シロナガス/星景と科学本のブログ

受信者としてのサイエンスブログ。星景写真、スタータイムラプスと、ポピュラーサイエンス/サイエンスノンフィクション(一般向け科学書)の書評。

星撮影用としてのPENTAX KP

さて。

なぜか、今、KPがなんとなく、売れているらしい。本当だろうか…?

いや、どこ情報かといわれると困るのだが、価格.comのランキングで一眼レフで5位、一眼カメラ(ミラーレス含む)で12位。ということらしい。(11/30現在)

この順位は…どうだろう、高いのだろうか…?え、あんまり高くないな…(笑)

ただ、PENTAX機の中では一番順位が上ではあるようです。

(というか、価格.comを見ると高いカメラが売れてるんですね。うーむ…率直にすごいなあと…。)

 

KPも、当初の価格設定=13万円くらいだったのが、ここにきて最安値9万5千円とかになってきたことで、選択肢に入ってきたというのは、あるんだろうと思います。

 

ということで、標記の件なのです。

本当は、半年くらいじっくり使ってみてから、「星撮影用としてのPENTAX KP」という記事をおこそうと考えていたのですが、何か、この年末&年始商戦を控えた、今こそ、この情報が求められているような気がして、妙な使命感がわいてしまい…。

あと、機材の話はアクセス多いんですよね。

本当は、星景写真を、なるべく、たくさんの人にみてもらいたいんですが(笑)

いやまあそんなにたくさんでなくてもいいか、たまに思い出してみてもらえるようなのが理想ですね。ささやかに。

shironagassu.hatenablog.com

 これはうちの記事で一番アクセスが多いK-50についての記事。

 

冬は冬で星景を撮るにはいい季節ですしね。12月のふたご座流星群と1月のしぶんぎ座流星群は年間3大流星群です。とっても、寒いですけどね!

まあ、夏も天の川がいいし、春も大曲線のあたりやしし座なんかがいいし、秋は秋で少し夜空の寂しい感じがあってそれもまたいとをかしなんですが…。

なので、とりあえず、わかる範囲で書いてしまって、新たなことがわかったら、そのつど書き足していこうか、ということにしました。

 

f:id:shironagassu:20171130200928j:plain

KP+オールドレンズの組み合わせで撮ったもの、偶然にもオリオンがカーブミラーに写っているタイミングでした。

 

星撮影用としてのPENTAX KP

主に、これまで使ってきたK-50との比較になる部分が多いと思います。

そして、星撮影用と書きましたが、基本的には、私が書けるのは、星と風景を一緒に写す星景写真というジャンルについてになります。

 

1、高感度

とりあえず、KPで星を撮ろうと思っている人のほとんどがISO819200の高感度耐性について期待をしていると思います。まず、ここを書かないといけないでしょう。

が、ここは、本当は、熱ノイズの関係で、条件が悪い夏の撮影をしてみなければ、確かなことが言えないというのが正直なところです。

ただ、間違いなく6400は使えます

(※RAW保存、ノイズリダクションは長時間、高感度ともにoffです。)

ちなみに、ライトルームの輝度ノイズ低減50%をかけるというのをひとつの基準にしています。私の基準だとK-50では星景用で常用1600、3200でつま先が向こう側に、6400は無茶(でも流星を撮りたいのでたまにやる)でした。(日常スナップだと3200まではOKな感覚でした)

K-50との比較でいうとK-50の1600が、少なくともKPの6400くらいのような気がします。4倍=2段分は違うと。(少なくとも、です。ここは使い込んでいくと、もっと使えると思い始める可能性もあります)

あと、ISO感度のことでいうと、設定すれば1/3ステップ毎にあげていけるようになりました。ので、6400の次は8000ということになるのですが、この部分も、地味ですが、ありがたい機能です。熱ノイズの乗り方などもふまえて、今日はちょっとISO下げとくかな、それとも上げて短時間の方がいいかな、など細かく設定が可能ということになります。

※実は先日、3年使ってきて初めて気づいたんですが、K-50でも1/3ステップでISOをあげられるじゃない…か…!(笑)すいません、訂正しておきます。

 

星野写真なら、もっとガツンと高感度にして、短い時間で多くの撮影枚数を稼いで、別ソフトで、コンポジット処理をしたらノイズは消えてしまうと思います。

その場合、後述しますが、インターバル撮影とアストロトレーサーがカメラ本体の機能として併用できるようになったのは大きなアドバンテージです。

むしろ、この星野の分野は、KPの機能としてはかなり強みが出るのではないかと思います。

 

