シロナガス/星景と科学本のブログ

受信者としてのサイエンスブログ。星景写真、スタータイムラプスと、ポピュラーサイエンス/サイエンスノンフィクション(一般向け科学書)の書評。

「花と星を撮りたい」パンフォーカス星景への道のり

というわけで。

この半年間、パンフォーカスで星景を撮ろうということで、試行錯誤してきたんですが、一応の到達点に達したので、書き残しておこうと思います。

 

そもそも、「星と花を一緒に撮りたい」、というところから始まっているパンフォーカス星景

この星と花を一緒に撮るというのは、すでに「露光中ピント絞り可変法」という先達が実用化してきた撮影方法があって、私もこれをすればよいと思っていたんですが。

露光中ピント絞り可変法 - Google 検索

簡単に言うと、露光中に、絞りを開けた状態で星を撮り、そのまま絞りを絞り切ると同時にピントを近くに合わせ、フラッシュなどで前景を照らして花を撮る、という技法。これで遠景と近景に両方ピントを出す。しかし、これ、撮影するのに絞りリングがいるんですよね。

PENTAXのデジタル用レンズ=DAには基本的に、小型化のためか絞りリングがついていないんですね。

そして、絞りリングのついているSAMYANGの14mmも買ったんですが、これが、また、こけて砕いたのは以前述べたとおりです。↓

shironagassu.hatenablog.com

なので、私は、私の持ちうる機材で、どうにかして、花と星を撮ることを、余儀なくされたわけです。諦めが悪い。

 

ここまでが前置き。

 

現時点での到達点

f:id:shironagassu:20180207191552j:plain

PENTAX KP レンズ DA 10-17mm FISH-EYE 焦点距離10mm

ISO8000 SS60秒 F8  アストロトレーサー使用

2018.02.04 高知県土佐清水市にて

 

現時点で到達したパンフォーカス星景の作例。一応、それなりに見られるようなものになってきました。

スイセンの花の先にオリオンがあって、花と星という意味では一応形にはなっている。…といえますかね。どうかね。まあ、まだまだかもしれないが。一応なんとかなってると思いたい。

 

撮り方

で、やり方なんですが、

焦点距離でピントを出す。焦点距離10mm、F8なら、約65cm。F9なら、60cm弱。これでピントを出すことで、その半分くらいから無限遠まで全域でピントが出るということになります。目測でもいいですが、ちゃんとやるならメジャーが必要です。すでにここで少し面倒くさい。

※許容錯乱円を0.02としてiPhoneの無料アプリで計算しています。厳密にいうと、A4サイズのプリントを30cmで見る場合にピントが「合っているように見える」とかそういう感じです。

許容錯乱円 - Google 検索

私は許容錯乱円について詳しく解説できないのでグーグルの検索を貼っておきます。興味のある方は調べてみてください。

※付け加えると、星へのピント出しは普通はシビアで、無限遠付近で1mmもピントリングを動かしたらボケてしまうくらい繊細です。普通は。なのに、過焦点距離でピントを出した場合、なぜか星にもピントが合います。いったい、なんでなんですか?逆に誰か理由を教えてください…。

 

・絞っている分、露光量が足りないので、ISOを8000まで上げる。で、1分露光。

※ISOを6400で押さえたい場合には、F6.3くらいでやってみるのも一つのソリューションです。被写界深度とISOノイズと星の写り具合とを見ながら、まだまだ色々試しているのが現状です。

 

手前はLEDで照らす。ISO8000なので(※8000でない場合でも高ISOで撮らないといけないのはほぼ間違いないので)、花に光を直接当てると一気に白飛びします。ので、レフ板などで間接光を低照度で照射。それも5秒くらいで十分です。それ以上だと飛ぶ。

私は手のひらをレフ板代わり(通称・菩薩ビーム)にして、2mくらい離れてから光を照射しています。一方から当てるとカメラの影が花に落ちる場合があり、その回避のために5秒のうちに少し移動して多方向から照射しています。

