読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シロナガス/星景と科学本のブログ

受信者としてのサイエンスブログ。星景写真、スタータイムラプスと、ポピュラーサイエンス/サイエンスノンフィクション(一般向け科学書)の書評。

書評を書かなすぎ問題

書評

さて。このブログは一応、星景写真と科学本のブログと銘打っていて、書評を書かねばならないのだが、最近、サボりすぎて書評を書かなすぎなので、ツイッターで本の感想をつぶやいたのを備忘録として張り付けておきたい。

そして、ちゃんとこの中からいくつかは書評を書いておこうと思う。

 

まず、先日読み終えた奴。この本の冒頭で紹介されているリチャード・フォーティ「生命40億年全史」も実は読んでおきたい一冊。

生物はなぜ誕生したのか:生命の起源と進化の最新科学

生物はなぜ誕生したのか:生命の起源と進化の最新科学

 

 

文庫 生命40億年全史 上 (草思社文庫)

文庫 生命40億年全史 上 (草思社文庫)

 

 

サイエンスライトの範疇に入るかどうか。ただ、日本の現状から科学を俯瞰して語ろうと思ったらこの側面も外せないとは思います。

科学者と戦争 (岩波新書)

科学者と戦争 (岩波新書)

 

 

 

 

長らくの懸案事項となっていた種の起源(下)を何とか読み終える(笑)。今年の宿題は完了。

ダーウィンが書きたかったという「ビッグ・ブック」種の起源はその要約・一般向け版とされる)も見てみたかった…。彼が書きあげずに亡くなったのでかなわないことだが…。

種の起源〈下〉 (光文社古典新訳文庫)

種の起源〈下〉 (光文社古典新訳文庫)

 

 

ダーウィニズムの奇才スティーブン・ジェイ・グールドのマストな一冊を読み終えた。今となっては、最新の知見というわけではなく、時代的な制約もあると思うんだけれども、グールドらしい、知的でウィットに富んだ一冊でした。

これは書評書いておきたいですね。

あとは、家で積読になっている、彼のライバル的存在ドーキンスの「利己的な遺伝子」は早めに読んでおきたい…。これもなんだかんだでマストだと思う。

ワンダフル・ライフ―バージェス頁岩と生物進化の物語 (ハヤカワ文庫NF)

ワンダフル・ライフ―バージェス頁岩と生物進化の物語 (ハヤカワ文庫NF)

 

 

ここら辺になると、だいぶ記憶が薄れてきている(笑)

ガンマ線バーストブラックホールの形成に伴って起こる現象。

これ一本に絞って内容を掘り下げていて、ガンマ線バーストについて知りたいなら最適な一冊でした。

宇宙最大の爆発天体ガンマ線バースト (ブルーバックス)

宇宙最大の爆発天体ガンマ線バースト (ブルーバックス)

 

 

 

これは、おそらく、今年読んだ中ではベストのサイエンスノンフィクションだった。今年発売ではないけど。

惑星探査を本業とする著者が、その過程で冥王星を惑星から外す決定打を積み重ねていく様子は、自伝的でもありドラマチック。そして、彼自身の人生と重ねて書かれていて、そこがまたなかなか良い。子育ての一幕の描写なんかはひかえめにいっても非凡。彼の研究人生と家族との相互関係を通じて、一人の人間としての科学者をしっかりと描き切っていて、かなり質が高い。

これを科学者の著者が書けるというのが憎い。

ちょっと、書評を書いておきたい。うーむ。

冥王星を殺したのは私です (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

冥王星を殺したのは私です (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

 

 

著者は、環世界センス――人間が自然観を分類するために発達させてきたセンスと、現代の分類学がたどり着いた分岐学の考え方の対比を主題にこの一冊をまとめている。人間本来の認識感覚が失われていく過程の中で、自然の破壊も進んでいってしまうという著者の論には飛躍があるかなとは思いつつ、議論の入り口として面白いユニークな考え方で、興味深かったです。

自然を名づける―なぜ生物分類では直感と科学が衝突するのか

自然を名づける―なぜ生物分類では直感と科学が衝突するのか

 

 

映画にもなった、アポロ13。ドキュメンタリーとして、大変面白い一冊でした。

アポロ13 (新潮文庫)

アポロ13 (新潮文庫)

  • 作者: ジムラベル,ジェフリークルーガー,Jim Lovell,Jeffrey Kluger,河合裕
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1995/06
  • メディア: 文庫
  • 購入: 1人 クリック: 16回
  • この商品を含むブログ (13件) を見る
 

 

これは、火星のグーグルアースで旅をするというユニークな一冊でした。読みやすかった。

Google Earthで行く火星旅行 (岩波科学ライブラリー)

Google Earthで行く火星旅行 (岩波科学ライブラリー)

 

 

南極で実際に暮らしてみたというのは、それだけで価値ある体験で一冊の本にするに値する。

色々な役割をもって南極で暮らす人々のコミュニティーが覗けて面白い本でした。

命がけで南極に住んでみた

命がけで南極に住んでみた

 

 

これは、サイエンスライトなのか、どうなのか。シベリアという寒冷ではあるが豊かな自然の中で暮らす人間の文化が魅力的でした。

ここになるとさすがに、細かいことは忘れて、もはや、印象しか残っていない(笑)。

極寒のシベリアに生きる―トナカイと氷と先住民

極寒のシベリアに生きる―トナカイと氷と先住民

 

 

というわけで、ツイッターでつぶやいていた本の感想を抜粋。ツイッターに感想書かなかったのもあると思うけどもさすがに思い出せない…(笑)

この中からもいくつかは書評を…。まあ、なんとかしよう…。

 


書評・レビュー ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村