ただ、星景写真だと、私の場合は、基本は一発撮りで撮っています。

星空と地上風景を別々にとって合成する手法もあります。しかし、フォトコンなどに出そうと思うと、合成不可になっている場合が多いというのが主な理由で、私は一発撮りをする場合が多いです。

 

2、電子水準器について

K-50にもついていましたが、これは、星景写真には必須です。星のある「風景写真」である以上、まずは水平が撮れていることが大事になります。電子水準器はもちろんKPにも搭載されています。

そして、KPの電子水準器は、天頂付近に向けた時に、かなりの角度まで粘って表示してくれるようになりました。実際に三脚にのっけて、KPとK-50で比較してみました。天頂が90度とすると、目測でだいたいK-50は70度くらいまででしたが、KPだと80度くらいまで粘ります。あくまで目測です、写真も撮りましたが、部屋が乱雑すぎたので、載せません(笑)

少しの差に思えますが、使い勝手としては結構違います。ここは嬉しい改善点です。

 

3、バッテリーについて

ハッキリ言ってしまうと、バッテリーのもちは、悪いです。

特に私は、アストロトレーサーの身軽さという特性も生かして、歩きながら場所を変えて星景を撮影していくというスタイルをとることがあるのですが、その場合、かなりの頻度で、背面液晶で画像を確認します。ピントが出ているかとか、色味とか。これが、大量にバッテリーを食うようで、そんな調子で40~50枚ほど(1時間から1時間半くらい?かな)撮ったら、バッテリーまるまる一本使ってしまうほどです。

逆に言えば、背面液晶の画像チェックをそれほど頻繁にしなければ、もっともつと思います。インターバル撮影をさせておく分には、問題ないでしょう。

私は、スペックを見たときから、バッテリーの容量には不安があったので、バッテリーグリップ付で購入しました。これがあることで、星景撮影時のバッテリー切れに対しては、だいぶ余裕がもてます。そして、バッテリーグリップには、容量が大きなバッテリーも入れることが出来ます。将来的にはそれも欲しいなと思っていますが、今は、とりあえず、バッテリー3個で運用しています。(残念ながら2個は社外品)

あと、バッテリーグリップについてきた交換グリップLが、日常ユースでもしっくりなじみました。Lグリップもいうほど出っ張っていませんよ。コンパクトさはあまり損ないません。

ただ、バッテリーグリップつけると値段的にも重量的にも、KPのアドバンテージはほぼなくなります(笑)ここをどう考えるかは後述します…。

 

PENTAX バッテリーグリップ D-BG7 38598

PENTAX バッテリーグリップ D-BG7 38598

 

 

 

4、アストロトレーサー+インターバル撮影

別売りのO-GPS1を使用することで、アストロトレーサー機能が使えるわけですけれど、アストロトレーサー+インターバル撮影がKPから出来るようになりました。

これ、なぜか今まで出来なかったんですが、ブレイクスルーしてきた。

これは、例えば、タイムラプスなどをつくるときには便利です。特に天の川とかを中心にしたタイムラプスだと長時間露光したいから、この組み合わせで使えるのはかなりのアドバンテージです。そして、星雲や星団などの比較的大きめの天体をアストロトレーサーインターバルで撮って、後からコンポジット処理すれば、赤道儀を使わずに、なかなかの星野写真が撮れてしまいます。PENTAX独自の優れた機能といえます。

 

ただ、逆に、比較明合成をするときは、アストロトレーサーはオフにしておかないと上手く星の軌跡が描けないと思いますので、注意です。そして、カメラ内ではなく、別ソフトをつかって比較明合成をしているのですが、K-50よりもKPの方が、写りが繊細になったことで、かなり拡大した場合に星の跡切れがやや目立ちます。…ここらへんは要研究ですね。

カメラ内合成の場合はどうでしょうか。ここはまだちゃんと試せてないので、試してみたいと思います。

PENTAX GPSユニット O-GPS1 39012

PENTAX GPSユニット O-GPS1 39012

 

 これはペンタックスで星を撮るなら是が非でも手に入れてほしいです。無類のユニークネス。

 

 

5、モニター

バックモニターは、チルト式になりました。K-1のフレキシブルチルトや、K-70などのバリアングルと比べると可動範囲が多少物足りないかもしれませんが、角度をつけて星を撮るときや、低い位置から撮影するときなどには便利です。これはプラスポイント。

