読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シロナガス/星景と科学本のブログ

受信者としてのサイエンスブログ。星景写真、スタータイムラプスと、ポピュラーサイエンス/サイエンスノンフィクション(一般向け科学書)の書評。

月夜に揺れるコスモス

星空の写真 機材

本日、10月13日は、栗名月・十三夜ですが、残念。高知は、月が見えないほどの曇り。

昨日、月に照らされたコスモスを撮ろうと、越知町まで足を伸ばしてきたので、それをアップしておきます。

しかし、風が強く、風に揺れるコスモスと長時間露光の星景色は、なかなか相性が厳しく、イメージした通りの写真は撮れずじまい。

いずれ再挑戦をしたい被写体ですね。

 

越知町にて月夜に揺れるコスモス

f:id:shironagassu:20161013224715j:plain

PENTAX K-50 レンズDA10-17mm FISH-EYE 焦点距離10mm

ISO3200 露出10秒 F3.5 

2016.10.13 高知県越知町

 

これが一番、雰囲気がいい写真

実はずっと下からあおってコスモスと空を写そうと苦心していた(1時間半くらい)のですが、ある時ふと、三脚を伸ばして俯瞰してみたらどんな雰囲気になるだろうと気づいて、俯瞰してみた図。

水平の線が地平線のまるみのようになって、雰囲気が出た。

これだったか…!

しかし、私がこの撮り方に到達した時点で空は曇り始めており、ほぼ、星が見えない状態に(笑)

これで星が見えていれば、いい一枚になったのだが…。ままならない。

強風も一瞬だけやみ、少しだけ揺れるコスモスがようやく雰囲気良く撮れたのに。

 

f:id:shironagassu:20161013225304j:plain

PENTAX K-50 レンズDA10-17mm FISH-EYE 焦点距離10mm

ISO3200 露出5秒 F3.5 

2016.10.13 高知県越知町

 

最初は晴れていたのですが…。

月がきれいに出ていました。逆光のコスモス

ただ、風は、かなり強く、大きくコスモスがしなる。そうなるとほぼ写らないので、風がおさまるのを待って撮る…の繰り返しでした。

ISO6400まであげて、さらに露出時間を短くするという手もやってみたんですが、やはり、6400まで上げるとノイズがきつすぎてRAWで後処理をしても、ザラザラした感じできれいな画像になりません。

やはり、K-50で星景撮るときはISO3200までが限界ですかね~。

 

f:id:shironagassu:20161013225621j:plain

PENTAX K-50 レンズDA10-17mm FISH-EYE 焦点距離10mm

ISO1600 露出10秒 F3.5 

2016.10.13 高知県越知町

最初は、こういう風に、あおって撮ってたんですよね。

というか、空と一緒に撮るにはこういう角度しかないと思い込んでいた。

うーむ。これはこれで、いいのかもしれないけれど、コスモスが奥まで咲いてる感じが出ないなあと思いつつ…。

私の勝負レンズともいえる10-17mmフィッシュアイですが、まだまだ生かし切れていない。また、一つ勉強になった。

 

 魚眼レンズ。あおるだけでなく、俯瞰するという撮り方は、覚えておかねば…!水平線の描写のコントロール魚眼レンズの醍醐味ですね。


星景写真 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村