。

 

ということで、TKGの手順についてでした。

とても、カンタンな、合成。

TKGは、実質1分で、確かなソリューションを提供します。

 

ではまた。

 

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村


星景写真ランキング

 

大寒波襲来

なかなか、厳しい寒波が来ていますね。

高知県でも、山沿いや西部の方では、かなりの積雪があるようです。

幸いに、中央部は今のところ、雪はちらついた程度で、生活に支障ない状態です。

しかし…寒い。経験したことない寒さを感じています。

 

先日、その寒さの中を、初撮りにいってきたので、写真を載せておきたいと思います。

しかし、夜の写真は、まだ編集中のため、夜が明けた後の写真です。

 

大寒波の朝

f:id:shironagassu:20210111203354j:plain

f:id:shironagassu:20210111203409j:plain

f:id:shironagassu:20210111203424j:plain

f:id:shironagassu:20210111203439j:plain

 

夜間の撮影から、そのまま、太陽が昇り、朝を迎えました。

うーむ、見事に凍っています。

高知だとここまでになるのは、確かに数年に一度レベルですね。

以前-5℃は体験したのですが、今回、はっきり測ってはいないのですが、それ以上ではあったはず。平地に戻って来た時の8時ごろの温度が-5℃だったので、おそらく現場での最低気温は-8℃くらいまでは下がったのでは…。

 

MPを少しずつ貯めて何とかいってきたんですが、貯めたMPは全部使い切りました。

大変な疲れ。寒さに全部持っていかれた。

本当は、冬季の夜空の明るさ調査に参加したかったんですが、薄曇りなのとMPがないのとで、動けずでした。

次の夏の調査は頑張ろう…。

 

というわけで、大寒波でした。

しかし、高知はともかくも、北の方は、立ち往生したり、流通がストップしたり、なかなか重大な影響が出ていますね。

大変だ…。

 

ではまた。