あと、暗い場所に慣らした目にやさしい赤色表示もできます。ただ、私は、写真の色味も見たいので、赤色表示あまり使っていません(笑)

それと、基本的にこのモニターを使って、星のピントを出すわけですが、ライブビュー時に16倍まで拡大できるようになりました(K-50は6倍)。これは大きい。

なので、ピント合わせは少し、やりやすくなりました。加えて、高感度が強くなったからなのか、モニターで星がよく見えるようになって、中心に一等星などを導入するのも簡単になりました。ただ、それでも、カッチリとピントがあってるかどうかは一度撮って試してみるようにした方が間違いありません。

 

shironagassu.hatenablog.com

 こちらも参考にしてください。秋でも冬でも、夏でも春でもあまり変わりません(笑)

 

6、レリーズ

星景写真を撮るときにはぶれないようにレリーズがほしい。KPは3.5mmのプラグ(普通のイヤホンの太さ)のものにレリーズの差込口が変わりました(K-70から導入)。

純正品レリーズはけっこう良いお値段がするので、今までの社外品を使いたいのだが…ということで調べていたら、2.5mm→3.5mmの変換プラグをかますと普通に動作しました。数百円です。

ただ挿し口がマイクと共用なので、設定でどちらか選ぶようになっています。そこで、レリーズを選択しておかないといけません。

そして私は、変換プラグをまっすぐなものにしたのですが、L型のものにした方が、縦位置にしたときに、縦位置ブラケットなどに干渉せずにいいと思います。

ここは、どれがいいのかわからないので、プラグの商品リンク貼りません。すいません。探してみてください。むしろL型のいいのがあったら教えてください。

(このブログはコメント機能をつけていないことをこの前思い出しました。だいたいツイッターにいますので…!)

 

 つまりプラグをかませば、これが使えるということです。

 

7、ダイヤル

KPはやたらダイヤルがついてます(笑)前面に1つ、上面に3つ、背面に1つ。

色々ボタンやダイヤルの機能をカスタマイズできるんですが、スマートファンクションにISO感度を入れておくと(ここらへんはマニュアルをみてみてください)、ワンアクションでISO感度がいじれます。でF値も、シャッタースピードもそれぞれ独立したダイヤルで設定できるので、3つのダイヤルを駆使することで、非常に柔軟に最適値を探せます。例えば月を撮るときなどは、必ずしも、開放F値を使うわけではないので、そういう場面にはこの操作性が活きてきますね。

あと、バルブモードでタイマー露光ができます。これもプラス査定。5分までいけます。

 

と…、これで、大体、思いつくことは書いたかな。どうかな…。

電子水準器の角度、タイマー露光、アストロトレーサー+インターバル、チルト液晶などの部分で、星景用カメラとしてKPは進化しているといえると思います。

 

総評

で、KPがベストなの?ということですが。

予算が許すならフルサイズや中判センサーの方が、理論上はノイズは少ないはずですし、諧調も豊かなはずです。これは身もふたもない。そういう意味ではベストとは言えないと思います。

が、KPが、APS-Cのセンサーサイズの制約の中で、かなりの高感度耐性を獲得したのは事実で、APS-Cでの撮影を考えるならベターであったかなと思います。システム全体が比較的軽量に組めて、画質も比較的高いものが望めます。APS-Cならレンズもリーズナブルなものから選ぶ事も可能です。

そして、K-3ⅡsないしK-3Ⅲは、名前は何になるかわかりませんが、KPの高感度耐性をフィードバックして、しっかりしたものが出るなら、のちのち名機と呼ばれるカメラになるのかもしれません。

でもそれならK-1Ⅱが出たときに安くなるK-1がいいんじゃないかとか。

さらにいうなら、そもそも、ちゃんとPENTAXは続いていくのかから考えないといけないので(笑)…まあ、なんとかなるでしょう。

 

少し脱線しますが、KPというカメラが一番活きるのは、実は、日常ユースだろうと思います。しかも、かなりミニマルな構成にして、スナップショットするような。

例えば、35mmリミテッドマクロとか、21mmリミテッド単焦点をつけて、とか。

高感度や、強力な手ぶれ補正、シーン解析技術などが、素早さの求められるスナップショットを裏から支えてくれます。そして、その場合は、視野率100%のファインダー機という、いささか、時代的になりつつある機構が、最大限に生きます。

