シロナガス/星景と科学本のブログ

受信者としてのサイエンスブログ。星景写真、スタータイムラプスと、ポピュラーサイエンス/サイエンスノンフィクション(一般向け科学書)の書評。

梅雨明けと15リミ・ファーストライト

今週のお題「星に願いを」

 

今回のはてなブログのお題が「星に願いを」だったので、つけておきます。

 

うーむ。

四国も梅雨明け宣言が出されました。

いやはや、しかし、最後の長雨はとんでもないことになってしまいましたね。高知県でも犠牲者が出てしまいました。全国で犠牲になられた方に、心からお悔やみ申し上げます。

 

このところ、九州の豪雨をはじめとして、毎年といってよいほど、各地で水害が繰り返されている気もする…。治水については、かなり、思い切った方策が必要ですね。

ただ、高知市街を見てても思うんですが、人口の集中に伴って、元々、田んぼだったり湿地だったりした土地を埋め立てて、住宅地にしているので、そういう部分は、本来の自然な形からいけば、水があふれざるを得ないんでしょう…どこまでコントロールできるものだろうか…。高知市は、約17000戸が浸水した98年豪雨の経験などもあり、排水能力は順次強化していて、今回も大きな浸水被害はなかったのは幸いですが…。

また、マクロな視点から行けば、因果関係をはっきりさせるのは難しいかもしれませんが、やはり地球温暖化の影響が出てきているんだろうとも思います。海水温の上昇が、空気中の水蒸気量に与える影響も指摘をされていますが…ここはかなり長期的な取り組みが必要ですが、放置というわけにはいかないでしょう。

今回、気象庁は、早めから警報を出して注意喚起もしていたので、予報の精度はあがっているんでしょうけど、なんとも、無念な結果となりましたね。

 

うーむ。

そして、辛すぎる梅雨があけて、夏が来ますね。

また、撮らなければならない。(仕事の方では、できることをするとしても)星撮りとしては、星を撮り、星を届けることで、せめてそこに何かしらの意味が与えられればと願うばかりです。

 

夏のはじまった日

f:id:shironagassu:20180710095757j:plain

PENTAX KP レンズ  HD DA 15mm Limited 焦点距離15mm

ISO6400 SS20秒 F4 ソフトフィルターありの星空と無しの地上を合成

2018.7.9 高知県高知市にて

 

梅雨明けが宣言された9日、届いてから一度も晴れ間がなく撮影にいけなかったHD DA15mm(略称15リミ)のファーストライトを兼ねて、あまり遠出せず市内での撮影に臨みました。

中央、天の川付近にある明るい星は土星、左下に赤くひと際目を引く星は今月末に最接近する火星ですね。相当の存在感を出してきています。異常に明るい。今、惑星では金星に次ぐ明るさでしょうか。

 

雲が多かったので、どうかなと思ってたんですが、出てみると意外に南方向の空は雲がなく、天の川も撮影することができました。

 

開放F値4というのが、果たしてどうかという思いはありつつでしたが、十分写りますね(まあ、10-17はF5.6で撮影しているので撮れないわけはないと思っていましたが)。

ただ、今回は、実に約20日振りの撮影になってしまい、 O-GPS1(アストロトレーサー)を入れた小袋(これに、予備バッテリーとかも入っている)を忘れていくという失態をしてしまいました。なので、アストロトレーサーも試したかったのですが、試せずじまいで、またの機会に持ち越しです。

 

昨日は15リミだけ撮影して来ようと思って、他のレンズを入れずに出発したので、いつもの荷物確認のルーチンをせず、小袋ごと忘れていたという。

 

今回の撮影場所は、街の郊外で、それほど暗くなかったので、今度はもう少し暗い場所にも行ってみたいと思います。 

 

15リミが来たことによって、20-40mmの星景撮影頻度は下がるとは思いますが、一度、ここらへんで星撮影用としての20-40mmもまとめてみたいと思います。開放でも色収差がほぼないこと、換算30mmの画角が少し物足りない反面、その制約ゆえに構図整理が求められて決まる場面では構図が決まるということがあるかなあ、と思っていますが、詳細はエントリーを起こしてまた。

 

NEEWERの三脚

と、15リミのデビューに隠れてあれですが、地味にNEEWERの三脚もデビューしてきました。主に、流星群時のカメラ二台持ち出し用に、サブの三脚として購入したのですが、バッテリーグリップ付KPでも、雲台は十分固定する能力がありますね。

APS-C用としては、リーズナブルな値段を考えると上出来で必要十分な性能。公称12㎏の耐荷性能というのはさすがに盛り過ぎだとは思いますが(笑)

普段の三脚としては、マンフロットのを使いつつ…もしかすると雲台は、このNEEWERのを使うかもしれません。

 

うむうむ。今回は、全体的にお試し撮影だったのですが…県展の締め切りが残り一か月に迫ってきまして、最後の追い込みをかけなければなりません。今、心に決めているのは、あれかな…というのはあるんですが、それを越える会心の一枚を狙いにいかねば。

 

というわけで、久々の撮影でした。しかし、蒸し暑かった。

ちょうどよい気候も終わり、これからの撮影は、しばらく暑さとのたたかいになってきますね。とか言ってたらまた寒くなるんでしょうが…。

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村


星景写真ランキング