シロナガス/星景と科学本のブログ

受信者としてのサイエンスブログ。星景写真、スタータイムラプスと、ポピュラーサイエンス/サイエンスノンフィクション(一般向け科学書)の書評。

須崎市横波にて・星空の下で行き交う船

九州の地震が非常に心配ですね。

昨晩3時ごろ撮影しつつ聞いていたラジオから、昨日真夜中に大きな揺れがあったことを知りました。

高知は九州の地震に伴って小さく揺れている感じです。九州の被災者のみなさんが、早く安心できるように願うばかりです。

 

久々のモーションタイムラプス

 撮影は、16日の早朝というか真夜中2時~3時頃。須崎市横波にて太平洋を望んでいます。

こんな時間なのに、おそらくは漁に出ているのだろうと思いますが非常に多くの船の明かりが見えます。

 

この辺りは、黒潮牧場のブイなどもあるようなので、いい漁場なのでしょう。

黒潮牧場 | 高知県庁ホームページ

 

久々のモーションタイムラプス(動きを入れたタイムラプス)です。

モーションタイムラプスは難しいですね。

 

電動 タイムラプス 回転雲台 Electronic ball head SK-EBH01
 

これを使用して、インターバル撮影しながら、カメラを微妙な速度で動かして撮影しています。

 

本当は…

前景に印象的なものを入れると、それがモーションによって大きく動いて面白い。

・さらに中景と前景の動きの差が出るような配置だと面白い。

・月の出、月の入り、日の出や日の入り後の薄明時などなど、明るさが大きく変わるときを作品の中に入れるとなお面白い。

 

といろいろやりたいイメージはあるのですが、今回は、結果的にあまりイメージ通りにはいかなかった…!

 

今回、考えた完成形のイメージは、

「南西から南に、60分で15度の速度でカメラを動かし、月の入りで変わる地上の様子と、浮かび上がる天の川を撮ろう」

というものでした。

が!

月の入りの2時頃に撮影がようやく始まるというところで、すでに目算が狂う。

そのうえで、カメラを動かす角度が足りず、天の川までターンしなかった…(笑)

モーションの回転雲台の操作が久々すぎて、忘れているというね…。

 

ということで、かなり不満の残る出来のタイムラプスになってしまいました。

モーションタイムラプス…時間と場所と、動かす角度と、奥が深い。

未熟きわまる。

 

真夜中の海を行き交う船の様子が、目を引きますね。むしろ、それが印象的なタイムラプスになりました。うーん。

 

また、再挑戦したいと思います。

 

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村