「目の前にあるものを光学的に見て、フレームを決めて、撮る」というシンプルでミニマルな行為。これは、これまでの歴史がつくってきた「写真」という存在、そのものだろうとも思うのです。

日本で初めて一眼レフカメラをつくったPENTAXが、今の時代に送り出したKPというカメラはそういう価値観に根差しているんだと思います。

レフ機がいいとか悪いとかの話ではなくて、あくまで価値観の問題ですね。それに共感する人もいるだろうし、あまりピンとこない人もいるはずです。

 

私は、といえば、その価値観には一定のシンパシーを感じます。感じますが、むしろ、私は、KPというカメラを持った時に、小さなボディに詰め込まれた高機能性が放つ奇妙さ、を強く感じます。

ミニマルなスタイルでこそ生きるはずが、おそらくは後付けの都合もありながら、詰め込まれた様々な機能が凝縮した、ISO819200の高機能カメラとしてのKP。あえて、レフ機で、APS-Cで、逆説的に、今だからこそ生まれた特異なカメラでもあるわけです。そこに、バッテリーグリップも含めた広いカスタマイズ性を持たせてきた。

KPの持つストレンジネスを、私は、良いも悪いも含めて、PENTAXらしいなと思うわけです。

 

と、かなり脱線しました。

星景写真用のカメラとしてのKPは、ISO819200の実力に支えられて色々な表現ができる面白いカメラだと思います。

今、つめていっているパンフォーカス星景にしてもそうですし、O-GPS1を買い足してアストロトレーサーを使うこともできるし、使わなくても高感度に強いので露光時間を短くした固定撮影も十分いける。バッテリーグリップもコストや使い方との兼ね合いで買うかどうかを決めていいと思いますし、ともかく、必要な時には使えるということが大事で、もちろん使わないという選択もありでしょう。多様な選択肢が用意されているというのが、KPの特徴で強みです。

とにかくいろんなことがこの一台で出来てしまいます。

状況に応じて最適なカメラとレンズシステムを用意して撮るというのが一方の理想ですが、それにはそれ相応の予算も求められるわけで、普通はなかなか難しい。

 

その時、その場面に合わせた撮り方を選択できるカメラがPENTAX KPなのだと思います。それは、高いカスタマイズ性と高機能が織り交ざった柔軟性のなせる業だといえるでしょう。なので、今日は、こんな撮り方をしてみようかな、と考えさせてくれる、面白いカメラです。

これで星景を撮ってみる、という選択肢はありだろうと思います。

私はアマチュアとしての意見しか言えませんが、本気の撮影にも十分応えてくれる高いポテンシャルがあると思います。六切りサイズでプリントした時には、画質の良さも実感しました。もっと大のばしもしてみたいですが、プリント代が高いので(笑)これぞというものが撮れたら、いずれしてみたいと思います。

 

でもレンズキットがないので、初めて買うならレンズごといかないといけませんね。

純正がいいんでしょうけど、コスパの高いタムロンの↓これとかで始めてみるのがいいのかもしれません。

そして、来年夏に出るというHD DA★11-18mmという星空用レンズを買ってやってください…! 

 

そうそう、KPには、PENTAX独自のリアル・レゾリューション・システムが搭載されています。でも星景で使えるのかな。どうなんでしょうね。可能な場面では積極起用してデータを蓄積してみようと思っています。

shironagassu.hatenablog.com

 リアル・レゾリューション・システムで星景を撮るというのも今後も研究してみます。

 

追記 文章書くだけ書いて、作例をほとんど載せてないというカメラの紹介記事にはあるまじき状態だったことに、先日気づいたので、いくつか作例を載せておきます(笑)

 

f:id:shironagassu:20171210215248j:plain

PENTAX KP レンズSAMYANG 14mm 焦点距離14mm

ISO800 露出1/40秒 F2.8 

 

f:id:shironagassu:20171210215435j:plain

PENTAX KP レンズSMC  PENTAX 50mm F1.4 焦点距離50mm

ISO12800 露出2秒 F1.4  

ソフトフィルター、リアルレゾリューションシステム使用

 

f:id:shironagassu:20171210220018j:plain

PENTAX KP レンズDA 10-17mm FISH-EYE 焦点距離10mm

ISO1600 露出15秒 F3.5 

 

f:id:shironagassu:20171210220325j:plain

PENTAX KP レンズDA 10-17mm FISH-EYE 焦点距離13mm

ISO6400 露出60秒 F4.0 

 

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村


星景写真ランキング