菩薩ビームの利点は、手をすぼめることで照射範囲をある程度任意にコントロールできること。難点は、肌色を反射するので、少し色がかぶること。白い手袋とかいる?いや、めんどいな…(笑)

 

・絞っていることで星に光芒が出る、という副作用が起こる。太陽を除く全恒星のうち一番明るいシリウスなら六つ切りサイズでプリントしてなんとか判別できるくらいなので、それよりも明るい惑星(木星や金星、今年最接近する火星など)なら良い光芒が出るはずです。たぶん。(まだ、良い巡り合わせがない)。火星は…熱い気がするんですよね。パンフォーカス星景で撮れれば。

 

アストロトレーサーを使う。使うことで星を流さず、きれいな星の光芒を出す。

※…なんだかニッチになってきましたね。

10-17mmフィッシュアイズームなら、1分くらいなら、あまりブレが気になりません。花は風で微ブレすることはいたしかたないというのもあります。花は、LEDを照射している5秒だけ大きくブレなければなんとかそれなりに写ります。

あと、もしかすると焦点距離だけでなく魚眼であること(周辺の像がゆがんでいること)が、プラス作用として働いていてブレが気にならない可能性もあります…、今後の研究課題です。手元に比較対象になるレンズがない。

いずれ、PENTAXが発売するという11-18mmレンズを入手したらそれでも試してみようかとは思っています。もしかしたら10-17mmの方がパンフォーカス星景には向いてるな、ということもありうるかもしれません。

 

・ちなみに、PENTAX KPにはエッジ抽出というモードがあって、これはピントが出ている所だけ表示するという機能です。これが、花にピントが出ているかどうかわかってすごく便利です。

 

弱点。

パンフォーカスなので、ありとあらゆるものが写る。写真としてみたとき、主題以外のノイズが入ってきやすい。ので、現像時に必要のないところは、焼き込み的に、暗くするなど工夫する必要があります。

ただ、あえて、中景に人などの意味のあるものをいれることで、星+人+花という写真が撮れる気はしています。

イデアとして記しておきますが、基本ボッチである私は、この構想は実現できないかもしれない。無念。

星+花+人ポートレイトという夢のある可能性はある。可能性は。やったことはない。アイデアとしては。誰かやってほしい。ボッチには無理。

 

・弱点その2。

露光中ピント絞り可変法と比べると、必ず焦点距離の短いレンズでないといけないので、星を大きく切り取れない、ということになります。ので、星景としてはなにかしらの工夫が必要。

夏の天の川は狙っています。あれなら、…焦点距離短くても目立つ。はず。写れば。

 

というわけです。

実のところ、PENTAX KPの高感度耐性とアストロトレーサーがあることで撮影が可能になっています。エッジ抽出も含め、PENTAXの技術をあますところなく使用した撮影法…。

こうやって詳しく書いても、ぶっちゃけ機材構成がニッチ過ぎて、誰かほかにやってくれる人がいるのか、あまり期待できない。という気はしている。淡い期待。

 

試行錯誤しつつ、撮影法はだいたい確立したので、ここからが本番ですね。

作品としてちゃんとメッセージが乗った写真が撮れるかどうか。

なので、これから春にかけて咲いてくるいろいろな花で試しつつ、写真としてブラッシュアップしていこうかと思います。

 

今までの過程

shironagassu.hatenablog.com

shironagassu.hatenablog.com

 ↑ちなみに、今までの道のりの記録はこちら。進捗度合いから言えば、K-50からKPにカメラが変わったことが大きい。軽いシンギュラリティが起こった。

 

 

つまり、この3種のアイテムが揃うことで可能になるパンフォーカス星景。

機材がニッチ(笑)

もし試したら、ぜひ、教えて下さい。他のレンズでの写り方や、他の機材の場合などいろいろと興味があります。

 

まあ、合成したらいいじゃん、という突っ込みはあると思う。

そうね。…まあ、そうね…。

比較明合成とか、私も別に合成は日常的にしてるわけなので、花と星と合成しちゃあいけないということは ないですね。

まあ、ね。

そこはすきずき。としか言いようがない。

 

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村


星景写真ランキング